« 「朝間 (あさま)」 「夜間 (よんま)」 という庄内弁 | トップページ | エアコンを使わない夏 2 »

2011/07/07

日本マイクロソフトの新年度方針から見えてくること

日本マイクロソフトが昨日、2012年度経営方針を発表した。私としては、MS はもうビジネス向けに注力して、コンシューマー向けには余計なことをしないでもらいたいと思っているのだが、新年度は 「デバイス/コンシューマー」 が大きな柱となるんだそうだ。やれやれ、個人消費者と中小企業は、またしても余計な面倒を強いられるのかなあと、一瞬思った。

ところが、そうでもないらしい。何しろ OS の新バージョン Windows 8 への言及がない。いや、もしかしたら少しは触れたのかもしれないが、記事にするほどの重要性がなかったということなのかもしれない。いずれにしても、Windows 8 は 2011年末から 2012年頃になるものと言われているのに、今回の発表ではほとんど触れられていない。

MS としても、OS の頻繁なバージョンアップには市場が嫌気をさしていると見て取ったのかもしれない。しかも、報道されている新バージョンのユーザーインターフェイスは、これまでとはずいぶん違ったものになるみたいで、ユーザーとしては期待よりもうんざり感の方が強く、OS が一服してくれる方が、逆にありがたい。

思い返せば、MS Office 2007 になった時のユーザーインターフェイスの大幅変更で、既存ユーザーはどえらく混乱した。Office ソフトの扱いに関してはベテランの私の作業効率が、一時的にビギナー・レベルにまで落ち込んでしまったほどである。

OS の初期画面が変更されたら、Office の場合以上の混乱になることは確実だ。これだけ普及したシステムの基本部分で、お気楽に大幅変更をされたら、自動車だったら命がいくつあっても足りない。

MS のいう 「デバイス/コンシューマー」 への注力は一つには、これまで消費者向け製品で縦割りだった OEM やリテールの事業を、新設の 「コンシューマー&パートナーグループ」 に統合するということのようだ。縦割りではそれぞれの部門のプッシュや小回りはきくが、全体として無駄なコストがかかりすぎていたのだろう。

要するに、OEM  と リテールの分野では、MS はやや守りに入ったということだ。アグレッシブに余計なことをしまくらないでもらいたいという私の観点からは、とてもありがたい。

一方で Windows Phone を筆頭に、PC、スレートPC、ゲーム機、などの分野で新たなチャレンジを行うという方針が強調された。Windows Phone は iPhone や Android に比べて大幅に出遅れているが、何とかなると思っているようだ。いずれにしても新分野では、PC の Windows みたいな圧倒的シェアを取ろうとは思っていないみたいなのである。

Windows Phone 7 については、「日本は PC とスマートフォンを両方作れるメーカーが多く、PC との連携で差別化を図れる」 と言っているようだが、このコンセプトは既に時代遅れだと思う。Apple は iOS の次期バージョンで 「PC フリー」 になると発表しているぐらいで、スマホと PC の連携を望むのは、一部のビジネス・ユーザーだけだと思うがなあ。

というわけで、マイクロソフトは徐々に 「圧倒的なジャイアント」 ではなく、「普通の大企業」 に変わりつつあるようなのだ。

|

« 「朝間 (あさま)」 「夜間 (よんま)」 という庄内弁 | トップページ | エアコンを使わない夏 2 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

Office 2007にいまだ慣れていない私です。 ヘルプがもっぱらオンラインになってしまったのが(またそのヘルプの使いにくいこと)一番の不満だったかな。 つい最近までIBMリサーチで仕事してたんですが、うちの部署はまだOffice 2003使ってます(爆)。 いまこれ、そのIBM支給のIBM ThinkPad T40(!!!)で打ってます。 これ、うそのような本当の話。

もう私用にはiPadでもメインにしてしまえばいいのでしょうが、最近ノートパソコンを買ってしまったので、Office 2010にしようかOffice 2007にしようかものすごく迷ってます。 仕事先が2007なので、うっかり数式とかが変更できなくなったらめちゃくちゃ面倒なので...

OSについては、新しくなるたびに設定を変えて古いインターフェイスっぽくしてしまう頑固なおばちゃんなのでした。 この「コンシューマー」は何もして欲しくないのであります。

投稿: めぐみ | 2011/07/08 02:56

めぐみ さん:

>Office 2007にいまだ慣れていない私です。ヘルプがもっぱらオンラインになってしまったのが(またそのヘルプの使いにくいこと)一番の不満だったかな。

Office のヘルプは、10回に 2回ぐらいしか役に立ちませんね ^^;)

ヘルプを参照するより、適当に見当つけてあちこちクリックしてみる方が、解決への近道だという気がしています。

IBM の ThinkPad というのが、なかなかいいですね。もちろん OS は XP なんでしょうね。

>OS については、新しくなるたびに設定を変えて古いインターフェイスっぽくしてしまう頑固なおばちゃんなのでした。

その気持ち、とてもよくわかります。 

投稿: tak | 2011/07/08 14:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/52142247

この記事へのトラックバック一覧です: 日本マイクロソフトの新年度方針から見えてくること:

« 「朝間 (あさま)」 「夜間 (よんま)」 という庄内弁 | トップページ | エアコンを使わない夏 2 »