« 梅雨前線直下の晴れ男体験 その 2 | トップページ | 英語の冠詞 "a" と "an" を巡る冒険 »

2010/07/16

パクリの顛末

例のパクリ市議の顛末を報告したい。この件が、鳥海山を庄内とは反対側から見る県の、結構名を知られた地方紙の編集部の知るところとなり、記者が市議にことの次第を取材したようだ。

「自分のブログに盗作記事を掲載した市議が、元記事を書いた茨城の男性 (つまり、私のことね) の抗議により、記事を削除し謝罪した」 という事実関係をごくあっさりとレポートする記事は、明日付で載るらしい。

発端からこれまでの推移は、私のブログを順を追って読んで頂ければわかる。

  1. 某市議さんに、記事をパクられてしまった
  2. 某市議さんに、記事をパクられてしまった その 2
  3. パクリはほとんど常習犯である

私としては、この問題でことさらに騒ぎ立てる意志はなく、この市議さんにメールで

  1. パクリ記事の削除
  2. 私のブログへの謝罪コメント (匿名でも OK)
  3. 匿名謝罪の場合は、メールでその旨を通知してもらう (確認のため)

という 3点を求めた。この時点での私のスタンスは、「抗議」 をするというよりは、「きちんと筋を通してくれれば、あなたの実名は晒さないし、ことさらな追求もしないから、よろしくね」 という、いわば 「けりを付けるための手続き」 という感じのものだったことは、上記の 2番目の記事を読んでもらえればわかると思う。

そして、私の求めの初めの 2点は実行された。上記の 1番目の記事のコメント欄に匿名で書かれた謝罪コメントは、たった 2行のごくあっさりしたものだが、それに対して 「誠意が足りない」 なんてイチャモンをつけたら、まるでその筋の世界の人みたいなので、まあ、OK ということにした。きっと、謝るの苦手な人なんだろうね。

ところが 3番目の条件として、匿名謝罪の場合には「○○名義で謝罪を入れた」 との直接メールを送ってくれるように求めたのだが、これは未だ実行されていない。どうやら、先方は謝るのが苦手なだけでなく、詰めの甘い人でもあるようなのだ。

とりあえず、謝罪コメントのメールアドレス(ブログ上では非表示) が当人のものだったので、私としては精一杯好意的に、当人直接の謝罪と判断したが、細かいことを言えば、明確に確認できたわけではない (第三者の 「なりすまし」 だってあり得るし) ので、突っぱねることだってできたのである。

というわけでこちらの要求は、とくに困難というわけでもない (かなりモタモタやっても、30分足らずで終わるだろう) のに、不完全にしか満たされておらず、厳密には 「示談成立」 とはいかない。しかし私としては、「面倒だから、もういい」 というわけで、これ以上追求しないことにした。

ただ、私個人が 「もういい」 と言っても、相手の地位が地位だけに、話が一人歩きしてしまって、パクリ市議さんを突き止め (ググれば案外簡単にわかるし)、地方紙に 「情報提供」 までした人がいたのである (それが誰かは、Twitter をたどればわかる)。私の本意ではないが、こればかりは、止めるわけにも行かない。

で、明日付の新聞には多分、相手の実名入りで記事が載ってしまうのだろうが、それは仕方がない。結果としては自業自得というものだ。

こうなったらぶっちゃけ書いちゃうが、私が心配しているのは、その市議さん、私の記事をパクったもの以外でも、あちこちのウェブ上のテキストから、かなり長い無断引用を繰り返し、いかにも自分の文章のようにあつらえているところだ。さらに、詩をまるごと転載したり、画像の無断掲載と思われたりというケースも目立つ。

私は上記の 3番目の記事 (12日付) で、"この記事を読んで 「ヤバ!」 と思った人は、身に覚えのあるアブナイ記事を速攻で削除しておく方がいい" と、さりげなく自己防衛しておくように示唆したつもりなのである。そしてご親切なことに、先方のブログのコメント欄に、この記事を読んで検討してもらいたいというようなことまで書いてあげているのである。

ところが先方はそれを全く意に介さないどころか、逆に反発するかのように、15日付で、画像の無断掲載と思われる記事なんて載せている。

全然わかってないみたいなのである。懲りない人のようなのである。私は、できることならばこの市議さんにダメージを与えたくなかったのだが、ここまで来るとさすがに呆れてしまった。政治家としてヤバすぎるだろう。「もう、どうなっても知らんわ」 と思うまでになってしまったのである。

|

« 梅雨前線直下の晴れ男体験 その 2 | トップページ | 英語の冠詞 "a" と "an" を巡る冒険 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ってことは、K〇新〇さんですか?

だとしたら仙台在住の弟から、まとめて送ってもらおうかしら。

投稿: 乙痴庵 | 2010/07/18 21:51

乙痴庵 さん:

>ってことは、K〇新〇さんですか?

いえいえ、違います。(それ、誰ですか?)

K〇新〇 さん、流れ弾に当たらないように気を付けてください。

あるいは、「火のないところになんとやら」 ですか ^^;)

投稿: tak | 2010/07/19 00:06

横からで失礼いたしますが
「送ってもらおう」
とおっしゃってるので、「新聞」ではないかなあと思う次第であります。
人名ではなく。

違ったらとんだ赤っ恥ですね。

投稿: キセ | 2010/07/19 11:29

キセ さん:

>「送ってもらおう」
>とおっしゃってるので、「新聞」ではないかなあと思う次第であります。

あ、そうか! ご指摘ありがとうございます。

乙痴庵さん、大変失礼しました。

ええと、河北新報ではありません。
別の「新報」です。

投稿: tak | 2010/07/19 19:59

キセさん、takさん、ありがとうございました。

拙は、ご指摘の通り河北新報のつもりでおりました。


鳥海山の位置関係…、ひいては東北の地図が頭に入っていないこと、バレバレでした。
猛省。

投稿: 乙痴庵 | 2010/07/20 11:47

乙痴庵 さん:

>鳥海山の位置関係…、ひいては東北の地図が頭に入っていないこと、バレバレでした。

関東より西の人の頭の中では、東北は北海道にいくための単なる「廊下」ということのようですね ^^;)

私のビジネス・パートナーの大阪人は、今でも秋田と山形と岩手の区別がつかないようです。

かくいう私も、香川と徳島がかなりアヤシイ ^^;)

投稿: tak | 2010/07/20 14:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/48892559

この記事へのトラックバック一覧です: パクリの顛末:

« 梅雨前線直下の晴れ男体験 その 2 | トップページ | 英語の冠詞 "a" と "an" を巡る冒険 »