« 吉本隆明の死で思い出したこと | トップページ | 今日は 「精霊の日」 なんだそうだ »

2012/03/17

「未亡人」 という言葉は、かなりひどいよね

さっき何の連想ということもなしに、ふと 「そういえば 『未亡人』 って、ひどい言葉だな」 と気付いた。「未だ亡くならない人」 ということで、「本来なら夫が死んだら自分も死ぬべきなのに、生きながらえている人」 という言外の意味を含んでいる。そしてこれは、女性にのみ適用される言葉で、妻を亡くした夫を 「未亡人」 とは決して言わない。

未亡人と共通した意味で、「寡婦」 という言葉があるが、これには対のように 「寡夫」 という言い方がある。さらに 「やもめ」 という言葉に対しては 「やもお」 という言葉があることを、今日辞書を引いていて初めて知った。「家守り女/男」 というのが語源という説が有力のようだ (参照)。

ただ 「やもめ」 という言葉は古くからニュートラルな意味になったようで、男女を区別する時には 「男やもめ/女やもめ」 なんて言うこともある。「男やもめにウジがわき、女やもめに花が咲く」 なんて、「未亡人」 とは逆視点のひどい諺まである。

女性だけに使われる言葉として、他に 「後家」 というのがあるが、これは 「未亡人」 という言葉ほどのひどさは感じない。「後家のふんばり」 なんていうと、なかなか立派な女性のようなイメージが浮かぶ。

こうしてみると 「未亡人」 という言葉については、フェミニストでなくても 「あまりといえばあんまりだ」 と言いたくもなるではないか。ところが、試しに辞書 (Goo 辞書 = デジタル大辞泉) を引いてみると、次のようにある (参照)。

《夫と共に死ぬべきなのに、まだ死なない人の意。元来、自称の語》 夫に死別した女性。寡婦。後家。びぼうじん。

なるほど、元来は夫に先立たれた女性が自分を指して、一人称的な使い方をする言葉だったのか。「恥ずかしながら生きながらえております」 ってな意味合いを込めていたわけね。儒教文化に支配されていた頃の、まあ、後追い自殺しなくてもすむ免罪符みたいな言い方をしていたわけだ。

フェミニズムの視点でストレートに受け取れば、とんでもない言葉だが、ちょっとひねった見方をすれば、表向きには家父長文化が支配する中で女性が生き延びるための、かなりしたたかな言い方とみることもできるだろう。

しかしそのしたたかさというのは、自分で言う時に限って発揮されるものであって、自称として使う文化が廃れてしまった現在では、他人がそう言ったら、ちょっと気の毒ってなものだ。これからは、この言葉はあまり使わないようにしようと思った次第である。

|

« 吉本隆明の死で思い出したこと | トップページ | 今日は 「精霊の日」 なんだそうだ »

言葉」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
とっても面白い読み物ですね、ここは。

未亡人っていう言葉のニュアンスは
美しい女性を連想させられていましたが

《夫と共に死ぬべきなのに、まだ死なない人の意。元来、自称の語》

だなんて、ちょっとひどい。ぷりぷり!

でも、自称だったんですね~!
いまは、
他人が言います。
自分が言うと、偉そうにきこえますよね?
不思議ねぇ。
私、未亡人ですの・・なんて言ったら
自分がいかにも夫はなくなったけど、私って、美人でしょ?と、言っているような気がするんですがね・・・変ですね。うふふ


投稿: tokiko | 2012/05/21 13:32

tokiko さん:

>私、未亡人ですの・・なんて言ったら
>自分がいかにも夫はなくなったけど、私って、美人でしょ?と、言っているような気がするんですがね・・・変ですね。うふふ

いや、まさにそう聞こえます。私も (^o^)

投稿: tak | 2012/05/21 20:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/54241425

この記事へのトラックバック一覧です: 「未亡人」 という言葉は、かなりひどいよね:

« 吉本隆明の死で思い出したこと | トップページ | 今日は 「精霊の日」 なんだそうだ »