« 「軽症」 ということのリスク | トップページ | フランスでは 3秒ルールや 5秒ルールなんてもんじゃない »

2010/07/23

沖縄の島とうがらしというもの

辛もの好きの私は、近頃 「島とうがらし」 という調味料が欠かせなくなった。ラー油とかなんとかいうのより、辛さに嫌みがなく、すっきりして、しかもしっかりと辛いのである。

Cr100723
ちいさな瓶のなかに、これまた小さな島とうがらしの実がぎっしりとつまっていて、液体部分は泡盛であるらしい。で、この液体部分のみを、料理にふりかける。私はなんにでもふりかける。みそ汁でも、ラーメンでも、野菜炒めでも、とりあえず適当にドバっとふりかけると、えもいわれぬ辛さが味わえる。

泡盛が少なくなったら、その辺で売ってる安物の泡盛を足せばいい。中の島とうがらしの実がふやけて、色がなくなってしまうまで、かなり長いこと繰り返し使える。なかなかおおざっぱな調味料なのである。

ちなみに、この島とうがらしというのは、島言葉では 「コーレーグス」 というらしい。語源には諸説あって、「高麗草 (こうらいぐさ)」 から来たというのが有力だが、それ以外にも 「高麗胡椒 (こうらいこしょう)」 がなまったとか、「高麗薬 (こうらいぐすり)」 がなまったとか、いろいろなことが言われている。どれもみなもっともらしい。

辛もの好きで、まだ島とうがらしをしらない人は、ぜひ一度試してみるといい。きっと気に入ると思う。

|

« 「軽症」 ということのリスク | トップページ | フランスでは 3秒ルールや 5秒ルールなんてもんじゃない »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

なんと! 中身が泡盛だとは思いませんでした。
なんだか粋な調味料ですね*

私は島唐辛子を使用しているという
石垣島のラー油が気になってたまりません。
巷で流行りの桃屋のラー油よりも
遭遇の可能性は極薄な気がいたします…。
小売店が県内に一軒しかない悲しさです。

投稿: 白玉 | 2010/07/24 14:14

白玉 さん:

>私は島唐辛子を使用しているという
>石垣島のラー油が気になってたまりません。

ググってみて、初めて知りました。
うぅむ、これは死ぬまでに一度でいいから食してみたいですね。

投稿: tak | 2010/07/24 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/48956850

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の島とうがらしというもの:

« 「軽症」 ということのリスク | トップページ | フランスでは 3秒ルールや 5秒ルールなんてもんじゃない »