« タッチタイピングとリストレスト | トップページ | 公共の場所での、必要以上の大声会話 »

2010/10/22

「パチンコ離れ」 を巡る冒険

パチンコ人口が減少しているんだそうだ。「痛いニュース」 に次のようにレポートされている。(参照

10月19日、東京国際フォーラムで開催された「パチンコホールイノベーションフォーラム2010」で日遊協の深谷友尋会長が、パチンコ産業の未来創造をテーマに基調講演を行った。その中で、パチンコ業界の現状分析では、パチンコ人口が減少する一つの理由に、若者のパチンコ乖離を挙げた。

つぶれてしまった繁華街の店がいつのまにかパチンコ屋になっていたり、テレビやラジオでパチンコ屋の CM が増えたりしているので、パチンコ業界ってまだ元気なのかと思っていたのだが、どうもそうではないらしい。その不振の原因が 「若者のパチンコ離れ」 なのだという。

前述の記事の中でも触れられているが、「若者のクルマ離れ」 とともに、結構目立った現象らしいのだ。どうやら近頃、若者はクルマからも、パチンコからも、さらに酒からも、麻雀からも、野球からも離れてしまいつつあるらしいのだ。

私はどうみても若者じゃないが、ここで挙げたクルマ、パチンコ、酒、麻雀、野球のうち、クルマ以外からはずいぶん離れている。そしてクルマだって、別にクルマ好きというわけじゃなくて、つくばの田園地帯に造成された住宅地なんかに住んでいるので、日常生活の必需品となっているだけのことだし。

実は喫煙者だった学生時代、100円で煙草を 3~4箱稼ぐために、パチンコをl時々やっていた。当時住んでいたアパートの近くにあったパチンコ屋で、たまたま釘の甘い台を発見し、その台専門で稼いでいたのである。

ただ、いくら出やすい台といっても煙草 3~4箱分以上稼ぐ気にはならなかった。元々パチンコ好きというわけじゃなくて、煙草代を浮かせたいだけという理由なので、ある程度玉が出てしまうと、それ以上根気が続かないのである。そしてその台も 1年ぐらいして釘が打ち直され、玉が入りにくくなったので、自然に止めてしまった。

酒は 3日前に書いた通り、2ヶ月以上飲んでいない。禁酒したというわけじゃないので、絶対に飲まないわけじゃないのだが、なんだかずっと飲む気がしないままでいる。ただ、何か機会があれば飲もうとは思っている。

麻雀は私の年代にはめずらしく、一度もやったことがないのでルールすら知らない、ずっと座りっぱなしでグダグダやって、そんなもので金のやりとりをするなんていうのが、どうにも性に合わない。

野球も嫌いってわけじゃないが、好んで見ようという気にはならない。ゆったりしすぎていて退屈してしまう。その点では、サッカーの方がずっとエキサイトする。今年のプロ野球のポスト・シーズンは、日本シリーズまではテレビ中継されないみたいだが、それでも全然不満がない。

というわけで、私が興味を失っているものの多くが、「若者の○○離れ」 と言われて衰退しつつあるものに含まれているようなのだ。私ってば、時代を先取りしていたのかしらん。

最初に戻って、パチンコに関して言えば、この業界はバブル期の状況に最適化しすぎた過ちが尾を引いてるんじゃなかろうか。「2万 5千円使わないと大当りにならない」 なんていうのは、この不況期には別世界のお話である。今どき、一体誰がそんな金のかかる遊びをするというのだ。

金に余裕のある層なら、パチンコじゃなくてもっと別の遊びをするだろう。ということはつまり、今のパチンコ業界はとてもニッチなマーケットを相手にするしかない状況に、自らを追い込んでしまっているのだ。実際、休日はパチンコ屋に通うなんていう人は、今の私の廻りには一人もいない。

昔みたいにワンコインで時間をつぶせるというようなシステムに戻せば、少しは盛り返せるのかもしれないが、今の業態ではそんな小商いでは利益が出ないだろう。やっぱり、バブル期に最適化しすぎたのがいけないのだ。

|

« タッチタイピングとリストレスト | トップページ | 公共の場所での、必要以上の大声会話 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

クルマ、パチンコ、酒、麻雀、野球
私も、これらには、昔から、あまり縁がありませんね

酒も、昔は、かなり嗜みましたが、今は、身体が要求しなくなったようです

いつも駅の近くに住んだので、日本では車は持ったことがありません
最近、原付スクーターには乗っていますが、自宅が坂の上にあったので買ったもので、使途は近所での買い物オンリー

野球も、惰性でナイターを見ていた時代はありますが、積極的に見ることはありません

麻雀は、点数を数えることも出来ません
商社は残業が多かったので、麻雀をやる人間が多くなかったので、私のような人間には、ありがたかった
ただし、残業が多かった割には、残業の後、かならず、飲みに行きましたが(笑)

パチンコも、学生時代に、ほんの少しやった程度

基本的に、ギャンブルに興味がないもので、こういう、灰色の人生になります(笑)

投稿: alex99 | 2010/10/22 21:35

alex さん:

クルマ、パチンコ、酒、麻雀、野球に関しては、かなり共通したスタンスのようですね。

私も基本的に、ギャンブルに興味がありません。

馬の疾走する姿を美しいと思うので、競馬を見るのは好きですが、私の頭の中では、馬券を買うことということはまったく別のことです。

投稿: tak | 2010/10/23 06:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/49813983

この記事へのトラックバック一覧です: 「パチンコ離れ」 を巡る冒険:

« タッチタイピングとリストレスト | トップページ | 公共の場所での、必要以上の大声会話 »