« 「ふからはらぎ」 という庄内弁の超難解単語 | トップページ | ちょっとしたことをおもしろがれる人とそうでない人 »

2010/11/30

小沢氏の 「地方から反乱」 発言

「一兵卒」 の小沢一郎氏が菅政権について 「もうしょうがない」 と匙を投げ、「地方から反乱が起こり、民主党政権は根っこから崩れてしまう」 と述べたことが話題になっている。さらに、ねじれ国会に関連して 「民主党も人材難だが、同じ人材難の自民党に助けられている」 とも語っている (参照)。

民主党が地方レベルでガタガタになっていることに関して私は、先月 25日の 民主党、早くもボロボロ状態?」 という記事と、今月 18日の 「 民主党、もう本当にガタガタ」 という記事で、短期間のうちに 2度触れている。両方とも、地方レベルで党員の離反が目立っているということだ。

毎日新聞によると、前回の総選挙のマニフェストで小沢氏は地方重視の方針を打ち出してきたが、「菅政権が財政再建を重視する立場から修正を図っていることが、地方選敗北の一因」 との見方を示しているという (参照)。小沢さんらしい見方だ。「地方にどんどん金を落とすぞ」 という方針が一転されたから、地方が離れていくというわけだ。

しかし、本当にそうだろうか? 問題はより深いところにあるのではなかろうか。「この国のあり方」 という次元の問題で、民主党員自身が 「民主党は日本をおかしくしてしまう」 という危機感を持ち始めたというのが本当のところのような気がするのである。そしてその認識は国民一般にも広がっているので、選挙で勝てないというのが直接の致命傷だ。

今のところは地方選での敗北が連続しているが、今総選挙になったら同じ結果になる。民主党は惨敗してしまうだろう。それだけに、小沢氏はまたぞろ政界再編成に動き出したくてたまらないのだろうと思う。「同じ人材難の自民党に助けられている」 という発言は、それを示しているのだろう。

|

« 「ふからはらぎ」 という庄内弁の超難解単語 | トップページ | ちょっとしたことをおもしろがれる人とそうでない人 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

もう、こうなれば、ぜひ、小沢に民主党をひっくりかえしてもらいたいですね
もちろん、小沢に首相になってもらいたいということではありません
ただ、民主党政権を一刻も早く内部から崩壊させる手っ取り早い方策として、です

「支持率1%でも辞めない」などと、恐ろしいことを言う菅直人に、素人集団の民主党に、我々の日本の舵取りをこれ以上、まかせるわけには行きません
時間をもう少し与えれば、民主党政権が何とか立ち直り、政権担当能力を持つと言う可能性も、皆無ですよね

鳩山って、鳥インフルエンザにかかっていて、脳炎でもおこしているんじゃないでしょうか?(笑)
最近また、うわごとのようなことをつぶやきながら歩いているようで

いくらなんでも、こんなに責任能力の無い、整合性の無い、無責任な首相は初めてでしょう
いままで、いろいろ、不適切な能力の首相が居たとはいえ、これほどひどくはなかった
本来なら、座敷牢にでも入れて、閉門蟄居させるべきなんですが

最近の日本の諸問題は、「すべては鳩山から始まった」と言っても過言ではない
ひとりの痴れ者を首相にしたばかりに、これほどの国難が押し寄せるとは


投稿: alex99 | 2010/12/01 06:20

>閉門蟄居

蟄居閉門が正しいんでしょうね

投稿: alex99 | 2010/12/01 06:21

alex さん:

>最近の日本の諸問題は、「すべては鳩山から始まった」と言っても過言ではない

フツーのオジサンとしてなら、当たり障りのない善人なのかもしれませんが、下手に政治家の家に生まれて、しかも大金持ちなので、おそろしく不幸なことになっているのだと思います。

小沢一郎さんが、このくらい金に困らない家に生まれていたら、別の展開になっていたかもしれませんね。

投稿: tak | 2010/12/01 10:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/50171137

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢氏の 「地方から反乱」 発言:

« 「ふからはらぎ」 という庄内弁の超難解単語 | トップページ | ちょっとしたことをおもしろがれる人とそうでない人 »