« 出張からの帰路 | トップページ | 紳助引退に関連して、私もちょっとだけ書いておく »

2011/08/28

したたかな謙虚さ

食工房の mikio さんがブログ 「飯豊の空の下から…」 の 8月 25日付で、「私たちが失ったもの・・・2」 という記事を書いておられる。もちろん、飯豊連邦を見上げる土地だから、福島のお話である。ちょっと引用してみよう。

この春のことですが、いつもなら山菜きのこなどが楽しみなこの季節、私も家族の者も、また伝え聞く限りの友人知人も、一切手を出しませんでした。
裏の杉林の中に伏せてあるほだ木には、シイタケがいつもにないほど沢山出ましたが、皆そのまま腐らせてしまいました。
こんな時の気持ち、お分かりになる方は沢山いらっしゃると思います。

花が咲いても、新緑がまぶしくても、その下に行って思いっきり深呼吸出来ないもどかしさ。
山の沢水を手ですくって口にすることも、もはやあり得ないことになってしまいました。

都会のど真ん中に住んでいて、自然と親しむなんて、テレビや絵本の中でしか経験のない人には、もしかしたらわからないかもしれない。あるいは、ちょっとした遠足程度でしか森の中に行ったことのない人にも、あまりピンと来ないかもしれない。

ここに書かれたような喜びを一度も得たことのない人にとっては、今回の原発事故では個人的には失ったものが少ないということなのかもしれない。

しかし、自然の中で自然の恵みを感じる喜びを知っている人にとっては、とても多くを失ったことになるのだ。本来ならば誰にも迷惑をかけずに享受することができたはずの、ほんの些細ではあるが、深い喜びにつながることが、得られなくなってしまったのだから。

そして実は、自然とともに生きる人にとっての損失は、普段は自然とは縁の薄い人にとっても、巡り巡っての大きな損失となる。それはまず、家庭の台所に響いてくるのだ。台所は暮らしを支える源の一つである。

今回の原発事故ではまだ 1人も死者が出ていないのだから、年間 1万人近くが死ぬ交通事故より原発は安全だという人もいる。しかし、死にさえしなきゃ安全だというのは、とても乱暴な言い方ではないか。それを言ったら、人は必ず死ぬのだから、生まれるほど危険なことはない。

ここで表現されているのは、電気をバンバン使って生産力を上げて、経済を強くして、いい暮らしをするのが幸せで、その幸せを支えるために、原発は必要だといったトーンの主張とは視点がかなり違う。

豊かな緑の下で安心して深呼吸ができること、自然の恵みをいただく喜びを味わえること、沢の水をすくって飲めること……。「いい暮らし」 をする幸せというのは、こうした喜びを失ってまで追い求める価値があることだろうかと、私は最近しみじみ思う。

もちろん、皆で 60年前の暮らしに戻ろうとか、電気も車もインターネットもない時代の方がよかったとか言うわけではない。ただ、持続可能な暮らしをするために、人間はもう少し謙虚にならなければならないというだけのことだ。

問題は、謙虚な存在は傲慢な存在に圧倒されてしまいがちだということである。だから、謙虚な存在は謙虚なりのパワーを持たなければならない。夢物語を語っていればいいというわけではないのだ。「したたかな謙虚さ」 という態度を、我々は身に付けなければならない。

例えば、太陽光パネルは寿命が来たら有害廃棄物になるとかいうような低次元の攻撃には、「リサイクルすればいいだけのことじゃん。寿命が来たら捨てるしかないと思う方が馬鹿じゃん」 と、ごく当然の反撃をするぐらいの武装はしておいても邪魔にはならない。

私がこの記事で書いた、夢見がちとも思われそうなロマンチックな感慨だけでは、持続可能な生活が実現されるわけがない。この記事のコンセプトを支えるには、科学技術を駆使する必要がある。エコ派というのは、科学技術を否定するようなナイーブな人たちというわけではないのだよ。

実際、mikio さんは工学系にかなり強いしね。

|

« 出張からの帰路 | トップページ | 紳助引退に関連して、私もちょっとだけ書いておく »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>問題は、謙虚な存在は傲慢な存在に圧倒されてしまいがちだということである。
>だから、謙虚な存在は謙虚なりのパワーを持たなければならない。
>夢物語を語っていればいいというわけではないのだ。>「したたかな謙虚さ」 という態度を、我々は身に付けなければならない。


すばらしい!!
私のこころしている生き方です。
何事もその生き方を考えています。
すてき!!


投稿: tokiko68 | 2011/08/27 20:57

tokiko68 さん:

なるほど。
朱鷺子さんはもう、板についているのかも。

投稿: tak | 2011/08/27 23:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/52581227

この記事へのトラックバック一覧です: したたかな謙虚さ:

« 出張からの帰路 | トップページ | 紳助引退に関連して、私もちょっとだけ書いておく »