« 冷蔵庫と refrigerator | トップページ | 仕事より出世が好きな人種 »

2012/01/24

ありがとうございます/ありがとうございました

先日の TBS ラジオの「ラジオ寄席」は、死んだ十代目桂文治の特集だった。今年の秋に十一代目を襲名する桂平治が、スタジオで亡き師匠の思い出を語っていた。

文治師匠はチャキチャキの江戸っ子だけに、言葉遣いにはうるさい人だったという。「ありがとうございました」 という言い方を嫌って、「過去形じゃなく、ちゃんと 『ありがとうございます』 と現在形で言え」 と、常に言っていたそうだ。

そのくせ、その話をした帰り際に 「ありがとうございました」 と声をかけられた時に、自分も 「ああ、ありがとうございました」 なんて応えていたそうで、平治によれば、「その辺がウチの師匠なんですよ」 ということのようである。ちょっとおもしろい。

それでその番組の締めでは、パーソナリティーの浦口直樹が、「それでは今日はどうも、ありがとうございました……とは言っちゃいけないんだ。ありがとうございます」 なんて洒落ていた。

確かに感謝やお礼の言葉は、フツーは現在形で言うものである。何かしてあげたり、プレゼントを上げたりした時に、いきなり 「ありがとうございました」 と言われると、文治師匠じゃないが、「ああ、そうかい、それでおしまいかい」 と、そのまま帰ってしまいたくなったりする。

しかし、そればかりで硬直してはいけない。過去の好意に感謝するような時には、当然ながら 「その節はどうもありがとうございました」 などと過去形で言うのが自然である。過去形だからもう感謝してないというわけじゃなく、改めて再度のお礼を言っているのだから、十分ていねいなのだ。

それから、帰り際や別れ際など、そこで完了して自然なシチュエーションでも、「ありがとうございました」 の方が自然だ。これはいわば現在完了形である。完了形だからありがたさもそれで完了かというと、これも決してそういうわけじゃない。

先日のラジオ寄席の締めは洒落だからいいが、フツーの別れ際に 「ありがとうございます」 なんて言うと、やっぱりとって付けたようで、「あれ、まだ帰っちゃいけないのかな?」 なんて思ってしまう。

日本語ってのは、やっぱりいろいろと難しいところがある。

|

« 冷蔵庫と refrigerator | トップページ | 仕事より出世が好きな人種 »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/53813011

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとうございます/ありがとうございました:

« 冷蔵庫と refrigerator | トップページ | 仕事より出世が好きな人種 »