« カレーと日本の変わり目 | トップページ | 民主党の前原誠司と松たか子が似ている件 »

2010/10/11

賊軍の子孫は DDT をふりかけられたという仮説

昨日、カレーの話の勢いで、私の育った庄内地方では昭和 30年代後半まで、定期的に小学生に DDT を振りかけていたということを書いたら、alex さんが 「DDTの話は、以前にもここで読んで、びっくらしました(笑)」 とコメントしてくれた。そういえば、この話は前にも書いたんだった。

自分のブログ内検索をかけてみたら、それは一昨年の 11月 10日から 11日にかけてのこと。10日にちらっと DDT を浴びせかけられていたということを書いたら、alex さんが 「 びっくり」 というコメントを残してくださった。そこで、翌 11日に 「DDT を巡る冒険」 という記事を書いて、もう少し深くつっこんでみたのだった。

DDT そのものと、それを振りかけられていたということに関しては、あまり繰り返すこともないと思うが、その記事についたコメントから、小学校の生徒に定期的に DDT を振りかけるという乱暴な風習に関しては、かなり地域差があるということがわかったのである。

まず、東京と alex さんが育った大阪では、小学生に DDT を振りかけるなんていう野蛮なことは行われなかったようだ。これはまあ、大都市なので終戦後のかなり早い段階で衛生面のインフラが整えられ、DDT なんて必要なかったのだということにしておこう。

ところが、同じ大都市でも東海ベースの 乙痴庵さんが、「名古屋はあったみたいですよ。親父が昔、そんなことをのたまわっていたような…」 とのコメントを残してくれている。同じ大都市でも、ずいぶん扱いが違う。

東京や大阪からの距離が重要ポイントなのかも知れないと思ったが、そうとも言い切れない。会津の雪山男さんが 「うちの母に聞いてきましたが、DDT やられたそうです」 とコメントする一方で、土佐生まれの mikio さんが、「私は四国の山奥の生まれ育ち (昭和26年生) ですが、学校では DDT はなかったように記憶しています」 とコメントしてくれている。

ここで、当時の私に素っ頓狂な仮説が浮かび上がってきた。東京と大阪を別とすれば、明治維新の時の賊軍の子孫は DDT を浴びせられ、官軍の子孫はそれを免れたのではないかという推論だ。

会津も庄内も賊軍である。名古屋だって徳川家のお膝元だから賊軍だ。土佐は中央からものすごく離れているのに、官軍だったから DDT なんか振られずに済んだ。

何しろデータが少なすぎるので、この仮説を大声で言うのははばかられるが、「あなたは (あるいは、あなたの親は) 、昭和 30年代に学校で DDT を振りかけられましたか?」 という調査をすると、もしかしたら、この仮説が実証されちゃうかもしれない。

もちろん、こんな馬鹿馬鹿しい仮説は実証されない方を望むが、よかったら、ご自分または親の世代の経験と地域を、コメント欄に書き込んでいただければ幸いだ。

|

« カレーと日本の変わり目 | トップページ | 民主党の前原誠司と松たか子が似ている件 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

天竜川中流に近い浜松ですが、DDTを振りかけたなんて事はなかったですよ。(1949年生)小学校では、体内の「回虫」駆除に(かいにん)という名前の駆除剤を飲まされました。苦かった・・・お袋も見た事はなかったようです。(昭和2年うまれ)

投稿: 天使の輪 | 2010/10/11 17:03

天使の輪 さん:

ありがとうございます。

浜松は DDT なし と。
東海道はおしなべて、官軍寄りですね。

ところで、尾張も実は、官軍に寝返ってるんですね。でも、徳川家だから、ビミョー。

投稿: tak | 2010/10/11 18:39

昭和二十年代後半に生を受けましたが、DDTを振りかけられたことはありません。上州です。DDTは蚤退治のために畳に振りかけたことはあります。寄生虫駆除の薬は飲まされました。

昭和30年後半までDDTを振りかけられたと知り、alexさんと同様、びっくりしました。

投稿: ハマッコー | 2010/10/11 19:56

大阪出身です
うちの両親(昭和10年前後)は戦後の短い間だけだったようですがDDTをかけられたと言っていました。
南軍に付いた神社の氏子だから賊軍かも知れません

投稿: 蝠樂亭 | 2010/10/11 22:50

ハマッコー さん:

上州は賊軍じゃないですよね。
ふぅむ。

なんだか仮説が当たってきたような、イヤな感じが … ^^;)

投稿: tak | 2010/10/12 09:59

蝠樂亭 さん:

>南軍に付いた神社の氏子だから賊軍かも知れません

そんなに執念深かったのか ^^;)

投稿: tak | 2010/10/12 10:00

山口(官軍側)の者です。

気になったので祖母に聞いてみました。

学校で強制的にDDTをかけられたことはなかったそうです。

頭に虱がいる人は何人もいたが、学校としてどうこうすることはなかったと。

ただし、下宿先に虱が出たときに下宿先のおばさんがどこからともなくDDTを持ってきて、祖母の頭にもかけられたようで、その時の話を延々とされました(笑)。

投稿: 爺 | 2010/10/12 19:01

爺 さん:

>学校で強制的にDDTをかけられたことはなかったそうです。

>頭に虱がいる人は何人もいたが、学校としてどうこうすることはなかったと。

さすが官軍の中の官軍。

私たちの世代では、頭にシラミのいる子なんて全然いなかったのに、それでも DDT まみれにされました。

>ただし、下宿先に虱が出たときに下宿先のおばさんがどこからともなくDDTを持ってきて、祖母の頭にもかけられたようで、その時の話を延々とされました(笑)。

下宿のおばさんは、地上最強の生き物ですね (^o^)

投稿: tak | 2010/10/12 22:23

おはようございます~私は1941年生まれです。
DDTの件ですが~私は小学校を4つ転校しました。
静岡県の小学校では全員強制的にDDTを頭にふりかけられましたよ~

投稿: tokiko68 | 2010/10/13 08:07

tokiko68 さん:

>静岡県の小学校では全員強制的にDDTを頭にふりかけられましたよ~

おぉ、同じ静岡県でも、浜松とは違うみたいですね。

これで、賊軍ばかりではないという反証が得られて、ホッとしました (^o^)

投稿: tak | 2010/10/13 10:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/49711950

この記事へのトラックバック一覧です: 賊軍の子孫は DDT をふりかけられたという仮説:

« カレーと日本の変わり目 | トップページ | 民主党の前原誠司と松たか子が似ている件 »