« 不謹慎シンドロームで、お花見自粛? | トップページ | 経済がシュリンクしたら »

2011/03/28

原発事故に思う

あの地震以後、津波と原発事故のトリプルパンチで、まったく気が休まらない。誰と会っても皆、「精神的に疲れている」 という。とくに原発関連では、放射能という目に見えない驚異を相手にするのは、ほとんどの人にとっては初めての経験だから、どんな心持ちでいればいいのかわからない。精神的に疲れるのも仕方がない。

この原発事故関連で、今ある論調は大きく分けて 2つである。一つは 「起こってしまったことは仕方がないから、努めて冷静に受け止め、全力で対処しよう」 というもの。そしてもう一つは 「起こってしまったこと自体がほとんど人災であり、東京電力の欺瞞は許せない」 というものだ。

しかし、よく考えればこの 2つの論調は二律背反ではない。相容れないものではないのだ。「起こってしまったことは仕方がない」 という論調は、災害を最小限に防ぐために、とにかく冷静に対処しようというものである。「仕方がない」 のであって、東電を許そうというものではない。

そして、「これまでの東電の欺瞞は許せない」 という論調も、ただ東電を責めていればいいというわけではなく、やはり災害を最小限に防ぐための方策を求めている。

私はこの事故が最小限の被害で終息することを願いつつ、これらの 2つの論調が最終的に 「こうした事故を二度と繰り返さない」 という方向に向いてくれればいいと思っている。そのためには、これまでの東電の欺瞞をしっかりと糾弾し、福島以外の原発の安全性 (あるいは危険性?) をしっかりと検証することが必要なのはもちろんのことだ。

私は原発関係の友人がいるとはいえ、個人的にはずっと昔から 「反原発」 である。今ある他の原発も、できるだけ早く運転を停止してもらいたいと思っている。

ただ、すぐに原発をすべて止めろと言っているわけではない。それをしてしまっては、現実の生活が維持できない。できるだけ早く脱原発の道を用意してもらいたいと思っているのである。

こんなにも危険な原発がこんなにも増えてしまったのは、ひたすら 「効率がいい」 からである。ほかの発電システムに比べて、見た目のコスト効率がいいのだ。しかし何か起きたらご覧の通り、最悪のコスト効率になってしまう。

コスト効率が悪いと言われる太陽光発電だが、重大事故が起こらないだけ最終的な効率はいいはずだ。太陽光パネルが四国の面積だけあれば、日本中の電力需要はまかなえるという試算もある。

こうしたエコ・エネルギーへの転換をできるだけ急ぎつつ、原発は最終的にはすべて止めるという方向に行ってもらいたいと思う。

|

« 不謹慎シンドロームで、お花見自粛? | トップページ | 経済がシュリンクしたら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今回のレベルの原発事故は、安全神話を利用しているこの日本においては、いつかどこかで起こるしかなかったんじゃないかと思います。かなり反原発に偏りますが、まともな議論ができる環境になったということでしょうか。

個人的には、原発本体と同じくらい何万年も保管する放射性廃棄物の安全確保とコストが気になります。数万年って、土器の時代に原発があれば、廃棄物が現在も保管中じゃないですか?これが大丈夫だなんて、70、80年代の脳天気な21世紀像とレベルが同じに見えてしまいます。

投稿: fn.line | 2011/03/28 23:57

tak shonaiさんらしくもない、幼稚な意見ですね
東電の欺瞞とは、具体的に何を指すのですか?
東電は、事業者でオペレーターですが、設計者ではありません
福島原発は、震度5,津波の高さは4M弱という安全基準で設計されていますが、これは地震学者の意見を取り入れたものです
今回の事故の原因は、津波と言われてうますが、実際には、地震と津波の複合被害だそうです
マグネチュード9.5以上の耐震・津波設計は、建設コストが数倍になるそうです
コスト的に民間企業の事業としては成り立ちません
従って、すべての責任が東電にあるというのは間違いです
強いて言えば、国家・国民の責任

現実問題として
◆ 火力発電
◆ 水力発電
◆ 原子力発電
以外の発電方式は、その発電能力の規模からも、安定性からも、主流には全くなり得ません
だから問題なのです
火力は温暖化の問題で、限界がある
水力も、造れるダムはほぼ造り尽くした
太陽光発電のための四国規模のスペースが、この狭い日本のどこにあるのですか?
太陽光の無い夜間はどうするのですか?
だから現実的には原子力発電に依存せざるを得ない
国家ベースで、コストを覚悟して、安全度を高めるより無いと思います

投稿: alex99 | 2011/03/29 01:56

 太陽光発電は ピーク需要は賄えない事は alex99の意見通りはっきりしています。まさか、釧路湿原や鳥取砂丘を覆うわけにはいきませんし、雪に埋もれた冬場は全く発電しません。太陽光発電が、ある程度、効果がでるのは日照時間が長い西日本の太平洋岸だけですが、周波数が違うので東日本に電力は送れません。
 原子力が駄目なら、化石燃料に頼るしかありません。今まで、化石燃料からの脱却を国是としてきた日本のエネルギー戦略の先祖がえりです。ロシアの天然ガスが一番有力な選択肢でしょう。ガス会社が家庭で発電できる設備を出しています。
 これと、LED,蓄電池の開発、夏場はみんなバカンス、こんなところじゃないでしょうか。

投稿: basara | 2011/03/29 04:37

fn.line さん:

>今回のレベルの原発事故は、安全神話を利用しているこの日本においては、いつかどこかで起こるしかなかったんじゃないかと思います。かなり反原発に偏りますが、まともな議論ができる環境になったということでしょうか。

私もそう思います。

現状の原発推進派の論理は、今回のような事故が起こったときの対策の困難さととその莫大な費用を見積もっていません。

実際の原発は、不測の事態が起きたときには驚くほど「非効率」 で 「超高コスト」 だということが、今回の事故でわかったわけです。

ただ、福島原子炉のような旧式の炉をだましだまし使い続けざるを得なかったという事情の背後には、「ヒステリックな反原発派」 の反対によって新型の原子炉建設が阻害されたということもあるのは確実です。

ですから私は 「現実的な反原発派」 として、新型原子炉建設に闇雲に反対しているわけでもなく、長い時間をかけて脱原発の道を進むべきだと思っています。

投稿: tak | 2011/03/29 10:10

始めに、他人様のブログで長文失礼いたします。
自分でブログを開設する甲斐性がなくて(汗)。

原発やむなしというのが現実主義的な立場だとずっと思われてきたわけですが、ここへ来て原発推進もあまり現実的でなくなったというのが現実的な認識ではないでしょうか。
太陽光発電がコスト的にも出力特性からも主流になれないことや、現時点では製造に希少資源を必要としていることもはわかっているわけですが、多様なエネルギー源を発展させていき、NAS電池のようなクッションを用いてスマートグリッド化を進めることは、今後いかなるシナリオにおいても必要でしょう。
そういう観点から、私は地震の直前にtakさんが風力発電に対する疑問を呈しておられた時に、それでも電源分散のオプションの一つとして成長を見守るべきではないかとコメントさせていただいた次第です。
ちなみに、上で他の方がコメントされているように、大規模発電能力増強の主軸の一つは天然ガスで、もう一つは石炭です。脱硫装置や二酸化炭素回収技術の進歩により、結構現実性を増しています。中国は、7割が石炭火力です(もっとローテクな汚いやつがほとんどですが)。
あと、個人的には需要側の変化も期待してます。そもそも日本では長期的に人口が減少するわけで、これ自体需要減少要因です。また、高齢化社会のコストの増大を公的支出で支えるのは不可能であることから、福祉面での社会的要請から介護の非コスト化というか互助性を高めるべく非核家族化(家族の非核化?)とかハウスシェアリングみたいなライフスタイルが広がれば、同時に世帯数の集約、エネルギー消費の効率化も進むかもしれません。

投稿: きっしー | 2011/03/29 10:33

(連投すみません)
takさんの風力発電の記事へのコメントの中で、原子力を含む他の発電方式の「隠れた社会的コスト」という言葉を用いましたが、今般の事故は隠れた社会的コストが顕在化してしまったということだと思います。
災い転じて福となすというか、これで見えないコストも天秤にかけた理知的な議論が進むことを期待しています。その結果として原発を一部、あるいは以前にも増して活用していくと言う結論もあり得ますが、ちゃんとコンセンサスをつくらないといけないという状況になってきたこと自体は良いことではないでしょうか。
うまく回転している間は信じられないほど安価なサービスが供給されているように見えて、実は膨大なリスクが社会に拡散されているという意味では、原子力はサブプライムローンのと相似性があります。
サブプライムローンのオリジネーターのローン会社や、それを証券化商品としてパッケージしていた投資銀行に対して注がれたような怒りが今東電や原子力産業に向けられています。同時に、サブプライムローンの借り手に対して我々が向けていた「上から目線」を今は我々地震が甘んじて受ける立場なわけです。
エネルギーって高くて当然ということでしょう、日本のような非資源産出国では。

投稿: きっしー | 2011/03/29 10:37

alex99 さん:

>東電の欺瞞とは、具体的に何を指すのですか?

今回の事態に関する十分な発表をしてこなかった、対策が後手後手に回ったなど。

また、原子力行政、マスコミにおける過度な影響力発揮などです。

>従って、すべての責任が東電にあるというのは間違いです
>強いて言えば、国家・国民の責任

それはその通りです。
ただ、国民が責任を取ろうにも、それを保証するだけのまっとうな情報提供が行われてこなかったというのも事実です。

そこにはかなり政治的な事情のありますが。

>太陽光発電のための四国規模のスペースが、この狭い日本のどこにあるのですか?

太陽光パネルは薄いものですから、専用スペースが必要というわけではありません。
既存の設備に重ねて、至る所に分散して設置可能です。

建物の屋根、外壁、ガラス自体を太陽光パネルにしてしまう技術は今でも十分利用可能ですし、道路をパネルにしてしまう技術も開発中です。

少なくとも大規模事業所はそれなりの太陽光発電設備を設置して、昼間のピーク時のエネルギー需要の一定の部分を自分でまかなえるようにし、休日の発電分は買電できるようにするというインセンティブを作ることが必要と思います。

そのインセンティブは今でもなくはないわけですが、東電の利益と相反するためか、なかなか大きく展開することができないでします。

>太陽光の無い夜間はどうするのですか?

言うまでもなく、既存の発電所からの電気を使うことになりますね。

私は「太陽光パネルが四国の面積だけあれば、日本中の電力需要はまかなえるという試算もある」とは書きましたが、これは計算上の話で、太陽光エネルギーの活用はほとんどと緒に就いたばかりということを示す材料です。

実際に全ての発電を太陽光でやるべきだとは言っているわけではありません。

現状では、原発にかなりの比率で依存せざるを得ないのは確かなことです。

ですから、私は 「現実的反原発派」 として

「ただ、すぐに原発をすべて止めろと言っているわけではない。それをしてしまっては、現実の生活が維持できない。できるだけ早く脱原発の道を用意してもらいたいと思っているのである」

と本文で書いている通りです。

既存原発の安全性確保を行いつつ、脱原発の技術開発と商用移転を急ぐべきだと言っているのです。

>国家ベースで、コストを覚悟して、安全度を高めるより無いと思います

これに関しては同感でして、fn.line さん のコメントへのレスで、

"ただ、福島原子炉のような旧式の炉をだましだまし使い続けざるを得なかったという事情の背後には、「ヒステリックな反原発派」 の反対によって新型の原子炉建設が阻害されたということもあるのは確実です。

私は 「現実的な反原発派」として、新型原子炉建設に闇雲に反対しているわけでもなく、長い時間をかけて脱原発の道を進むべきだと思っています"

と書いたとおりです。

投稿: tak | 2011/03/29 10:38

きっしー さん:

>原発やむなしというのが現実主義的な立場だとずっと思われてきたわけですが、ここへ来て原発推進もあまり現実的でなくなったというのが現実的な認識ではないでしょうか。
>太陽光発電がコスト的にも出力特性からも主流になれないことや、現時点では製造に希少資源を必要としていることもはわかっているわけですが、多様なエネルギー源を発展させていき、NAS電池のようなクッションを用いてスマートグリッド化を進めることは、今後いかなるシナリオにおいても必要でしょう。

まさに私の言いたかったことを補完していただき、ありがとうございます。
>そういう観点から、私は地震の直前にtakさんが風力発電に対する疑問を呈しておられた時に、それでも電源分散のオプションの一つとして成長を見守るべきではないかとコメントさせていただいた次第です。

う~ん、私はエコ・エネルギーと言われる中で、風力発電だけはかなり疑問です ^^;)

小規模に展開し続けることで、将来的にまともに使える技術になることは期待できるので、全廃しろとはいいませんが、今のレベルで商用移転を急ぐべきではないと思います。

>個人的には需要側の変化も期待してます。

低エネルギーのライフスタイルというのは、十分可能でしょうね。

>うまく回転している間は信じられないほど安価なサービスが供給されているように見えて、実は膨大なリスクが社会に拡散されているという意味では、原子力はサブプライムローンのと相似性があります。

なるほど、その通りですね。今後の検討における重要な視点となるでしょうね。

投稿: tak | 2011/03/29 10:49

繰り返しますが
化石燃料・原子力以外の
太陽光発電・地熱発電・潮力発電、等々、それらは能力的にも微少で不安定で、大規模発電などとても不可能
しかも基本的に未来商品です
太陽光パネルを全国至る所に分散設置?
送電線網のコストと電力衰減が膨大で、小規模な「地産地消」ぐらいが可能ですが、大規模には実用になりません

◆ 現在、実用になって居ないものを、あたかも技術開発がすぐに出来るかのごとく言うこと
◆ 原発の代替になり得るごとくに言うこと、
共に欺瞞です
◆ 希求することと、現実は違うのです
これらはエネルギー問題の初歩の話です

新規原発建設は、もう不可能でしょう
期間停電などで東日本での産業は当分、成り立ちません
西日本に主力を移すなど、現在の供給能力内での対策も考えなければ成りません


投稿: alex99 | 2011/03/29 12:12

>低エネルギーのライフスタイルというのは、十分可能でしょうね。

tak shonaiさん家が、一年中、停電でがまんすればね(笑)
現実に、そんなことは不可能でしょう


投稿: alex99 | 2011/03/29 18:02

alex さん:

>太陽光パネルを全国至る所に分散設置?
>送電線網のコストと電力衰減が膨大で、小規模な「地産地消」ぐらいが可能ですが、大規模には実用になりません

太陽光発電を広域に活用しようという発想は、私にもありません。

「地産地消」よりも小規模な「自家発電」レベルの話になるだろうと思います。

その辺りからの発想の転換が必要です。

投稿: tak | 2011/03/29 18:58

alexさん
太陽光発電が主流になれないことは重々承知ですが、それはそれで普及を進める必要がある、と一言擁護させてくださいな。
まず、送電網への投資の必要性ですが、これは今後どんなエネルギーミックス策を採るにしてもしても、スマート化を進めざるを得ないので、その範疇に納まるものでしょう。
普及に関しても、財政支出的に見れば比較的小規模なインセンティブで普及が進んでいることも事実で、これはそうした補助金が家計支出の呼び水となっていることを意味しています。乗数の高い財政支出は、単なる景気刺激策としてもそれなりの意味があるのではないでしょうか。
また、自宅に設置して売電をし始めると、たいてい自家消費を抑制しようとするものらしく、需要側への働きかけも期待できます。

ところで、今回の原発事故で判明した問題は、放射線や原発依存度の問題だけでなく、電源の集中度が高すぎることのリスクというのもあると思います。一ヶ所で数百万kwものキャパシティを持つ設備がアウトになると、厄介です。この点で、しかし、原子力発電所は分散が解決策にならないという特性があります。500万kwの原子力発電所を一つ造ることと比べると、100万kwの原子力発電所を五ヶ所に造るのは、供給能力に関してはリスクを1/5に引き下げたと言えますが、地震や津波による今回のような事故の確率は5倍に上昇するということになります。電力会社にとっては、地元対策も5倍。
もっと言えば、今回の事故の巻き添えで他地方の原発も定期修理等のための停止から再稼動できなくなっているので(九州の玄海発電所、新潟の柏崎刈羽)キャパシティ的な観点からも、実質的に分散効果はなくなっています。

まあ、どのみち八方ふさがりで、気長に行くしかないので、ちょぼちょぼやりながら、その間の技術発展の恩恵を受けていきましょう!

投稿: きっしー | 2011/03/29 19:04

basara さん:

すみません、レスしそびれてました。

>太陽光発電は ピーク需要は賄えない事は alex99の意見通りはっきりしています。まさか、釧路湿原や鳥取砂丘を覆うわけにはいきませんし、雪に埋もれた冬場は全く発電しません。

これは alex さんのコメントへのレスで書いたとおり、太陽光発電は「自家重要をまかなう足しにする」という発想だと思います。

これで大規模発電するなんて、誰も考えてません。

太陽光発電が、ある程度、効果がでるのは日照時間が長い西日本の太平洋岸だけですが、周波数が違うので東日本に電力は送れません。

西日本の太平洋岸だけというのは、誤解です。
実は山梨県が一番日照時間が長く、太陽光発電に向いているといわれています。

そのほかの地域でもかなりの効果が見込めます。

>原子力が駄目なら、化石燃料に頼るしかありません。今まで、化石燃料からの脱却を国是としてきた日本のエネルギー戦略の先祖がえりです。ロシアの天然ガスが一番有力な選択肢でしょう。ガス会社が家庭で発電できる設備を出しています。

家庭で発電するなら、わざわざ CO2 を出すよりも太陽光だと思いますがね。

>これと、LED,蓄電池の開発、夏場はみんなバカンス、こんなところじゃないでしょうか。

それは賛成です。

投稿: tak | 2011/03/29 19:04

要は、原発無しに、日本は、やって行けないという現実です
他の新技術による発電システムは、代替にはなり得ない
あと、20年は無理でしょう

そういう状況で、
◆ 反原発とか
◆ 新技術を開発しろとか
を言い立てるのは、単なる、自己満足、希求、願望
原発代替の選択肢となりえない
だから、今、それを言い立てても、意味が無いんです

今の選択肢は、下記ふたつしかないでしょう
1) 原発を廃棄して、停電を受け入れるか?また、その結果としての、日本経済の沈下を受け入れるか?
2) 原発の安全性を上げて、共生して行くか?


投稿: alex99 | 2011/03/30 00:25

 太陽光パネルを作る為にはたくさんの電気を必要とし、太陽光パネルの発電を考えても、あまりメリットがないと昔聞いたことがありますが、それは既に解決したのでしょうか。
 それに、東日本が、雨の日にはピーク電力は賄えません。問題になっているのは、ピーク電力であって、いくら太陽パネルを屋根に上げても、ピーク電力を賄えなければ代替の電力源が必要で、雨の日には動かす原子力か化石燃料発電が必要でしょう。日本は東西に長いので、日本中が雨という事は少ないけれど、東西で融通できない現状では、太陽光パネルを主力に位置づけるのは難しいと思います。
 風力発電は、低周波かなんかで健康被害が既に出ていると聞いた事がありますし、景観的にも戴けません。それに、風の吹かない日には役に立ちません。
 私はCO2で地球温暖化というのを あまり信じていませんし、地球温暖化しても、大したことじゃないと思っています。火力発電も技術開発で、CO2をあまり出さないようになっていると聞きますし、化石燃料の利用がコスト的に合うのであれば躊躇する必要はないと思っています。ただ、このコストが問題なのでしょうけれど。
 原子力はいろんな意見があると思いますが、もう立地は難しいんじゃないでしょうか。過剰な安全対策を取ればコストの優位もなくなるわけですし、すぐに廃止とはいかないでしょうけれど、老朽化した原発は廃棄してゆくしかないように思います。
 そうなると、日本経済をあきらめるかどうするかという事になります。私では解決策は難しい。やはり、夏場はバカンス。これしかない。

投稿: basara | 2011/03/30 04:13

きっしー さん:

再び、私の言いたかったことの補完、ありがとうございます。

投稿: tak | 2011/03/30 13:01

alex さん:

>要は、原発無しに、日本は、やって行けないという現実です

現状がそうであることは、明白です。

>他の新技術による発電システムは、代替にはなり得ない
>あと、20年は無理でしょう

じゃあ、20年後を目指して、今から準備をしましょうということです。

>原発の安全性を上げて、共生して行くか?

その 20年後までのつなぎとして、それは有効なことだと思います。

投稿: tak | 2011/03/30 13:04

basara さん:

>太陽光パネルを作る為にはたくさんの電気を必要とし、太陽光パネルの発電を考えても、あまりメリットがないと昔聞いたことがありますが、それは既に解決したのでしょうか。

装置を作るときに電力を使っても、その後に長期にわたって電力を生産できるのですから、差し引きすればいいのではないですか。

>問題になっているのは、ピーク電力であって、いくら太陽パネルを屋根に上げても、ピーク電力を賄えなければ代替の電力源が必要で、雨の日には動かす原子力か化石燃料発電が必要でしょう。

何度も繰り返しますが、太陽光発電の基本的コンセプトは、非常に分散化された小規模発電所です。

大規模の太陽光発電所を作って広域の電力需要をまかなおうなんて発想をしている人はいないと思います。

せいぜい自家需要の一定部分をまかない、少し余ったら売電しようという発想です。

それだけでも、電力会社の大規模発電施設の負担を大幅に軽減することができます。

きっしーさんのおっしゃるように、発電設備はこれほどまでに集中化する必要はないわけですから。

>私はCO2で地球温暖化というのを あまり信じていませんし、地球温暖化しても、大したことじゃないと思っています。

地球は放っておいてもいずれ冷却化に向かうという主張も否定できませんが、そこに至るまでの打撃はかなりのものになります。

ここでこれ以上の議論をしても不毛に陥ることがわかっていますので、避けたいと思います。

投稿: tak | 2011/03/30 13:19

余談ですが……
太陽光発電、以前は製造コストを取り戻すのに10年ないし15年かかるとかいわれてましたが、調べてみると最近は効率いいみたいですね。
概ね2年ないし3年のようです。どういう条件かまでは詳しく見てないですが。意外。
あとは資金・資源的に釣り合うのかという話になりますか。

産総研:太陽光発電研究センター 「ペイバックタイムについての公式見解(H19.7)」
http://unit.aist.go.jp/rcpv/ci/about_pv/supplement/supplement_1.html#note

投稿: ぺれ | 2011/03/30 17:29

ぺれ さん:

情報、ありがとうございます。

上記の basara さんの疑問にも答えられる材料だと思います。

投稿: tak | 2011/03/30 20:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/51242337

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故に思う:

« 不謹慎シンドロームで、お花見自粛? | トップページ | 経済がシュリンクしたら »