« Winny 開発者の無罪確定で、あれこれ思う | トップページ | 安めぐみさん、お気の毒だが、「20代で結婚」 じゃなかったのだよ »

2011/12/21

上田馬之助、逝く

プロレスラーの上田馬之助が死んだとのニュース (参照) を、私はある意味、キム・ジョンイルが死んだという以上の感慨をもって読んだ。

上田馬之助といっても、今の若い人はちっとも知らないかもしれないが、私のような力道山時代からのプロレス・ファンには、忘れられない存在である。あのタイガー・ジェット・シンとの極悪タッグで暴れまくっていた頃の印象は、なかなか渋いものであった。

上田馬之助は、一見派手な外見の悪役レスラーではあったが、若手時代は腕固めや脇固めなどの地味な関節技を得意とし、ガチンコではかなりの実力者だったと思う。「と思う」 としか言えないのは、その得意技で試合に決着を付けることは滅多になく、最終的には花形レスラーや外国人レスラーに負けて見せる役割に徹していたからである。

しかし、プロレスをきちんと見ている人はしっかりわかっているはずだが、プロレスで 「きちんと負ける」 には、それなりの実力がなければならない。とくに 「受け」 がしっかりしていないと、相手も怖くて見栄えのする技は仕掛けられないので、結果的に試合がしょっぱくなる。

観客がちゃんと興奮して満足して帰るには、負け役のレスラーがきちんとしたパフォーマンスをしなければならないのである。その意味で上田馬之助は、ちゃんとしたプロレスラーだった。もっと言えば、見る目をもった者が見ると、哀愁を感じてしまうほど律儀なレスラーだった。「何もそこまでしなくても」 と思ってしまうほどの、哀愁を漂わせていたのだ。

多分、上田馬之助は律儀すぎたんだろうと思う。極悪レスラーを演じても、タイガー・ジェット・シンほどにはその極悪キャラクターの中に入り込めなかったところがある。つい、何となく気配りをしてしまう。

「物狂い」 に徹しきれなかった律儀なレスラーに、心からの哀悼を捧げる。

|

« Winny 開発者の無罪確定で、あれこれ思う | トップページ | 安めぐみさん、お気の毒だが、「20代で結婚」 じゃなかったのだよ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく読んでます。
以前、リチャードホールという番組で、くりぃむしちゅーの上田が(多分苗字の一致とは関係なく)馬之助のモノマネをしてました。
上田は相方以上のプロレスファンなんです。
やっぱり本気のファンはわかってますね。

投稿: atmera | 2011/12/24 21:57

atmera さん:

今、ググってみたところですが、かなりコアなプロレスファンのようですね (^o^)

投稿: tak | 2011/12/25 00:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/53538155

この記事へのトラックバック一覧です: 上田馬之助、逝く:

« Winny 開発者の無罪確定で、あれこれ思う | トップページ | 安めぐみさん、お気の毒だが、「20代で結婚」 じゃなかったのだよ »