« 「きちんと聞くこと」 の効用 ―― アクティブ・リスニング | トップページ | 年賀状、手書きか印刷か »

2011/01/01

卯年のご挨拶

謹賀新年。元日は恒例の新年のご挨拶記事である。

まず、今年の年賀状は、こちら をご覧いただきたい。フィーチャーしたのは、幕末から明治にかけて活躍した歌川芳藤という浮世絵師の絵で、歌舞伎十八番の助六をウサギで描いている。刀を抜きかかる助六を、揚巻が袂の影で押しとどめる図。

まあ、こんな風に、今年は刀を抜くこともなく (もちろん比喩的な意味で) 平和に暮らしたいものという思いを込めたつもりである。

ちなみに卯年に関しては、Wikipedia に次のように出ている。(参照

「卯」 は 『史記』 律書によると 「茂」 (ぼう:しげるの意味) または 『漢書』 律暦志によると 「冒」 (ぼう:おおうの意味) で、草木が地面を蔽うようになった状態を表しているとされる。後に、覚え易くするために動物の兎が割り当てられた。なお、ベトナムでは兎ではなく猫が割り当てられる。

ふうむ、卯年って、草木が地面をおおい尽くす状態を表しているのか、昨年の 「寅」 というのが、春が来て草木が生え始めた状態を表すというのだから、なるほど、順を追っているものと見える。願わくは、本当にそんな風に豊かな年になってもらいたいものだなあ。

それにしても、ベトナムでは、ウサギ年じゃなくて、ネコ年なのか。そうなると、あの有名な昔話 (天帝のお招きをネズミがネコに知らせなかったってやつ) は、ベトナムでは通用しないってことになる。

というわけで、ことしもよろしく。

|

« 「きちんと聞くこと」 の効用 ―― アクティブ・リスニング | トップページ | 年賀状、手書きか印刷か »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/50430790

この記事へのトラックバック一覧です: 卯年のご挨拶:

« 「きちんと聞くこと」 の効用 ―― アクティブ・リスニング | トップページ | 年賀状、手書きか印刷か »