« 都会の富士山 | トップページ | 父が杖を突いて歩く »

2011/08/10

暑さの 2番目のピークが来てしまった

酒田を午後 3時半に発って、高速道路を 400km 以上走り、10時半過ぎに帰宅した。何しろ夜中に近いので、つくばの自宅周辺は少しは涼しい風も吹き始めているが、娘たちの証言によると、日中はやばいほどの暑さだったらしい。

先月 24日に 「暑さのピークは過ぎてしまったようなのだ」 という記事を書いたが、そうは問屋が卸さなかったようだ。その前の 16日の生地で、"何しろ急速に 「温暖化」 が進んでいるので、お盆休みの前にしのぎやすくなるなんていうのは、甘すぎる期待かもしれない" と書いた通りになってしまった。うーん、くやしいなあ。

7月下旬の見通しでは、太平洋高気圧はしぼみ傾向で、これ以上発達することはないとみられていたのが、実はもう一度復活してしまった。やっぱり温暖化の威力は半端じゃない。明日はますます暑くなって、この辺りも体温以上の気温になりそうだ。行きがかり上、これまで通りエアコンなしで過ごしてみたいと思うが、さすがにちょっと厳しいかな。

それにしても晴れ男の私が離れたとたんに、故郷の庄内地方は大雨になるらしい。そして関東が体温以上の気温になるというのは、薬の効きすぎかもしれない。お盆過ぎには少しは涼しい風が吹き始めるのを期待しているのだが、どうなるかなあ。

とにかくお盆過ぎの私は、しばらく出張続きの旅烏になる。しかも旅先は京都とか名古屋とか、日本でも一番暑苦しい地域だ。少しは暑さが和らいでいてもらいたいんだがなあ。

|

« 都会の富士山 | トップページ | 父が杖を突いて歩く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めて書き込みます。本宅の方がまだ「知の海」だった頃からの読者です。発見?当時からコンテンツが潤沢で、赤信号のコラムなどには唸らされたものでした。
最近、ブログの方で展開されている、論理的で紳士的な脱原発論も溜飲が下がる思いで拝見しています。

というか…暑いですねえ。
自分は寒い方が好きなので、どうせ気候がバカになるのならなぜ寒冷化してくれないのかといつも思います。
NASAが発表した、太陽の「マウンダー極小期」の話を聞いた時はやっと寒冷化かと喜んだのですが、一方で「今後10年間の太陽活動は超活発である」などと真逆のことを言い出す学者も出てきてもうなにがなにやら。
多分温暖化が続くんだろうなあ…と諦めの境地で日々過ごしています。

ぼやいてしまいましたが、応援してます^^

投稿: イザナギ | 2011/08/11 02:18

イザナギ さん:

コメントありがとうございます。

>NASAが発表した、太陽の「マウンダー極小期」の話を聞いた時はやっと寒冷化かと喜んだのですが、一方で「今後10年間の太陽活動は超活発である」などと真逆のことを言い出す学者も出てきてもうなにがなにやら。

なにやら自然の周期でいうと、寒冷化に向かってもいい流れなんだそうですね。

ところが人工的要因が、自然の周期を上回る勢いで地球を暖め続けているということのようです。

お盆明けには少しは秋の気配がしてくれるように期待してますが。

投稿: tak | 2011/08/11 19:12

エアコンの稼動している建物から一歩出ると、すかさず「ジトッ」とくる名古屋勤めです。

「涼感肌着」の下で汗をかく、名古屋の帰途。

まっとるでなも。

投稿: 乙痴庵 | 2011/08/12 20:32

乙痴庵 さん:

実は、名古屋は久しぶりです。
3年ぶりぐらいかなあ。

前世紀末は仕事の関係で、ほとんど毎月名古屋に行ってましたが、実際に顔を出すのは一宮ばかりで、名古屋は駅前のホテルで寝るだけ。

そんなわけで、名古屋駅から離れたところは、ほとんど知りませんが、夏は暑くて冬は妙に風が冷たい感覚は、しっかりと印象に残ってます。

投稿: tak | 2011/08/12 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/52444016

この記事へのトラックバック一覧です: 暑さの 2番目のピークが来てしまった:

« 都会の富士山 | トップページ | 父が杖を突いて歩く »