« 「できない理由」 は、やりたくなければいくらでも見つかる | トップページ | 原発は経済問題である以上に哲学的問題である »

2011/06/20

菅さんの 「一点突破」 は、これで消えた

菅首相が昨日、インターネットを利用した 「自然エネルギーに関する国民対話」 で、定期検査などで停止中の原子力発電所を再稼働させることについて、理解を求める発言をしたのだそうだ。

この人、本当にアピールが下手くそだ。脱原発の方向を定めて、シングル・イシューで一点突破するつもりなのではないかと思わせるような発言をしていたからこそ、小田島隆さんあたりも 「卓袱台返して菅笠ひとり旅」 という記事で 「面白そうだ。私は乗るつもりだ」 とまで書いておいでなのに、自らそれを裏切るようなことをあっさりと言う。

周囲に何の配慮もなく、いけしゃあしゃあと 「脱原発」 を言い出せる政治家は、与党内では菅さんぐらいのものだろう。というわけで、ちょっと前までは 「さっさと辞めてくれよ」 と思っていた人でも、脱原発で一点突破を図るつもりなら、ちょっと乗ってみてもいいと思った人もいるはずだ。

ところがこんなふうに、自分で盛り上げておいて自分で水をさすようでは、乗ってみようと思っていた人まで腰砕けになる。「自然エネルギー法案」 の推進で、菅さんと握手しまくって感激していた孫正義さんは、どんな顔をしていいかわからなくなっているだろう。

これでもう、一点突破できる要素はなくなった。さっさと辞めてもらうしかない。昨年夏の参院選直前に、わざわざ消費税率アップを言いだして墓穴を掘った人だから、しょうがないと言えばしょうがないが、どうにも味方を作れない体質のようだ。

個人的には 17日の 「マス・ヒステリーよりは、少しは冷静に始まっていること」 という記事で、「私は菅さんの思いつきよりもむしろ、民間の風向きの方に期待している」 と書いたとおり、あの人への思い入れはあまりないから、「ま、こんなもんか」 と思うばかりだが、かなり失望した人もいるだろうなあ。

|

« 「できない理由」 は、やりたくなければいくらでも見つかる | トップページ | 原発は経済問題である以上に哲学的問題である »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

諫早湾の堤防を今すぐあげろ!

モヤシは風評被害。(ワシワシ喰う)

なんてやってただけに、パフォーマンスを剥奪されちゃっただけに、行動派のイメージまで封殺された感(菅)があります。


この方は、No.3ぐらいが楽しかったのかも知れません。

No.2が適所の小沢さんで…。


あれ?No.1は、誰なんだろう?

投稿: 乙痴庵 | 2011/06/20 21:06

乙痴庵 さん:

>あれ?No.1は、誰なんだろう?

わはは (^o^)

投稿: tak | 2011/06/20 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/51995822

この記事へのトラックバック一覧です: 菅さんの 「一点突破」 は、これで消えた:

« 「できない理由」 は、やりたくなければいくらでも見つかる | トップページ | 原発は経済問題である以上に哲学的問題である »