« ビッグ・データの限界は遠くないらしい | トップページ | エイプリル・フール・ジョークと 「笑いのツボ」 »

2012/04/02

日本は 「わびさび」 の世界でやっていく方がいい

先日、水戸方面での仕事の帰りに 1時間以上車を運転しながらカーラジオを聞いていると、某評論家 (とくに名を秘すわけではなく、単に誰だか忘れたので 「某」 である) が、最近の日本経済の舵取りについて大いに苦言を呈していた。

日本経済の舵取りの失敗は、製造業にこだわりすぎたことなのだそうである。うむ、それについては、私も半分は同感だ。

「半分」 というのは、製造業の中身によるということで、同じ製造業でも、周辺諸国が追いつこうにも追いつけない分野もある。そして日本でなければできない製造業を保持するには、ある程度すそ野だって広くなければならない。問題は、あまり重要でもない、つまり 「すそ野」 にもならない分野にしがみつく人が、今でも多いことである。

評論家氏のお説に戻ろう。じゃあ、日本はどうすればよかったのかというと、米国や英国のように、新しい産業にシフトすればよかったのだそうだ。英国は金融に、米国は IT にシフトして、経済の低迷から立ち直ったのだから、日本もそうすべきだったのだというのである。

それを聞いて、「おいおい、それはちょっと無責任な指摘だろうよ」 と、私は思った。金融と IT って、日本人が一番お下手で苦手な分野だもの。そっち方面にシフトしたところで、まともに成長できるわけがない。

そもそも、あの 「バブル経済」 とその後に続く 「バブル崩壊」 そのものが、日本人が 「金融方面へのシフト」 に雪崩を打った結果なのだということを、この評論家氏はまともに見ていないではないか。

バブル前夜、いろいろな経済セミナーに出ると、「財テクをしなさい」 という話ばっかりだった。大企業から中小、零細企業に至るまで、額に汗するばかりで非効率な仕事ばかりにこだわっていると、世界に取り残される。

今や 「金が金を生む時代」 なのだから、積極的に投資しなさい。土地を転がしなさい。株を転がしなさい。ゴルフの会員権を転がしなさい。そうして転がしているうちに金が生まれる。そんな話ばかりだった。そして評論家自身は、そうした投資よりは高い講演料とコンサル料で儲けていた。

というわけで、そうした話は慎重に行うべきだというような意見を述べようものなら、会議の机の下で周り中から脚を蹴飛ばされ、上司に呼び出されて 「余計なことをいうな」 と叱責され、苦労して書き上げた警鐘的なレポートをシュレッダーにかけられるという世の中になった。

中小企業の社長連中は、銀行のいうがままに金を借りて株を買い、土地を買い、ゴルフ会員権を買って、数年後にはそれがすべて紙切れになった。そして、それまで健全経営していた会社を潰すことになり、銀行は膨大な不良債権処理に追われた。

「だって、困っている時には金を貸してくれなかった銀行が、急に 『金ならある』 と断っても、無理矢理に金を貸そうとするんだもの。『使い道がない』 というと、株やらゴルフ場やらを紹介してきて、『これを買え』 と言う。言うとおりにした結果が、このザマだよ」

銀行の口車に乗って会社を潰した元経営者は、今でも嘆く。

つまり、バブル期からバブル崩壊に至る時期に、日本人は慣れない金融に踊りすぎ、大失敗して、徹底的に懲りてしまったのだ。後悔のあまり、「やっぱり額に汗して、地道に働くのが人としての正しい道なのだ」 ということになったのである。

そんなわけだったので、ライブドアも村上ファンドも、もうちょっと控えめにやればよかったのにあまり調子に乗りすぎたので、世間の抱いている 「悪者イメージ」 にぴったりと合致して、祭り上げられてしまった。日本中が金融で儲けるという話にそっぽを向き、それだけでなく、叩きつぶしたがっていたのだ。

つまり、従来の産業ではないニュー・カマーが経済をリードするという構造を確立しようとすると、寄ってたかって潰されたのである。こうした 「羮に懲りて膾を吹く」 という状態の日本経済に、「金融にシフトしましょう」 なんて言っても、聞かれるわけがなかったのである。

某評論家氏の言うもう一つの柱、「IT」 にしても、話が発端からおかしかった。そもそも IT というのは、余計なコストをカットして業務を効率化するためのもののはずが、日本の IT 業界は 「遅れてきたバブル」 という状態で、要りもしないシステムを企業に押しつけて余計な金を出させようとしたのである。

バブル末期に IT 屋の言うがままに過剰なシステムを導入したおかげで、維持費に四苦八苦している企業経営者が、「もうあいつらの口車には乗らん」 と思うのもしかたのないところで、日本の中小企業のほとんどは、IT 活用といえば、PC の最低限の利用にとどまっている。

おまけに、国策として IT 分野に補助金を出そうということになったおかげで、日本の IT 分野は余計な手続きに時間がかかるばかりで、機敏な動きができなくなった。そして単に補助金をもらいさえすればいいという思惑の企業が群がるばかりの世界になったのである。

要するに、金融と IT は、日本人がシフトしなかったというわけじゃなく、シフトしようとはしたが、やり方が徹底的にまずかったせいで、同じバブリーなイメージを抱かれてしまったのである。私に言わせれば 「納豆を食べれば痩せられる」 というのとほとんど変わらないファンタジーなのだ。そして結局は、受け入れられにくい業種になってしまったのだね。

私なんか、中小企業が本当に使える必要十分でコンパクトなシステムの提供こそが大切と思って、いろいろやったのだが、この 「バブリー・イメージ」 に邪魔されて、なかなか理解されなかったという経験をもつ。

ちなみに今は、額に汗して滅私奉公するというコンセプトの企業の元気がいいが、その多くは 「ブラック企業」 かそれに近い内情をもつ。これもまたやりすぎで、そのうちおかしくなる。現状に過剰に最適化しているから、現状が変われば合わなくなるに決まっている。ちょっと景気が改善しさえすれば、まず従業員がいなくなるはずだ。

日本はあまり余計なことをせず、しばらくは 「わびさび」 の世界でやっていく方がいいと、私は思っている。

|

« ビッグ・データの限界は遠くないらしい | トップページ | エイプリル・フール・ジョークと 「笑いのツボ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/54370771

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は 「わびさび」 の世界でやっていく方がいい:

« ビッグ・データの限界は遠くないらしい | トップページ | エイプリル・フール・ジョークと 「笑いのツボ」 »