« 卵 6個の目玉焼きという贅沢 | トップページ | 放射線リスクが煙草のリスク並みだというなら »

2011/05/29

RealPlayer が Baidu IME とつるんだらしい

昨日、いつものように PC を立ち上げて日本語入力を開始したところ、何だかおかしい。「あぁ、また MS-IME のやつが起動したな」 と思って画面右下をみると、なにやら見慣れないアイコンが出ている。何かと思ったら、Baidu IME だという。

中国の Baidu (百度) が日本語 IME まで開発したとは聞いていたが、そんなのをインストールした憶えはない。よく調べてみると、RealPlayer をアップデートすると、セットでインストールされてしまうらしいのだ。

そういえば、近頃は RealPlayer なんて使うことは滅多にないのだが、先日アップデートの知らせが出たので、つい惰性でやってしまったのだった。その際に、Baidu IME をインストールするかと聞かれるらしいのだが、私の記憶ではそんなことを聞かれた憶えはない。それとも、ついうっかり 「OK」 をクリックしてしまったのかなあ。おかしいなあ。

それに、たとえうっかりインストールしてしまったにしても、デフォルトの ATOK をさしおいて勝手に起動してしまうというのは気に入らない。頭に来て、RealPlayer ごとアンインストールしてしまった。さらば RealPlayer。二度と来るな Baidu IME。両方ともどうせ、一生使うことなんてないだろうし。

それにしても、どうしてまた米国の RealNetworks 社が中国の Baidu とつるまなきゃいけないんだ。どんなメリットがあるというのだ。こちらとしては、せっかく ATOK をここまで飼い慣らして快適に使いこなしているのに、何が悲しくて Baidu IME なんてものを使わなければいけないんだと思ってしまう。

こんな馬鹿馬鹿しいオペレーションをしていたら、RealNetwork 社の自殺行為ではないか。貧すれば鈍するとはこのことである。

|

« 卵 6個の目玉焼きという贅沢 | トップページ | 放射線リスクが煙草のリスク並みだというなら »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/51803021

この記事へのトラックバック一覧です: RealPlayer が Baidu IME とつるんだらしい:

« 卵 6個の目玉焼きという贅沢 | トップページ | 放射線リスクが煙草のリスク並みだというなら »