« alex さんからのバトンを受け取る | トップページ | 小沢さんを道連れにした鳩山さん »

2010/06/02

鳩山さんが Twitter をチョー重にして

「鳩山首相辞任表明、小沢幹事長を含む執行部全員辞任」 のニュースを聞いて、「またしても、小沢さんの 『ガラガラポン癖』 が炸裂したのか」 と思った。ちょうどお昼休みの混雑タイムだったこともあって、Twitter にアクセスしようとしたら、もう重い重い。みなさん、何かかんか書き込もうとしてるんだけど、全然動かない。

変な話だが、この現象をみても、Twitter って政治キャンペーンの道具としてかなり使い物になる可能性があるんだなと実感した。ただその前に、何かあると重くて動かなくなるというサーバ環境だけは、なんとかしてもらいたいが。

せっかくネット選挙が解禁になったのに、Twiter を 「自粛」 なんてしてしまうんでは、本当にもったいないと思わないのかなあ。「なりすまし」 が問題だなんて言っているが、自分のなりすましが登場したら、それだけでパブリシティになって、宣伝効果抜群だという発想はできないんだろうか。かわいそうに。

話を元に戻すが、鳩山さんの辞任はもう避けられない状況だったと思う。これだけの大混乱を招いて、直後に参院選が予定されてるんだから、改選組はのっけから 「落ちろ」 と言われたようなもので、そのまま総理でいろという方が無理というものだ。だから、タイムリミットぎりぎりに首相辞任になるのは当然の流れだった。

ただ、小沢さんまで幹事長を辞めて、執行部全員が一蓮托生になるとまでは、さすがに思わなかった。ここで 「いっそのこと、全員辞めちまえ!」 とばかりに、小沢さんのデストロイヤーぶりがほんの少しだけ顔をのぞかせたんだろうか。ただ、このデストロイヤーぶりは、鳩山さんだけが辞めるより、少しだけ効果があると思う。怪我の功名みたいだが。

それよりは、「あんたも辞めるんでなければ、こっちも辞めない」 とばかりに、鳩山さんが最後の意地を見せたのというのが本当のところなのかもしれない。もしそうだったら、それだけは政界のオタッキーとして最大の功績と評価したいと思う。

それにしても、鳩山さんの最後のコメントは、またしても非難の的になるだろう。「国民が次第に聞く耳を持たなくなってきたことが残念でならない」 とは、最後まで言ってはならない言葉である。最後に 「私の不徳の致すところだ」 と付け加えてはいるみたいで、言わんとすることはわからんでもないが、やっぱりアウトだ。

この人、本当に言語能力に欠けるなあ。イメージは正反対だが、もしかしたら、小沢さんとどっこいどっこいかもしれない。初めのうちは英語が下手なだけかと思っていたが、日本語はもっと下手みたいなのだ。

流れとしては、内閣も総辞職になってしまうんだろう。衆院解散してしまったら、せっかくの議席数が激減することは目に見えているから、避けたいところで、やっぱり総辞職しかないと思う。

最近、しみじみわかったことなんだけれど、日本の政治という舞台では、やれ指導力だのリーダーシップだのを期待したところで、どうしようもない。そんなレベルにはほど遠い。実務をこなすにはまだまだ官僚の力が必要なところで、官僚の出番をふさいでしまったので、ますますまともな流れにならないでいる。

この不安定さは、まだしばらく続くんだろうなあ。次の参院選で漁夫の利を得るのは、「みんなの党」 だという気がする。

|

« alex さんからのバトンを受け取る | トップページ | 小沢さんを道連れにした鳩山さん »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>最近、しみじみわかったことなんだけれど、日本の政治という舞台では、やれ指導力だのリーダーシップだのを期待したところで、どうしようもない。そんなレベルにはほど遠い。実務をこなすにはまだまだ官僚の力が必要なところで、官僚の出番をふさいでしまったので、ますますまともな流れにならないでいる。
ーーーー

同感です
実力も無いのに,脱官僚・政治主導なんて唱えて,本気でみんな自分たちでやろうと思って、素人が建てた家みたいにガタガタになってしまった
官僚を使いこなすには実力が必要
ロンドンにいた頃、サッチャー首相の答弁ぶりをテレビで見ましたが、野党のどんな質問に対して,細かい数字まで引用して立て板に水、まくし立てて、すごい迫力でした
しかも英国では質問の前日に内容を知らせるなんて事はしない
日本では,閣僚の椅子を古手の政治家の間でたらい回しで,実力をつける暇も(意欲も?)無い
自民党時代は,官僚が答弁席の後ろで、答弁のプロンプターを務めていましたが,今はそれも禁止(それはいいんですが)
意味のない,行き過ぎた官僚排除も民主党政治の破綻の原因ですね
政治家は,ある程度はジェネラリストである必要があるが、専門分野を分担しないと、いつまでも低品位の実務能力しか持てない

ついでで申し訳ないんですが
あの赤松農相
テレビで見た光景ですが
国会内の廊下で歩きながら,記者から宮城県の種牛から黄帝液の,いや,口蹄疫の兆候が発見されたという事を聞いて,笑いながら「だから、すぐ殺せって言っただろう?」と軽く言ってのけていました
すごい!
この人、本物ですね~(笑)
今度の総辞職でかならず交代させて欲しい


投稿: alex99 | 2010/06/02 20:37

>「国民が次第に聞く耳を持たなくなってきたことが残念でならない」

この言葉、私も耳に引っかかりました。今回の地すべりを“国難”といってみたり、最後の最後まで言葉が“loopy”(=not sensible)でした。

投稿: ハマッコー | 2010/06/02 23:24

訂正

宮城県  →  宮崎県


口蹄疫を,広げてはいけませんね(笑)

投稿: alex99 | 2010/06/03 00:18

いい大人が、責任ある立場になれば、発言の内容も重みがあるものになるだろう。
と、子供の頃は思っていました。

ならないもんですね。

無理にうまいこと言おうとして失敗する人も多いですが(「産む機械」とか)、
赤松氏のように、特に考えもせずホイホイ言って失敗する人も多い。

前者は下手なパフォーマーで、後者は…?

投稿: キセ | 2010/06/03 07:42

>政治家は,ある程度はジェネラリストである必要があるが、専門分野を分担しないと、いつまでも低品位の実務能力しか持てない

賛成です。

自民党政権時代は、官僚は政治家のお守りをするのが仕事でしたが、民主党になってから、お守りしてもらわなくてもいいということになりました。

ところが、お守りしてもらわないとまともな答弁もできない政治家ですので、エライことになってしまいました。

>宮城県  →  宮崎県

関西の人は、東北と九州は、いっしょくたにまとめて 「辺境」 と思っている方が多いので、気にはいたしません ^^;)

大阪人の半分以上は、山形県と秋田県だけでなく、栃木県と群馬県の区別もつかないみたいだと、私は実感しています。

そういう私も、香川県と徳島県がわからないんですが ^^;)

投稿: tak | 2010/06/03 10:17

ハマッコー さん:

>>「国民が次第に聞く耳を持たなくなってきたことが残念でならない」

>この言葉、私も耳に引っかかりました。今回の地すべりを“国難”といってみたり、最後の最後まで言葉が“loopy”(=not sensible)でした。

鳩山さん、随所でビミョーに自己保身の言い回しをしちゃってますね。

「最低でも県外」を「できる限り県外」 としらばっくれたりしたのはその典型的なケースですが、この人、「一度口にした言葉の重み」というのをわかってないですね。

その場その場で、何となく気持ちのいい言い回しにしちゃって、それでよしとしている感じです。

ということは、ご自身の信念というのも、かなり曖昧でファジーで具体性に欠けたもので、その場その場でいろんな言い回しにしちゃっても、全然矛盾しないということなんでしょうね。

今夏のケースで本当に残念でならないのは、

「国民が次第に聞く耳を持たなくなってきたこと」

ではなく、

「国民をして聞く耳を持ちたくなくなるほどあきれさせてしまうような総理をもったこと」

です。

投稿: tak | 2010/06/03 10:34

キセ さん:

>無理にうまいこと言おうとして失敗する人も多いですが(「産む機械」とか)、
>赤松氏のように、特に考えもせずホイホイ言って失敗する人も多い。

官僚答弁みたいに、どこからも言質を取られないように武装するあまり、「で、要するに、何が言いたいの?」 と聞きたくなるようなのも困りものですが、日本の政治家の発言というのは、風呂屋か酒場でのオッサンたちの政治談義とあまり変わらないというのが、悲しいところです。

こんなだから、政治家は官僚に結局は軽く見られるのです。

官僚は基本的に 「国民は衆愚」 と思っていて、その当然の帰結として、政治家を 「衆愚の代表」 と、思っていますから、テキトーにお守りしていればいいんだと思っています。

ところが、近頃は 「お守りしてくれなくてもいい」 と言われちまったので、「それじゃあ,
お手並み拝見」 と、冷めた目で見ているんじゃないかと思います。

そして、それでうまく行ったら官僚の存在意義が問われるので、できれば、うまくいかないでもらいたいとさえ思ってるんじゃないかと。

投稿: tak | 2010/06/03 10:49

鳩山さんの最後のコメントを全文読むと、とっても率直ですよ。この人「いい人」なんでしょうが、他人の腹を読むのは苦手なのでしょう。

沖縄の人を思って、県外と言ってみた。案外最初は見込みがあったのでしょう。でも官僚は自民党時代のままのらりくらりと、何も変えようとしない。味方のはずの4閣僚は早々に鞍替えされ、4末まで1人県外でがんばってみたけど無理だった、という流れかと。

鳩山さんの失敗は、お祖父さんのように、自分のために火中の栗を拾えるような忠臣を持てなかったことでしょう。

社民党の福島代表を外務大臣にしてたら面白かったかも。

投稿: vagari | 2010/06/04 00:07

vagari さん:

>鳩山さんの最後のコメントを全文読むと、とっても率直ですよ。この人「いい人」なんでしょうが、他人の腹を読むのは苦手なのでしょう。

自分も腹芸できないから、他人の腹なんて、なかなか読めないんでしょうね。

内心ではいろいろ考えてたんでしょうが、それがみんな顔に出ちゃうから ^^;)

>鳩山さんの失敗は、お祖父さんのように、自分のために火中の栗を拾えるような忠臣を持てなかったことでしょう。

今の政治の世界では、昔のような親分子分の関係が少し薄くなってるみたいですね。親分肌の政治家も少なくなってるんでしょうし。

それはそれで、義理人情で政治が動くってことにならないので、ある意味ではいいことなのかもしれませんがね。

投稿: tak | 2010/06/04 10:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/48522458

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山さんが Twitter をチョー重にして:

« alex さんからのバトンを受け取る | トップページ | 小沢さんを道連れにした鳩山さん »