« 来月初めに品切れでさえなければ、iPad 2 を買うぞ! | トップページ | 気が付けば、初夏になりかけている »

2011/04/30

「寄付金額を自慢する」 ということ

今日は仕事で福島の三春まで行き、帰り道はカーラジオで TBS の 『考えるラジオ』 という番組を聞きながら、ゆっくりと運転してきた。こんなテーマの番組だった。

"寄付金を自慢することを考える"

「寄付」 について考えます。
まず、あなたは、働いています。先日、自分の職場で、東日本大震災をめぐる義援金の話題になったと考えてください。

その話題の中で、あなたの一人の同僚が、今回、かなりのお金を寄付したことを明らかにして、さらには具体的な金額まで披露しました。あなたも、本当は寄付を行っていたのですが、そのことは敢えて明らかにしませんでした。彼は、それ以降も、職場で今回の寄付について、たびたび自慢しています。

さて、そこで問いかけます。そんな職場の同僚に対して、

あなたは、「自慢はやめた方がいい!」 と言ったほうがいいのでしょうか?
それとも、「自慢くらいいいのでは」 という気持ちでいるべきなのでしょうか?

あなたが考える 「自分の正しい行い」 について、ぜひ理由とともに教えてください。

この番組のホストである鈴木おさむ氏の意見としては、「自慢については、正直気に触ることもあるかもしれないが、それが周囲の人に、もっと寄付しなければいけないと気付かせることもあるのだから、いいんじゃないか」 というのがベースだったように思う。ところが聴取者からは、意外なほど多くの反対意見が寄せられていた。

「寄付するのはいいが、金額まで明かして自慢するのはよくない」 と思っている人が、かなり多いことに、私も驚かされた。ただ、多くの反対意見は "あなたは、「自慢はやめた方がいい!」 と言ったほうがいいのでしょうか?" という設問には直接答えていない。「いかがなものか」 「不愉快」 という感情論にとどまっていた。

印象に残ったのは電話で登場した某聴取者の意見で、彼の主張はかいつまんでいうと次のようなものだった。

孫正義氏のような、だれでも知っている人が金額を明かすのはいいが、自分も含めて無名の人間が寄付金額まで言うのは、どうかと思う。有名人の多額の寄付は売名行為だからいいが、無名の人間の場合は、アンフェアなのではないか。

正直なところ私は当初、この人が何を言いたいのかわからなかった。有名人が自らの寄付金額を明かすのは、 売名行為だからいいが、無名の人間がそれをやったら 「アンフェア」 だというのは、一体どういう意味なのだろう。「アンフェア」 というなら、彼の主張こそ、有名人と無名人の扱いに差を付けているだけアンフェアに感じられる。

そして彼の言う 「アンフェア」 の真意を無理矢理深掘りすると、次のようなことになるのではないかと思い当たった。

有名人がいくら金額を明かそうが、それは庶民の生活実感からかけ離れているので、プレッシャーにはならないが、身近な人間がちょっと大きな金額を吹聴したら、自分の寄付金額の少なさが意識されて、不愉快になる。要するに、「自分がみみっちく感じられるのは嫌だ」 ということで、そう感じさせる行為は 「アンフェア」 だ。

この考えの根底にあるのは、庶民はちょっとした金額を寄付すればいいというのが相場で、それ以上にがんばって必要以上に多額の寄付をして、それを吹聴するのは周囲に余計なプレシャーを与えるからよくないという、妙な 「横並び感覚」 なのではなかろうか。

これとは逆に、「多額の寄付をするのは、それだけで立派なことなのだから、素直に褒めてあげればいい」 という意見も寄せられていたが、多くは 「よくない」 という反応だったらしい。

私は 「ふうん」 というしかない。「100億円ポンと出しちゃう孫さんはすごいね」 とか、「1億円のイチローは大したものだね」 とか、「獲得賞金を全部出す石川遼クンはエライ」 とかいいながら、会社の同僚がちょっと思い切った寄付をして、それを吹聴すると、それは突然 「よくない」 ということになるのである。

「よくない」 という聴取者の中には、「この態度は 『上から目線』 だから、被災者にとっても不愉快なはずだ」 という意見もあった。しかし、上から目線だろうがなんだろうが、寄付はほとんど間接的に配分されるのだから、もらう金には色も味も臭いも付いてない。だから、出したヤツの品性なんてことは気にせずに受け取ればいいだけの話である。

ここまで考えて、「よくない」 と感じる人は、設問にある 「職場で今回の寄付について、たびたび自慢しています」 というのが気に触るのかもしれないと気付いた。要するに、自慢が過ぎたらうっとうしいということである。

それについては私も同感だ。いかにも恩着せがましく、くどくど自慢げに繰り返されたら、そりゃ誰だって 「いい加減にしろ」 と言いたくなるだろう。つまりそれは、寄付とか金額を明かすとかいうことよりも、「言い方の問題」 とか 「人間性の問題」 とかいうことになる。

「多額の金を寄付したのは偉いが、自慢たらしく言ったら、値打ちが下がる」 という範疇の、要するに 「美学の問題」 だ。「別にいいんじゃないか」 と反応した人は 「寄付したのは偉い」 ということをクールに重視したのであり、「いかがなものか」 と反応した人はやや情緒的に、「癪に障る」 と感じたのである。

仏教では 「布施」 (施し) に、「法施」 「財施」 「無畏施」 の 3種類あるという。それぞれ、「道を説く」 「物や財を施す」 「不安を取り除いてあげる」 というような意味である。そしてこの 3種類の中で 「法施」 が最上のものであるのだが、残り 2つも時と場合においてかげがえないほど重要だから、「財施」 である寄付も大変意義深いものである。

そして、これとは別に 「徳」 というコンセプトがある。布施によって、人間の徳が高まるのだが、それはこれ見よがしに吹聴して施すよりも、人に知られずとも粛々と行う 「陰徳」 の方が価値が高いと、一般的には考えられている。

これ見よがしだろうが、ひっそりとだろうが、前述のように受け取る方にとっては寄付は寄付で、別にどうでもいいことである。しかし、与える方にしてみると、あまり吹聴するとそれは人格的な修行にならないということだ。これについては、周囲は放っとくしかないだろう。

それを責めるのはややもすると、「他に与える」 という行為まで否定しかねないことになり、難しい。自慢したがる人は往々にして 「大したもんだねえ」 とヨイショしてもらいたいのだから、周囲が褒めることによって被災者が受け取る金額が増えるなら、プラグマティックな意味で OK である。

あとは、寄付した当人の人格がどうなるかという問題で、それはもうだんだん修行して、いろいろな気付きを得てもらうしかない。

もしランク付するとしたら、次のようになるかもしれない。

  1. できるだけの寄付をして、決して自慢しない。
  2. できるだけの寄付をして、自慢する。
  3. 寄付した人を褒めて、自分も少しだけ寄付する。
  4. 自分は少しだけ寄付して、吹聴する人を批判する (ちょっとセコい)。

「寄付を自慢するヤツを批判するだけで、自分ではなにもしない」 というのが、実は一番セコい。

|

« 来月初めに品切れでさえなければ、iPad 2 を買うぞ! | トップページ | 気が付けば、初夏になりかけている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます~
すばらしい!!!!
こういうことを考えたことが無かった。
何だか恥ずかしい
(自分も金額を言ったことがある)
その時は、相手がやったやったと言うから、
自分が何もしていないんじゃないよと
相手に伝えたかったから言ってしまった。

まだまだ修行が足りないですね69才だと言うのにね。汗

あっはっは、また言い訳してしまった~~~~汗


投稿: tokiko68 | 2011/05/01 08:24

こういうこと、どうでもいいことだと思います
日本人的だな~
大切なのは、寄付すること

寄付したことを「自慢する」・・・と言う言い方からして、すでにバイアスがかかっています
「自慢」?
そう評価すること自体が、私には、わからない
本当に!

黒い猫でも、白い猫でも、ネズミを捕る猫はいい猫でしょう?
金に色は付かないし
寄付したことを、せいぜい、「自慢」したらいいじゃないですか
いいことなんだから

それに、本当は寄付することなんか考えてもいなかった人達が、負けたくないと思って(笑)、寄付するかも知れないから

私事ですが
私は、女子バレーボールが好きなんですが、ファンである東レアローズの選手達が先日、大阪で街頭に立ち義援金を募った時、そこに行って、寄付してきました
五万円も寄付しました!
すごいでしょう?(自慢)(笑)
まあ、いずれ、何らかの形で、寄付しようと思っていた金ではあるんですが、こういういい機会が出来てうれしかった
アローズの主将が喜んで握手してくれました

好きなアローズの選手達をはじめて生で見られて私は大満足
選手や監督達も喜んでくれてよかったし
こんな形の義援金は、win win です


投稿: alex99 | 2011/05/01 11:36

tokiko68 さん:

>自分が何もしていないんじゃないよと
>相手に伝えたかったから言ってしまった。
それは「自慢」ってわけじゃないと思いますよ。

alex さんもおっしゃるように、大切なのは 「寄付する」 ってことなので、私は軽く考えてます。

むしろ放送を聞いて、金額を吹聴することに、日本人はそんなにも心理的抵抗感があることに驚いたクチです。

投稿: tak | 2011/05/01 12:55

疑問に感じていたけれど,深く考えてみたことはなかったです.
非常に勉強になります!

これは各々周囲の“寄付”ということの定義(価値?)の違いなんでしょうか.

つまり,“行為”(=良いことをする)なのか,
それとも”金額”(=お金をあげる)なのか.

個人的に著名な人の寄付に関してはその金額に目を奪われがちですね.
ただ庶民が故に100億円と1億円はどちらも凄すぎて想像ができません.

また金額を公表する意味を考えると,やはり寄付は金額という価値観をもつ人が多いのかもしれず,人物名のみの公表では,同様の評価には至らないような気がします.
しかし“行為”に価値を見いだす人にとっては,人物名でも同様の評価を与えるはずでしょう.

売名行為と受け取られやすい理由には本人或いはその関係先からの公表という方法にあるのではないかと思います.
寄付を受け取った側による公表ならば,外野がそのように騒ぐことがないのかな,専ら本人らは騒がれても気にも留めてないと思いますが.

個人的に“隠徳”の精神があるようなので,口外はしません.
したがって本人が自慢することに対しては違和感,するべきではない派です.

投稿: 紅いも | 2011/05/01 12:59

alex99 さん:

>寄付したことを「自慢する」・・・と言う言い方からして、すでにバイアスがかかっています
>「自慢」?
>そう評価すること自体が、私には、わからない

「寄付金額を自慢する」 というのは、「いつまでもくどくどと、さも恩着せがましく、嫌みったらしく、エラソーに吹聴する」 というレベルだと、私も 「自慢」 と感じると思いますが、そんな人は滅多にいませんよね。

alex さんの東レアローズ関連エピソードは、「自慢」 というより、「嬉しい達成報告」 ということと思っていました。

それにしても、5万円とは素晴らしいと思います。

私は、自分の家の食器がずいぶん割れて、玄関のタタキと土台にちょっとヒビが入り、地震のために仕事がいくつか吹っ飛んで、現金収入がちょっとピンチになるという、かなり軽微な程度の 「被災者のはしくれ」 なので、今回は寄付はしなくてもいいかなと思っていましたが、結局のところ、いつもの癖(?)で、ちょっとだけ募金しました。

alex さんの半額にも満たない額で、自慢になりませんが ^^;)

投稿: tak | 2011/05/01 13:03

紅いも さん:

>これは各々周囲の“寄付”ということの定義(価値?)の違いなんでしょうか.

>つまり,“行為”(=良いことをする)なのか,
>それとも”金額”(=お金をあげる)なのか.

わたしはそうした違いより、むしろ、「さらっと」 寄付するか、「いつまでもくどくどと恩着せがましく、自慢する」 かの違いだと思っています。

金額を公表するにしても、「さらっと」 公表するのなら、「自慢」ということに該当しないと思っていて、その金額が 100億円だろうが 500円だろうが、関係ありません。

金額をさらっと公表するのなら、周囲に 「俺も、もうちょっとがんばってみようかな」 と思わせる効果もあると思います。

>寄付を受け取った側による公表ならば,外野がそのように騒ぐことがないのかな,専ら本人らは騒がれても気にも留めてないと思いますが.

それ、神社仏閣の祭礼で、「○○株式会社様 拾萬円」 とか、「○山×太郎様 参萬円」 とか書かれた札を張り出すのと同じですね ^^;)

あれって、もらう側が 「くれる人の見得」 を刺激する巧妙な策略ということもできます。

>個人的に“隠徳”の精神があるようなので,口外はしません.

私も「自慢しない派」ですが、単に、自慢するほどの金額を寄付できないというだけのことです ^^;)

「俺、今回は100万円寄付したわ」 なんて、さらっと言ってみたいものだと思います。

投稿: tak | 2011/05/01 13:18

もう一度自慢したいと思います(笑)
私は、脱サラしてしまったので年金の額は少ないんです
その中からの五万円ですからすごいでしょう?
当分、一汁一菜の生活です(涙)

・・・と、本当は、まだ五万円に未練があるものより(笑)

投稿: alex99 | 2011/05/01 14:32

こんばんは~
私、
昔の日本人は、お金の事を口に出すのは
はしたないとされていた時代の女です。

母親となって、考えることもありました。
たとえば子供の教育などで、
アメリカの教育では、
「この家の仕事をしたら1ドルあげる」と、
子供に約束する親がいる、などと聞くと
ただもう、びっくりしたものでした。
徳育教育ではありませんね。


つい、先日、ほりえもんに、刑の確定がありましたけど、
ひところ、ほりえもんブームみたいになった時も
あんなにお金お金とお金を莫大にもうける人を
有難がって、大騒ぎするのは、どこか変だな
と、思っていましたが、
やっぱりね。です。
ちょっと
考えてみたいと思います。

お話がずれまくりですか?
tak_shonaiさん
ごめんなさいね。

投稿: tokiko68 | 2011/05/01 18:38

alex さん:

すごいです。太っ腹です!

そういえば、私も年金は少なそうです ^^;)

投稿: tak | 2011/05/02 06:20

tokiko68 さん:

ホリエモンみたいな人は、別にいてもいいんですけど、彼をありがたがる人間が周りにたくさんいたから、彼のマネーゲームも成立したんだなと思うのみであります。

私の隣りに彼がいたとしても、私はありがたがらなかっただろうなと。

(要するに、私はお金儲けが下手なだけですが ^^;)

投稿: tak | 2011/05/02 06:23

ちょっと逸れるかもしれません。
最近は、政府の横暴で、寄付金の相対的価値がかすんでいるような気がしています。

福島の小学校や、子どもに飲ませる水道水の放射線基準が、何十倍にも緩和されてしまっていて、大人の原発労働者のレベルになってしまっています(場合によっては労災レベルだとか)。

寄付よりも、こういう破滅的な政策に関心を持ち続けていくことのほうが、被災者の方々にとっても、意外に重要ではないかと感じたりしています。ちょっと横道でした。

投稿: fn.line | 2011/05/02 18:27

fn.line さん:

>福島の小学校や、子どもに飲ませる水道水の放射線基準が、何十倍にも緩和されてしまっていて、大人の原発労働者のレベルになってしまっています(場合によっては労災レベルだとか)。

母乳から放射性物質が検出されたニュースでは、「大人が飲む分には、害にならないレベル」 なんていうブラックジョークが出ましたが、「おいおい、大丈夫かよ」 と言いたくなりますね。

投稿: tak | 2011/05/02 20:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/51537570

この記事へのトラックバック一覧です: 「寄付金額を自慢する」 ということ:

« 来月初めに品切れでさえなければ、iPad 2 を買うぞ! | トップページ | 気が付けば、初夏になりかけている »