« スティーブ・ジョブズに捧げる記事 | トップページ | 小沢さんの入院騒ぎで思ったこと »

2011/10/07

スティーブ・ジョブズに捧げる記事 その2

亡くなったスティーブ・ジョブズは、仏教徒だったのだという。禅に傾倒していたらしい。彼の価値観の根底にはカウンター・カルチャーがあったのだろう。プレゼンテーションにボブ・ディランの詩を引用したり、ビートルズのアルバム写真を使ったりしていたことからも、それがうかがわれる。

IT で生きてきたのだから論理を重視しないわけはないが、究極的には論理よりも直観を信じるタイプだったんだろう。道理で彼の開発したデバイスやコンセプトに惹かれるわけである。気が合いそうなのだもの。ああ、最初に買った PC が Windows マシンだったというのは、私にとって痛恨だった。Mac にしておけばよかった。

iPhone や iPad を日頃使い続けていると、「論理よりも直観」 というコンセプトの心地よさを感じるのである。近頃報道される Windows 8 とやらにうんざりしてしまうのは、MS の開発コンセプトが、元々自分には微妙に合わないものだったんだけれど、そのギャップがますます大きくなりつつあるのを感じるからだ。

Windows 8 では 「メトロ」 とかいうタッチパネル式にかなりシフトしたユーザー・インターフェイスが採用されるらしく、その点では Apple 寄りになっているようにも思えるが、どうみてもデスクトップに情報を詰め込みすぎだ (参照)。情報はあればあるほどいいだろうと思っているのかもしれないが、あれでは起動した途端にうんざりではないか。

MS Office 2007 以降のユーザー・インターフェイスをみても、ちっとも使いやすくない。MS としては、「こう変えた方が使いやすいはず」 と、かなり 「論理的」 に思っていたのだろうが、それが 「人間の直観」 とずれているから、いつも戸惑ってしまうのだ。彼らの考える 「効率」 というものは、大抵の場合、「心地よさ」 と一致しないのである。

だから、あれほどまでに使いにくいのだ。フツーのオッサンやオバサンが、何度教えてあげても操作を覚えられないのは、Windows の世界が、「IT の論理」 に従属しないと渡れない世界だからである。「人間の直観」 から、いつもずれているのだ。

私は面倒くさいのは死ぬほど嫌だが、効率の奴隷になんかなりたくない。効率を追いすぎると、かえってその前段階の手続きが、死ぬほど面倒くさいのである。

iPhone や iPad を使っていると、「IT の論理」 を 「人間の直観」 に近づけようとする意志が感じられる。効率とか論理とかいう視点からみると 「なんでこんなことをするんだろう」 というような、ちょっとした操作感が、実は人間の直観にマッチするから、使っていて心地良いというようなところがある。

その意味では、PC というデバイスはその初期においてはかなり Apple 的なものであったのだが、途中から極端に MS 的なものに変質してしまったのだろうと思う。初期の Apple のコンセプトは、むしろ iPad においてより高度に体現されているような気がするのである。

パソコンの世界に、意に反して MS-DOS と Windows で入ってしまった私に、死ぬ前に iPad というデバイスを提供してくれたスティーブ・ジョブズは、やはり私の友達である。

|

« スティーブ・ジョブズに捧げる記事 | トップページ | 小沢さんの入院騒ぎで思ったこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつも、いつもtak-shonaiさんが
スティーブ・ジョブズさんのことを持ち上げるから
私まで、夢に見るような気分になってます。
あああ、
何故
私は、windows98から入ってしまったのでしょうsad

投稿: tokiko68 | 2011/10/14 18:36

ですから、
スティーブ・ジョブズさんが亡くなったというニュースを
知った時、
まるで、心の友を失ったような錯覚に陥って、
悲しい気分になりましたよ。
つい、
ちょっと前まで、
名前も知らなかったのにね。

影響を受けやすい性格だこと!ほんと。(≧∇≦)

投稿: tokiko68 | 2011/10/14 18:40

tokiko68 さん:

私自身、元々 「Mac ユーザーであるべきだった」 とは思っていても、こんなにも Steve Jobs に共感を覚えるとは、iPhone と iPad を使い始めるまで思いませんでした。

スタンフォード大学でのスピーチも、リアルタイムで (じゃないか、スピーチ後のニュースで)、英文で読んだんですが、 そんなに感動した記憶もないんですよね。

彼の偉大さは、やっぱり彼の残したデバイスを使うことで最もよくわかります。

Apple の残党は、「こんな時、スティーブならどうしただろうか?」 と考えながらやってもらいたいです。

投稿: tak | 2011/10/14 20:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/52927594

この記事へのトラックバック一覧です: スティーブ・ジョブズに捧げる記事 その2:

« スティーブ・ジョブズに捧げる記事 | トップページ | 小沢さんの入院騒ぎで思ったこと »