« 格差社会における 「死亡率」 というもの | トップページ | 「軽症」 ということのリスク »

2010/07/21

日本が世界に誇るフリーウェア

東スポ創刊 50周年讃歌 「東スポワルツ」 を書いた なぎら健壱先生ほどではないが、私は東スポのファンである。プロレスごっこでブレーンバスターの受け身を取れる私であるから、東スポは 40年以上の付き合いなのである。

JR の電車に乗ると、読み終えた新聞は網棚の上に置かずに、持って降りてゴミ箱に入れてくれるようにという車内アナウンスが流れることがある。私はこれを 「余計なお世話」 と思っている。

車内に放置された空き缶やペットボトルは進んで拾ってゴミ箱に捨てる私であるが、東スポはゴミ箱に直行なんてさせない。断固として網棚に放置する。すると、長くても 10分以内に知らんオッサンがグワシと手を伸ばしてその東スポをつかみ取り、堂々と広げて読み始める。

そこには、もはや所有権などというというコンセプトの消滅した、美しき原始共同社会が現出するのである。

このように回し読みが前提と化している新聞を、どうして自分一人が読み終えただけでゴミ箱なんかに捨てられようか。東スポは、飲み終えれば単なる空き缶と化す缶コーヒーとはわけが違うのである。一度 130円で購入されたからには、少なくとも 3~4人の読者を経なければ、ゴミにしてはならないのだ。

同じようなことがビニール傘にも言える。急な雨が降ってきたためにコンビニで買ったビニール傘は、雨が止んだら出先に忘れてくるべきものなのだ。それも、ついうっかり忘れるのではなく、意識的に忘れてくるのである。だって、雨が止んでるのにあんなもの持ち帰るのはうっとうしいではないか。

そして、忘れた先の傘立てに放置された持ち主不明のビニール傘は、次の雨降りの機会に、誰がさして帰ってもかまわないのである。ビニール傘は天下の回りものなのだ。

言い方を変えれば、読み終えた東スポと雨上がりのビニール傘は、日本が世界に誇るフリーウェアなのである。

|

« 格差社会における 「死亡率」 というもの | トップページ | 「軽症」 ということのリスク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

東スポとビニール傘は所有権放棄が認められると言うことですね
しかし、路傍の石・・・じゃない、路傍の放棄自転車をいただいてしまうと窃盗罪になるようですね
放棄自転車や放棄原付はなかなか処理されないから、希望者への所有権移転を認めてもいいと思うんですがね
私が、ああいう自転車を欲しいという意味ではありませんが

ついでですが、私に理解出来ない「世界の謎」の一つが「プロレス」の魅力です(笑)
ショーとして見ればいいんでしょうけれど、その努力もしてみたのですが、それでもダメです(笑)
あの頑丈さと身体能力には敬意を払ってはいるんですが、ジャイアント馬場の割り箸のように細い腕と、あばら骨の浮き出た肉体美?(笑)を見ると、どうしてもウソくさく思えて

  


投稿: alex99 | 2010/07/21 23:04

東スポとしては、買った上で読んでもらいたいでしょうけどねえ。
ただ、広告主にとっては広告が消費者の目に触れればいいので、回し読み文化のおかげで東スポへの出稿は実売部数以上の効果があるわけですね。
広告主への訴求ポイントにならないかなあ?「ネット広告のページビュー・データなんて意味ないぜ!」ってな感じで。

投稿: きっしー | 2010/07/22 11:23

おかしいなぁ。
 ウチの沿線では、網棚新聞なんてホントに稀ですよ。

 中スポ(中日スポーツ)ならまだしも、中京スポーツ(東スポの中部?名古屋?版)に遭遇すること、もっと稀。


 仕掛ける方も、掛けられる方も、絶妙の動きを要求される『32文ドロップ』を、もう一度観たいですなぁ。
 一説には掛けられる方が最も大変らしい…。

投稿: 乙痴庵 | 2010/07/22 13:09

alex さん:

>放棄自転車や放棄原付はなかなか処理されないから、希望者への所有権移転を認めてもいいと思うんですがね

あれは、持ち主が捨てたんだか、盗んだヤツが捨てたんだか、あるいはずっと置きっぱなしなんだか、判断がつかないというのがネックなんだと思います。

放置自転車として処分しようにも、「盗まれたやつを勝手に処分しちゃった」 では、言い訳がむずかしいみたいで。

盗まれた方も盗難届出さないのがいけないんですが。

>ショーとして見ればいいんでしょうけれど、その努力もしてみたのですが、それでもダメです(笑)

あれは、細部 (素人目にはどうでもよさそうに見えるディテール) を楽しむものなんです。
それなりの 「通」 でないと、そこまでは楽しめません。

ですから、浅いプロレスファンはすぐに飽きてしまい、コアなファンは、はまりっぱなしになります (^o^)

投稿: tak | 2010/07/22 14:46

きっしー さん:

>ただ、広告主にとっては広告が消費者の目に触れればいいので、回し読み文化のおかげで東スポへの出稿は実売部数以上の効果があるわけですね。

東スポって、どんな広告出てたっけ ?
申し訳ないことに、ほとんど印象にありません。

効果はあまりないかも ^^;)

投稿: tak | 2010/07/22 14:49

乙痴庵 さん:

>中スポ(中日スポーツ)ならまだしも、中京スポーツ(東スポの中部?名古屋?版)に遭遇すること、もっと稀。

へへぇ、そうですか。
そりゃ、意外です。

大スポ、九スポとかはどうなんだろう?

>仕掛ける方も、掛けられる方も、絶妙の動きを要求される『32文ドロップ』を、もう一度観たいですなぁ。

あれで 3カウント奪われる必然性を表現するには、かなりの熟練が必要だったと思います。

馬場さんも、しょっぱい外人レスラーには 32文出しませんでしたね。(出せなかった ^^;)

投稿: tak | 2010/07/22 14:51

今回の記事を読んで思い出しましたが、地元の駅の改札を出たところに“無料レンタル傘”の傘立てが置いてあって、晴れの日には約30本の傘があります。急な雨が降ると0本になり、晴れると元の30本に戻ります。

特にルールもないのに実によくできたシステムだと思います。“日本が世界に誇るフリーウェア”と言ってもいいと思います。こじんまりとした街だから成立するのかも知れませんが。

投稿: ハマッコー | 2010/07/22 20:50

ハマッコー さん:

>今回の記事を読んで思い出しましたが、地元の駅の改札を出たところに“無料レンタル傘”の傘立てが置いてあって、晴れの日には約30本の傘があります。急な雨が降ると0本になり、晴れると元の30本に戻ります。

そりゃまた、素晴らしいシステムですね。
ユーザーの誠実さというものも感じられます。

投稿: tak | 2010/07/22 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/48940512

この記事へのトラックバック一覧です: 日本が世界に誇るフリーウェア:

« 格差社会における 「死亡率」 というもの | トップページ | 「軽症」 ということのリスク »