« Do you care for coffee, or tea? | トップページ | 庄内では雪が降ったらしい »

2010/11/27

海老蔵のこと

海老蔵が誰だか知らないが荒っぽいやつらにボコボコにされてしまった件で、私は昨日 Twitter で 「海老蔵は役者っ振りはいいが、頭が悪い」 と tweet したのだが、それがどういうわけだか消えてしまっている。(注) Twitter というのは、よくこういうことがあるらしく、私のところでもついに生じてしまった。

消えてしまったのは、細かい点は多少違うかも知れないが、こんなふうな tweet だったはずである。

海老蔵は役者っ振りはいいが、頭が悪いというようなことを、前にもどこかで書いたような気がしていたが、ググっても検索されない。もしかしたら、人の悪口だから控えていたのかもしれないが、こんなことだったら、ちゃんと書いておけばよかった。

まあ、人の悪口だから消えてしまって幸いなのかもしれないが、こんな風にブログで再現してしまっているのだから、我ながらしょうがない。

海老蔵はやたら酒癖が悪いらしく、酔っぱらうと 「俺は人間国宝だから、国から 60 (歳) まで 2億もらえる!」 なんてことを吹きまくる癖があったと暴露されている (参照)。で、この 「人間国宝だから国から 2億円もらえる」 なんてことを本気で信じてしまっている人が、ブログの世界では何人もいるようで、私は驚いてしまった。

歌舞伎ファンとしては、それではいくら何でも困る。ちょっと本当のところを書いておかなければならない。

海老蔵は人間国宝なんかじゃない。親父の団十郎だってなってないのに、30歳を過ぎたばかりの若造が、いくらちょっとばかり役者っぷりがいいといっても、あんなぺえぺえで人間国宝になれるわけがないじゃないか。それに、今回の不祥事で永遠に人間国宝になれなくなったかもしれないし。

それから 「2億円もらえる」 なんていうのもでたらめだ。そんなんだったら、人間国宝指定がどえらい利権ビジネスになってしまう。全然金をもらえないわけではないが、実際には、年額 200万円の特別助成金が交付されるだけである。

こんな程度の金は、伝統芸能の世界でははした金である。『藤娘』 を一度踊るにも足りない。だから、人間国宝は、直接的にはそんなにもうかる商売じゃない。どっかのペットボトル入りのお茶の CM をしている方がずっと儲かる。しかしその CM もお蔵入りだろう。

海老蔵の親父の団十郎はくそ真面目で有名だが、歌舞伎役者は当然ながら、そんなに堅物ばかりじゃない。今の菊五郎 (彼は正真正銘の人間国宝) みたいな、若い頃は相当な遊び人というか、不良だったというか、そんな人間もいるが、今の海老蔵みたいにまともな遊び方を知らないで無茶をするやつは相当に珍しい。

海老蔵は当分謹慎すべきだろう。性根を入れ替えて復帰するまでは、1年やそこらでは足りないと思う。

(注) 消えたと思った tweet がいつの間にか復活していた。オリジナルは、最後にちゃんと励ましの言葉が付いていた (参照)。

|

« Do you care for coffee, or tea? | トップページ | 庄内では雪が降ったらしい »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

歌舞伎役者って、今では「梨園」なんて、まるで皇室扱いですが、大昔は、税金のかからない河原に芝居小屋を建てていたので「河原者」とも
歌舞伎の芝居小屋は、江戸時代の裕福な商家の有閑女房達などが男役者を買いに行く「悪所」と呼ばれていたことも
仲間由紀恵主演の「大奥」という映画で、その片鱗が描かれていました
海老蔵君は、酒癖が悪くて、同席したどんな人間をも怒らせるような悪態をつく、と言う特技?を持つ(らしい)
しかし、父親の団十郎氏は反対に、実に誠実で正直な人柄に見えますが、親として甘かったんでしょうかね

私も、こ~ゆ~風に、放言・暴言が続いていますので、その内に、顔面陥没か?(笑)

投稿: alex99 | 2010/11/27 23:36

海老蔵暴行事件でとばっちりを受けた芸能人―【私の論評】とうとう節度を守れない歌舞伎役者が出てくるようになったか?

ブログ名:「Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理」

こんにちは。海老蔵氏の乱行で、とばっちりを受けた人も多いようですが、私たちは、この一見些細にみえる芸能三面記事のような出来事の本質を見失うべきではないと思います。最近のニッポン人(日本の文化・歴史)の本質知らない日本人ということでカタカナで表記)の中には、歌舞伎がもともと、サブ・カルチャーあるいはカウンター・カルチャーであることを知らず、メインストリームのカルチャーだと思いこむ人々も増えています。海老蔵氏自身もこのあたりの位置づけが良くわかっていないのだと思います。歌舞伎の事例など、ほんの氷山の一角にすぎません。私たち日本人は、もう一度、守るべきもの、捨て去るべきものをしっかりと峻別して、再度序列のはっきりした社会秩序を自分たちの手に取りもどす必要があると思います。私は、国という形としてはあるものの、もともとの日本人の精神を受け継ぐ日本は滅びかけていると思います。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2010/11/28 10:25

alex さん:

成田屋の家は、もう九代目以後、後継者難続きですね。

せっかく今の団十郎(十二代目)以後は、役者っぷりとしては親勝りが出てきたと思ったら、頭がバカだった。

親父の真面目さと息子の才能があればよかったのに。

投稿: tak | 2010/11/28 11:14

yutakarlson さん:

ブログ記事拝見しました。

今、歌舞伎は格式高い伝統芸能になっていますが、役者は心の片隅でいいから、河原者の系譜を意識していてもらいたいものだと思います。

卑下する必要は全くないですが、どんなにかぶいても高慢になっては困ります。

今回の事件はイメージ悪すぎで、贔屓筋もかなり離れてしまうでしょう。

投稿: tak | 2010/11/28 11:19

歌舞伎のキの字も知らないオイラが
コメントするのもどうかなと思いましたが、
どうも天の邪鬼な性格なもので。

歌舞伎が傾くを語源とすれば、
海老蔵は傾いてみたかったんでしょうか。
ならば、折れた鼻を付け鼻にして、
舞台上で見得を切って、
その付け鼻を取って見せる位の役者であって
欲しいものです。

謹慎して良くなる役者なんてつまらない。
なんて思うのは時代遅れですかね。

悪徳の限りをつくしても、
いい役者になる可能性は海老蔵にはないのかな。

投稿: ケジボン | 2010/11/28 19:39

ケジボン さん:

傾くのは、舞台の上だけで十分だと思いますよ。

人気商売である限りは、自らの贔屓がどんなことを要求しているかに敏感でなければなりません。

投稿: tak | 2010/11/28 20:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/50148184

この記事へのトラックバック一覧です: 海老蔵のこと:

« Do you care for coffee, or tea? | トップページ | 庄内では雪が降ったらしい »