« 山の標高訂正と、生意気な木っ端役人 | トップページ | 蛙の鳴き声の不思議 »

2011/04/02

原発事故に思う その3 (サブプライムローンとの相似性)

今、日本で、いや世界でも一番関心を集めている地域の一つが福島県だろう。福島といえば、私の旧友 mikio さんが 「食工房」 というパン屋をしている。天然酵母でつくった自然のパンだ。そのおいしさは折り紙付きである。そして、食工房から分けてもらったのが我が家の天然酵母だから、ウチの自家製パンもけっこううまいのである。

食工房は福島県の中でも会津にある。今、原発が大問題になっている浜通からは 100km も離れている。だからそれほどの影響はないだろうと思っていたのだが、パンを焼く原料を地元福島産の信頼のおける小麦粉とライ麦粉でまかなってきた食工房としては、今後の原料入手を考え直さなければならない事態になっているようだ。

そればかりではなく、福島県全域の農業がどうなるのか、瀬戸際の状況になっているようなのだ。mikio さんのブログ、「飯豊の空の下から」 の 3月 26日付から少し引用しよう。

県は、県内全域の農家に対し、今年の作付けを当面延期するよう要請したのです。
そしてその間に、土壌の汚染状況を分析してデータを公開し、それを元に各農家で判断して営農計画を立てることを求めています。

それはそれとして会津の場合、米はちょうど今種籾の準備を始める頃ですから、蒔くか止めるかまさに瀬戸際です。

分析結果が問題なくても、風評被害を心配して作付けを止める農家もあるでしょう。

もし今年の稲作が取り止めになって、広大な会津平(盆地)の田んぼに水が入らなかったら、一体どんな風景になるのでしょう・・・?

そしてきっと水が入らないことによって地温が上がり、夏の気候が一変するのではないかと思うのですね。(参照

100km 以上離れた原発の事故によって、ここまで深刻な影響が広がろうとしているのである。そうでなくても、去年収穫した米まで、福島県産というだけで売れ残るという馬鹿な風評被害が広まりつつある。

それでも mikio さんは東電を一方的に責めることはない。「でもそれは、もしもの時の可能性として、当然私たちが覚悟しておかなくてはならないことでした」 と書いている。さらに翌日は、「原発を止められなかったのは、他の誰でもない私たち全員の責任だということを、自覚しなくてはならないと思っている私です」 と書いている。(参照

この視点は重要である。原発に賛成・反対に関わらず、これまで日本人のほとんど全員が、原発で発電した電気の恩恵を被ってきたのだから、単純に東電を責めればいいというわけではない。我々全員が自分自身の暮らしぶりを顧みることから始めなければならない。

そして mikio さんのブログで知ったのだが、平井憲夫さんという原発に直接関わってこられた方の書かれた 「原発がどんなものか知ってほしい」 という文章の全文を、ネットで読むことができる。内容はこれまで薄々知っていたこともあれば、まったく初めて知ることもあった。

長い文章だが、リンクをクリックして読んでみることをお勧めする。立場が原発推進にしろ、反対にしろ、とにかく実態を知ることから始めなければならない。そしてこれを読んだ私としてはやはり、「原発は最終的にはすべて止めるという方向に行ってもらいたい」 と繰り返したい気持ちになったのである。

【4月 4日 追記 = 注: 「原発がどんなものか知ってほしい」 という文章は、ネット上では賛否両論あるようで、すべてが正確なデータに基づいているというわけではないようです。ただ、総論的には私がこれまで調べて知っていたことと大きな矛盾はなく、さらに今回の福島原発事故の推移をみるにつけ、実情をうかがわせるに十分と思わされる箇所もあります。さらに詳細的には、こちら を参照されて判断していただきたいと思います】

私の 「原発事故に思う」 と題した最初の記事に、きっしーさんが次のようなコメントをつけてくれた。

うまく回転している間は信じられないほど安価なサービスが供給されているように見えて、実は膨大なリスクが社会に拡散されているという意味では、原子力はサブプライムローンのと相似性があります。

まさに今、それが破綻した状態を見せつけられているのである。そして、たとえ地震や津波などの災害がトリガーにならなくても、原発は大きなリスクを年々蓄積していて、その危険な後始末を先送りして子孫に委ねているだけなのだ。

|

« 山の標高訂正と、生意気な木っ端役人 | トップページ | 蛙の鳴き声の不思議 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「原発がどんなものか知ってほしい」読んでみましたが、なんだか胡散臭さがぬぐえません。。
これも我が身の不徳という気がしますが……いやはや。

中性子線ってそんなに外に出てくるものなのか、とか、冷却用の海水にそんなに放射線が検出されるものなのか、とか、そのあたりが気になります。

投稿: ぺれ | 2011/04/04 12:37

こんなのありました

http://www.faireal.net/articles/6/12/

投稿: 好位置 | 2011/04/04 14:44

ぺれ さん:

好位置 さんの紹介してくださっているサイトがかなり参考になりますね。

投稿: tak | 2011/04/04 16:38

好位置 さん:

情報ありがとうございます。

まださっと流し読みしたばかりですが、いい情報だと思います。

投稿: tak | 2011/04/04 16:40

好位置さん

情報ありがとうございます。
ほっとしました。
あまりにエキセントリックな表現が見られたもので(^^;


takさん

論旨よりも枝葉を見てしまう癖、これを自覚しながらも、なかなかこれが、どうにも難しいもので。。

投稿: ぺれ | 2011/04/04 18:55

ぺれ さん:

実は私もほっとしました ^^;)

投稿: tak | 2011/04/04 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/51271779

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故に思う その3 (サブプライムローンとの相似性):

« 山の標高訂正と、生意気な木っ端役人 | トップページ | 蛙の鳴き声の不思議 »