« 最近の社長は誰も顔を知らない | トップページ | 日本はそこまで特別ってわけじゃない »

2010/11/13

何でもありの、今日この頃

ふう、今日は忙しかった。日が暮れてようやく家に帰り着いた。帰り着いたと思ったら、バレーボールで日本がブラジルをセットカウント 2-0 でリードしていて、我が家の娘が興奮した面持ちでテレビ画面を見つめている。いやはや、驚いた。

もしかしたら、尖閣ビデオが流出したときよりも驚いたかもしれない。ビデオ流出はあり得るかもしれないと思っていたが、日本がブラジル相手にここまでやるとは、全然思っていなかったからね。

もう本当に、近頃の世の中は何があっても不思議じゃない。何でもありである。私の本宅サイトのタイトルが 「知のヴァーリトゥード」 で、「何でもあり」 を謳っているが、最近のように本当に何でもありになってしまうと、別にそれが新鮮でも何でもなくなってしまうなあ。

逆に、なんでもかんでも順当に収まってしまうのが一番意外なことになってしまうかもしれない。ちなみに、その後の試合経過は 2-2 に追いつかれて最終セットにもつれこみ、最後は力尽きて敗れてしまったが、まあ、よくやったと言っていいと思う。

で、今日はもう疲れたので、和歌ログを書いて、風呂に入って寝る。明日はまた車を運転して福島まで行かなければならない。私には土曜も日曜もないのである。ひいひい。

|

« 最近の社長は誰も顔を知らない | トップページ | 日本はそこまで特別ってわけじゃない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/50018602

この記事へのトラックバック一覧です: 何でもありの、今日この頃:

« 最近の社長は誰も顔を知らない | トップページ | 日本はそこまで特別ってわけじゃない »