« 芋焼酎を巡る冒険 | トップページ | 京都は暑かった (らしい) »

2010/08/18

フロッピーディスクとビスケットを巡る冒険

一世を風靡したが今ではすっかりレガシー・メディアになってしまったものに、フロッピー・ディスクというのがある。最近の若い人の中には、フロッピー・ディスクを見たことがないという人までいる。

あのフロッピー・ディスク、IBM の世界では 「ディスケット」 なんて言っていた。英語では  "diskette" と書く。「貧弱なディスク」 というような意味合いになって、要するに "floppy disk" と同じことだ。

10年近く前に定年で業界を去った T氏は、定年間際にパソコンというものを始め、ワープロぐらいは普通に打てるようになった。最初に触った PC が往年の IBM の名機 Think Pad (今は Lenovo になってしまったが) だったようで、それを納品に来たスタッフがフロッピーのことを 「ディスケット」 と連発するので、そういうものだと思ったらしい。

ところが、本来の意味を知らないで耳だけで覚えたため、「ビスケット」 というものだと思ったらしい。まあ、大きさもちょうどビスケットぐらいなので、抵抗なくそう思いこんでしまったようなのだ。

そして彼もフロッピーディスクのことを 「ビスケット、ビスケット」 と言うようになったのだが、そのオフィスでは誰も、それが 「ディスケット」 の間違いであることを知らず、そういうものだということで流れていたようなのである。何しろ平均年齢の高いオフィスで、T氏以外はおばあさんに近いオバサンばかりだったから。

たまにそのオフィスに顔を出す私は、最初何のことを言っているのだろうと思っていたが、何度か訪問するうちに、ことの次第が理解できた。ただ、オフィス全体で 「ビスケット」 と言うものだと思っているようなので、あえて 「それ、違いますよ」 なんて無粋なことを言わずに聞き流しているうちに、T氏は定年になり、そのオフィスも閉鎖になった。

T氏は今でも、「わしがパソコンを始めた頃は、ビスケットにデータを保存してたものだよ」 てなことを口走って、周囲からは 「じいさん、だいぶボケが進んだな」 なんて思われてるかもしれない。

|

« 芋焼酎を巡る冒険 | トップページ | 京都は暑かった (らしい) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

昔、役所関係の講座を受講した時、コンピューターで、8インチのフロッピーを扱ったことがあります
文字通り、ペラペラのものでした
今昔の感あり


投稿: alex99 | 2010/08/18 13:00

昨日、やっとPC98のパソコンを廃棄物として処分しました。35万も出して買ったのに、あぁ。これで二度とフロッピーディスクを使うこともない。

いまはUSBメモリー一本で16GB、FDの10000倍以上か。
これも、今昔の菅あり。

投稿: ハマッコー | 2010/08/18 16:36

alex さん:

8インチの FD は私は使ったことがありません。
それが使えるハードは、一度だけ見たことがあります。
まさに、「歴史」です!

投稿: tak | 2010/08/19 17:42

ハマッコー さん:

>昨日、やっとPC98のパソコンを廃棄物として処分しました。

いやはや、ここにも「歴史」が ^^;)
身近なところにまだあるんですね。

投稿: tak | 2010/08/19 17:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/49098038

この記事へのトラックバック一覧です: フロッピーディスクとビスケットを巡る冒険:

« 芋焼酎を巡る冒険 | トップページ | 京都は暑かった (らしい) »