« 年賀状に関する、ちょっと切ない他人事気分 | トップページ | 年賀状を書くことの負担と楽しみ »

2011/12/24

個人的 「クリスマス・ソング ベスト 10」

さて、今夜はクリスマスイブ。世の中はクリスマス・ソングであふれている。

で、クリスマス・ソングは数々あれど、中には大好きな曲もあれば、別に全然思い入れのない曲もある。というわけで、個人的な 「クリスマス・ソング ベスト 10」 というのを選んでみようと思う。

それぞれをクリックすると、一応私なりのこだわりバージョンが Youtube で聞けるので、お楽しみ頂きたい。

  1. The Christmas Song
  2. O Little Town of Bethlehem
  3. Happy Xmas
  4. Silent Night
  5. O Holly Night
  6. Amazing Grace
  7. Oh happy day
  8. Joy to the World the Lord is Come
  9. クリスマス・イブ
  10. Santa Claus is Coming to Town

ほとんど洋楽ばかりになってしまったが、クリスマスというイベント自体が舶来のものだからしかたがない。般若心経を英語で唱えてもピンとこないのと同じで、やっぱり日本語のクリスマス・ソングはお子様ランチ風に聞こえてしまう。

その中では、山下達郎の 「クリスマス・イブ」 は大健闘である。とはいえ、この曲はクリスマス・ソングというよりは、クリスマスにかこつけた悲しいラブソングみたいなものではあるのだが、まあ、いいだろう。

"Oh Happy Day" も厳密にはクリスマス・ソングとはいえないかもしれないが、ゴスペルでなければ表現できないこのノリを無視しては、私の中の 「クリスマスソング ベスト 10」 は完成しない。欠かせない曲である。というわけで、"Amazing Grace" もゴスペル・バージョンを選んでみた。

ベスト 3 は、これはもう、私の中では不動である。ジョン・レノンの "Happy Xmas" は、Rolling Stone 読者の選ぶクリスマス・ソング ベスト 10 では、トップに選ばれていた。ふむふむ、やっぱりそうなるよなあ。

ちなみに、定番中の定番、"White Christmas" が私のベスト 10 に入らないのは、好みの問題だから仕方がない。私がカラオケで "My Way" を歌わないのと同じ理屈である。

|

« 年賀状に関する、ちょっと切ない他人事気分 | トップページ | 年賀状を書くことの負担と楽しみ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

なんと、首位の1はまったく馴染みがないです……。7も知りませんでした。

2と3は私としてもこのへんの順位に来そう。

このリストにないものとしては、私は「First Noel」(まきびと羊を)が好きですね。
http://youtu.be/XgSAr2NMpZI

投稿: 山辺響 | 2011/12/26 11:41

山辺響 さん:

>なんと、首位の1はまったく馴染みがないです……。

えぇっというほど、驚き。
人間には、意外なエアスポットみたいなのがあるものですね。

この歌の最後の歌詞は泣かせます。

 そして、僕はシンプルなフレーズをささげたい
 1歳から 92歳の子どもたちに
 それはこれまでも、何度も、
 そしていろんな言い方で言われたことだけどね

  "Merry Christmas to you"

「1歳から 92歳の子どもたちに」 というのは、"ninety-two" と、最後の "Merry Christmas to you" で韻を揃えるための洒落た言い方で、要するに 「全ての人たちに」 ということなんでしょうね。

まあ、最近は 93歳以上の人も多くなってきましたが ^^;)

「First Noel」 は、「あ、そういえば、これもあったな!」 という感じです。
うっかり外してしまいました。
名曲です。

投稿: tak | 2011/12/26 19:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/53557327

この記事へのトラックバック一覧です: 個人的 「クリスマス・ソング ベスト 10」:

« 年賀状に関する、ちょっと切ない他人事気分 | トップページ | 年賀状を書くことの負担と楽しみ »