« まともな春はまだか | トップページ | 英語はほとんどファンタジー »

2012/04/23

UFC 145 を見て

録画してもらっていた UFC 145 の試合を、今日ようやく見ることができた。この 2日間、忙しくてテレビ画面に向かう暇がなかったのである。

今回の目玉は、ライト・ヘビー級の元同門対決、ジョン・ジョーンズ対ラシャー・エバンズの試合だった。ジョン・ジョーンズはこれまで、ショーグンやリョートを呆気ないほどに葬ってきた、異次元と言われるほどの実力者。そのジョーンズに、兄弟子のエバンズがどう対抗するかが見物だった。

結論。さすが相手は実力者のジョーンズで、エバンズはようやく判定に持ち込んだが、大差で負けとなった。あの肘打ちはかなりのダメージとなったようだ。

それからウェルター級のローリー・マクドナルドという選手は、若干 22歳というのに、非常に理詰めで無駄のない動きをし、しかも力強さもある。近いうちにチャンピオンになるだろう。UFC のレベルは本当に上がった。

日本ではプライドがおかしくなって、K-1 もオールド・ネームの客寄せパンダに頼るシステムで見放され、格闘技が衰退してしまったというのに、米国では見事に進化している。しっかりとしたマネジメントで長期的な戦略を構築すると、こんなにもいい結果になるといういい見本である。

日本の格闘技は、結局プロレス体質が抜けずに、まともなマネジメントができなかった。まともなマネジメントができなかったために、技術の向上も果たせず、10年前のレベルで止まってしまっている。日本選手の UFC での無惨な戦績をみれば、それがよくわかる。

|

« まともな春はまだか | トップページ | 英語はほとんどファンタジー »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/54545567

この記事へのトラックバック一覧です: UFC 145 を見て:

« まともな春はまだか | トップページ | 英語はほとんどファンタジー »