« 「方便」 を巡る冒険 | トップページ | 「おばんざい」 を巡る冒険 »

2011/02/16

洛南を廻る

仕事で神戸に来ている。仕事自体は明日なのだが、朝から入ってしまうので、前泊というわけだ。好都合なことに、今日は何の予定も入っていなかったから、朝から出て昼に京都で途中下車し、半日洛南を見物した。

初めは伏見稲荷とその周辺を廻ってみるつもりだったのだが、新幹線の中で急に思い立って醍醐寺に行きたくなった。豊臣秀吉が 「醍醐の花見」 をしたことで知られる桜の名所である。道順を調べているうちに、小野小町ゆかりの寺、随心院が近くにあると知り、話のタネに寄ってみることにした。さらに勧修寺も近いので、ものはついでと寄ることにした。

勧修寺は真言宗山階派の大本山。池のある庭がきれいだった。睡蓮の咲く頃はさぞ見事だろう。そこから歩いて10分ちょっと。随心院は 「小野小町ゆかり」 なんて言うから観光色の強いところかと思ったが、それほどではなく、結構落ち着いたいいお寺さんだった。ここも真言宗で善通寺派の大本山。

そこからさらに 10分ちょっと歩いて、醍醐寺。ここは真言宗醍醐派の総本山。今日は真言宗の大本山ばかり 3カ所も廻ってしまった。ここに着いたときには既に 3時を過ぎていて、醍醐三宝院の庭園を見る時間がなくなってしまっていた。

この醍醐寺、なかなかのもので、私はすっかり気に入ってしまったのである。霊宝館に展示された仏像は重要文化財のオンパレードで、国宝の五重塔、庭園もまた見事。本堂では 「五大力さんの法要」 が行われていたので、私もちゃっかりと混じって座っていた。ああ、今日は般若心経を何度聞いたことか。(写真は醍醐寺)

Cr110216

ここで 4時を回ってしまったので、伏見稲荷はもう時間的に無理かとも思ったが、iPhone で路線を調べてみると、1時間以内に着きそうなのである。それに関東より日没が遅いから、何とか暗くならないうちにたどり着けるかと、行ってしまうことにした。

5時過ぎに着いてみると、さすがに関西である。十分明るい。有名な千本鳥居もくぐることができた。なかなかのお稲荷さんである。

それにしても、京都というところは何度来ても、初めて見る世界遺産を訪ねることができる。奥が深すぎるところである。

|

« 「方便」 を巡る冒険 | トップページ | 「おばんざい」 を巡る冒険 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事を読ませていただいて
今年こそ,日帰り京都散策&カメラ撮影
を実行しようという気になりました

私は今、大阪に住んでいるので
そのメリットをじゅうぶんに生かさないともったいない

今年の冬は寒くて,外出もいやだったのですが
どうやら、日差しは春の気配ですね

投稿: alex99 | 2011/02/17 10:00

alex さん:

>今年こそ,日帰り京都散策&カメラ撮影
>を実行しようという気になりました

是非そうしてください。
写真を楽しみにしてます。

私なんか仕事で関西とか北陸に行くときは、スケジュールをやりくりして、できるだけ京都に寄るようにしてます。

30分で京都に行ける大阪人がうらやましい限りです。

投稿: tak | 2011/02/17 16:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/50889843

この記事へのトラックバック一覧です: 洛南を廻る:

« 「方便」 を巡る冒険 | トップページ | 「おばんざい」 を巡る冒険 »