« パクリはほとんど常習犯である | トップページ | 梅雨前線直下の晴れ男体験 »

2010/07/13

声の大きさによる遠回り

昨日の朝の上野駅の常磐線ホーム、階段を昇れば山手線などのホームに行けて、 昇らずに直進すれば新幹線ホームに行けるという案内標識を指さしながら、新幹線ホームに行くには階段を昇るべきか否か、大声で議論しているオバサン 3人連れがいた。

誰がどうみても、新幹線に行くには階段を昇るべきではないのだが、どうやら何か余計なツボにはまりこんでしまっているらしい。

Cr100713

2人は案内の通りに直進すればいいと言っているのだが、一番声の大きなオバサンが、「前に行ったときも階段を昇って行ったから、間違いない。階段を昇らないと、ややこしくて必ず迷う」 と主張している。やれやれ、階段を昇る方がずっとややこしいのに。

上野駅の新幹線ホームは地下にあるから、わざわざ階段を昇るのが正解であるわけがない。一番声の大きなオバサンの経験というのは、客観的にみれば単に 「メチャクチャな遠回り」 をしただけということなのだが、声の大きさというのは客観的事実を上回る圧倒的な強さをもつ。とくにオバサン同士の会話においては、その傾向が強い。

初めのうちは 「案内通りに行けばいいんじゃないの?」 と言っていた 2人も、「そっかぁ、不親切な案内で、かえってわからなくなることも、よくあるよね」 なんて、妙な納得をして、階段を昇ることに同意しかけている。

最後まで見届けたわけじゃないので、その後にどうなったのか知らないが、あの様子では階段を昇ってしまったに違いない。そして、声の大きさに負けた 2人もこれからずっと、上野駅から新幹線に乗るとき、「案内が不親切のよ、階段昇らないと、迷子になっちゃうらしいわよ」 と言って、遠回りをし続けるのだろう。

不憫なことである。「階段昇らずに行く方が、ずっと近いですよ」 と一声かけてあげなかった自分が、ほんのちょっぴりだけだけど、悔やまれる。

いやしかし、もしかしたら、私が声をかけてて誤った思い込みを正してあげたおかげで、あの声の大きなオバサンが 1日中不機嫌になり、残る 2人が嫌な思いをしてしまうことになったかもしれない。私の経験則の教えるところでは、ああいうタイプはそうしたケースで、「友達の前で恥をかかされた」 なんて思ってしまうようなところがある。

そこまで考えると、オバサン 3人の旅行の平安を護るためには、余計なお世話をしないでよかった。多少遠回りをしても、新幹線ホームには多分たどり着けたのだろうし。

世の中というのは、本当にビミョーでむずかしいものなのだ。

|

« パクリはほとんど常習犯である | トップページ | 梅雨前線直下の晴れ男体験 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/48867065

この記事へのトラックバック一覧です: 声の大きさによる遠回り:

« パクリはほとんど常習犯である | トップページ | 梅雨前線直下の晴れ男体験 »