« ガソリンスタンドの旗振り客引き | トップページ | 「もみじマーク」 のメッセージ性 »

2010/06/19

サッカーの複雑系

FIFA ワールドカップ E 組、オランダ戦は、0-1 で敗戦となった。前半は 0-0 で折り返したが、後半、スナイダーのミドルシュートを弾ききれず、最小得点差の負け。まあ、実力差があったんだから、仕方がない。

前半終了時点でのテレビ中継解説陣は 「プラン通りの展開」 と言い、試合終了後は 「前半引きすぎて守備的すぎたので、相手に動かされて松井などは後半足にきた」 と語っていた。まあ、その通りといえばその通りなのだが、じゃあ、前半から積極的に仕掛けたらどうなったかは語られない。実際にそうしたら、多分、0-2 で負けていただろう。

サッカーのおもしろさは、そのように、展開によって状況ががらりと変化することにある。複雑系なのだ。だから、この後のカメルーン対デンマーク戦の結果によって、日本のグループ・リーグ突破の可能性も変化する。

さらに、オランダが勝ち点 6 を取ったことで、カメルーン戦をどう戦うかによっても変わってくる。カメルーン戦で負けてもグループ・リーグ 1位突破が決定していたら、オランダは主力を温存してくるだろう。

そのような状況変化で、日本は残るデンマーク戦で、引き分けでいいのか、勝たなければならないのかが、変わってくる。サッカーというゲームには、こうした複雑系も加わってくる。そうしてみると、野球というのはルールはやたら複雑だが、構造的にはむしろシンプルなものだとわかる。

私は 1つのゲームでもシリーズでも、展開に複雑性のからむ要素の大きいサッカーというスポーツに魅力を感じてしまう。

私の田舎では、酒田米菓が主力商品 「オランダせんべい」 の半額セールを行い、「オランダ食っちゃうぞ」 というキャンペーンをはったそうだが、及ばなかった。いや、このおかげで、最小得点差の敗戦ですんだのかな?

|

« ガソリンスタンドの旗振り客引き | トップページ | 「もみじマーク」 のメッセージ性 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

>「オランダ食っちゃうぞ」 というキャンペーン

前回W杯の対オーストラリア戦の時は、友人を自宅に呼び、オージービーフのカツレツに加え、羊のミンチで作ったミートソースをみんなで食べました。
が、結果はご存知のとおり…わはは。

投稿: きっしー | 2010/06/20 15:54

きっしー さん:

食い物系のゲン担ぎは、あまり効果がないようですね (^o^)

投稿: tak | 2010/06/20 19:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/48673493

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーの複雑系:

« ガソリンスタンドの旗振り客引き | トップページ | 「もみじマーク」 のメッセージ性 »