« 「パチンコ離れ」 を巡る冒険 | トップページ | 相国寺ってすごい »

2010/10/23

公共の場所での、必要以上の大声会話

すべての演劇の俳優養成メソッドにあるのかどうかは知らないが、私の知る劇団では役者の身体訓練の一環で、「相手にきちんと声を届かせる」 という感覚を鍛えたりする。

例えば、普段の声が小さ過ぎる人や大き過ぎる人がいる。彼らの多くは、自分の声が小さ過ぎたり大き過ぎたりしているのに気付いていない。直接的な身体感覚としてわかっていないのである。

例えば、テーブルの向こう側にいる相手にさえ届かない声では、まともな会話が成立しないので、きちんと届かせる感覚を磨く必要がある。 この訓練をしていると、自分の声があたかもキャッチボールの球のように、弧を描いて相手の胸に 「すとん」 と落ちるのがわかるようになり、その過程で自然に発声器官が鍛えられ、腹式呼吸もできるようになる。

逆に普段の声が大きすぎる人もいる。しかし、目の前の相手に話すのに、3メートルも離れた相手に話すような声を出す必要はない。いや、「必要ない」 どころか、かえって聞く方が違和感を覚えて疲れてしまったりする。こうした人も、自分の声が相手の胸にちょうど 「すとん」 と落ちる訓練をする必要がある。

世の中には、例えば電車内やレストランなどで、連れの 2~3人に聞こえればいいだけなのに、あたかも周囲 15メートルぐらいにくまなく聞かせたいみたいな声で話す人がいる。今、新幹線に乗っているのだが、後ろの席のオバサン 2人、オジサン 1人の連れの、オジサンの方がそうしたタイプである。

とにかく、乗ってきてからずっと、周囲に朗々と響く声でしゃべり続けている。よくまあ疲れないものだと思う。

ざっとみたところ、大きな声の人には 2種類ある。まず、単純素朴に声が大きな人。年取って耳が悪くなると、自然に声が大きくなるなんてこともあるが、そんな感じである。

それからよくみかけるのは、当意即妙の会話が得意で、それを連れだけでなくもっと多くの人に聞かせたいという無意識の欲求が現れているようなタイプである。

「ねえ、聞いて聞いて、私たちって、こんなにオシャレな会話しちゃってるの」 「俺の当意即妙の会話センスってすごいでしょ。みんなにも聞かせてあげる」 「私って、物知りでしょ。あふれ出る知性を披露しちゃおうかな」 とでも言いたげな人が、周囲の迷惑も知らずに結構な声で話をしたがる。

とくに、若い女の子 2人連れで、互いに当意即妙な (とはいえ、内容はうんざりするほど薄っぺらなんだが) 会話センスを競ってでもいるようにマシンガントークを繰り広げながら異常な盛り上がりを現出しているのがいる。そうなるとまさに公害だ。「やかましい!」 と一喝してあげないと、彼女らはそれに気付かない。

今、後ろで大声会話を繰り広げているオジサンは、どうも見たところ、耳が遠くなりかけていて、しかも 「当意即妙の会話センス誇示」 の要素も相当に加わっているという、困った合わせ技みたいなのだ。まあ、耐えきれないほどではないので、今日のところは放っておいてる。

なお、かの有名な中国人の大声会話は別の興味深い要素があるようなのだ。それについては、前に書いているので、こちら を参照されたい。

|

« 「パチンコ離れ」 を巡る冒険 | トップページ | 相国寺ってすごい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なんだか、
恥ずかしい。
私はあの、問題の中国人のように大声でおしゃべりする。
気をつけなくっちゃいけませんね。
恥ずかしい~~~

まあ、
日本人もちょっと前まで、
「日本の旅行者は大声でしゃべる」下品だと
いろいろ言われていましたよね?

いつかは中国人も
世界に
上品な人間として認められるように
なったら
お付き合いしてもいいかな?


投稿: tokiko68 | 2010/10/23 10:51

いままで観察したところによると、大声で話す相手は間違いなく大声で話す、小声の相手は小声であると言うことです。まあ、当たり前のことでしょうけどね。
類は友を呼ぶってやつでしょう。

新幹線の中で車両内すべてに響き渡る大声で仕事の電話してるおバカちゃんもいました。電話と言うものは仕掛け上、相手の耳元で話してることになるので、大声で話す必要が全くないのですけどね。大声で話すと電話機内部で抑圧される仕組みになってます。そこのところをキャリアはもっと周知徹底させるべきだと思います。

ライブハウスでの経験ですが、男二人、女一人の組みあわせの客が一番困った存在ですね。男AがNYでのライブハウスでは…と女の前で話し出すと、男Bも負けじとその手の話しを始める…と言った按配で益々うるさくなるのです。二人とも女の前でええカッコしようと必死なんですね。ちょっと哀れでした。

中国人の大声ですけど、中国内での大声はおいといて、日本での大声は勘弁して欲しいですね。来日前に日本でのマナー集みたいなものはもらわないんでしょうか。
中国人の乗ったバスに二時間乗ったことがありましたが地獄でした。

投稿: ハマッコー | 2010/10/23 13:53

tokiko68 さん:

>日本人もちょっと前まで、
>「日本の旅行者は大声でしゃべる」下品だと
>いろいろ言われていましたよね?

そんなこと言われてましたっけかね?
もしかして、酔っぱらった時かな?

日本人は平気で酔っぱらってお互いにもたれ合いますが、西洋では、酔っぱらった姿を見せること自体がマナー違反ですからね。

>いつかは中国人も
>世界に
>上品な人間として認められるように
>なったら
>お付き合いしてもいいかな?

我々が生きている間は、ムリみたいな気がします ^^;)

投稿: tak | 2010/10/23 21:02

ハマッコー さん:

>ライブハウスでの経験ですが、男二人、女一人の組みあわせの客が一番困った存在ですね。男AがNYでのライブハウスでは…と女の前で話し出すと、男Bも負けじとその手の話しを始める…と言った按配で益々うるさくなるのです。二人とも女の前でええカッコしようと必死なんですね。ちょっと哀れでした。

目に見えるような気がします (^o^)

>中国人の乗ったバスに二時間乗ったことがありましたが地獄でした。

それはそれは、大変なことでしたね ^^;)

投稿: tak | 2010/10/23 21:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/49820100

この記事へのトラックバック一覧です: 公共の場所での、必要以上の大声会話:

« 「パチンコ離れ」 を巡る冒険 | トップページ | 相国寺ってすごい »