« フィリップ・トルシエは蕎麦好きなんだって | トップページ | 芝居小屋の無駄な広さと、英語を学ぶ意味 »

2012/05/09

スーパームーンに毒づくにしても……

Twitter でいつも haiku (英語の俳句) を tweet してくれている @CoyoteSings さんの 5月 7日の作品が素敵だ。こないだのスーパームーンにちなんだ haiku で、こんなのである。(参照

stupid moon • so damn big and bright • when he's not here..

直訳すれば、「愚かな月 くそデカくて明るい 彼がここにいない時」 ということだが、五・七・五で翻訳するとしたら、「馬鹿な月 無駄に明るい 一人の夜」 というような感じになるだろうか。ちょっと艶っぽい。

だが、この haiku を無理に翻訳してみて、ちょっとした 「異文化的要素」 に気付いた。@CoyoteSings さんは、くそデカくて明るすぎる月に毒づいてはいるが、それは、恋人がそばにいないのに、無駄に明るすぎるということについて言っているのである。つまり、恋人と一緒に過ごす夜ならば、明るい月はむしろ歓迎なのだ。

しかし、これが日本の話となると、つまりちょっと三味線の音なんかが入ってしまうと、ちょっと感覚が違ってくるんじゃあるかいか。都々逸だったら、こんなふうなものになってしまうような気がする。

なんて無粋なスーパームーン 忍び逢ふ夜に主は来ぬ

あるいは

主の来ぬのはお前のせいよ 無駄に明るい今日の月

人目を忍んで逢う約束だったのに、えぇ、いまいましいねぇ、月が明るすぎて、愛しい男が通ってこれないじゃないかという、そういう視点から月に毒づくということになりそうなのである。

大きな月明かりの元で恋人とともに過ごすことがハッピーという文化と、三日月程度のほの明かりの下の忍び逢いにときめく文化。この違いはちょっとおもしろい。

|

« フィリップ・トルシエは蕎麦好きなんだって | トップページ | 芝居小屋の無駄な広さと、英語を学ぶ意味 »

比較文化・フォークロア」カテゴリの記事

コメント

あぁ、素敵な考察ですね。haiku的な月夜の解釈もアリですが、やっぱり私は日本的な風情のほうが断然好みです。

投稿: emi | 2012/05/10 02:59

emi さん:

ありがとうございます。

ぱっと明るい月と、ほの明るい月。
受け取り方にも違いがありますよね。

投稿: tak | 2012/05/10 15:32

俳句(日本文化)は、日本人の、小さい所に気づけそれで満足という、つつましやかさが見られ、ほぅっとなりますね(LOVE)。記事のでは、小さいところ(暗がり)のほうがより気づけられる、楽しめられるということでしょうかね。
いくつかのアイテムからいろいろ連想できるのも、小さいところに気づけるからこそ。あ~そんな日本が大好きだ。

しかし見誤らないようにしないと変てこりんになってしまうので、そこら辺をわかる詰まった人間になるよう、鍛錬しないといけないですね(・<)☆

投稿: BEKAO | 2012/05/10 17:32

うーん。
わたし、この英語のhaiku、とても良いと思いますけどねえ。

「お月さまのばか。あなたはどうしてそんなにノーテンキに輝いていられるの?わたしったら彼が来てくれなくてこんなに落ち込んでるのに」

みたいな感じでしょうか。

投稿: きっしー | 2012/05/10 20:29

スーパームーンですか。

ただいま一人暮らしのため、なんだか後からジワジワきてます。

都々逸なんか、鼻唄しちゃいました。

投稿: 乙痴庵 | 2012/05/10 21:33

BEKAO さん:

本日 10日付の記事に書いたように、母国語以外の外国語でもいけることの強み

「日本語思考のドツボにはまりすぎないで済んだり、逆に日本思考の素敵さが際立ってわかったり」

ということでしょうね。

投稿: tak | 2012/05/10 21:44

きっしー さん:

私のスタンスは、両方いいというところです。

Sweet と 粋 のビミョーな違いが、またいいです。

投稿: tak | 2012/05/10 21:46

乙痴庵 さん:

都々逸を歌ってもらえて光栄です (^o^)

七七七五 というのは、形式からして艶っぽいんでしょうかね。

投稿: tak | 2012/05/10 21:48

両方とも
すばらしい解釈ですね!
たのしいな~~~

投稿: tokiko | 2012/05/13 13:45

tokiko さん:

楽しいです。止められませんです (^o^)

投稿: tak | 2012/05/14 06:45

持て余す 明月ひとつ 独り者

みたいな感じでしょうか(永井荷風のパクリです(^^;)

投稿: 山辺響 | 2012/05/14 18:48

山辺響 さん:

スイカとどっちが大きいでしょうか (^o^)

投稿: tak | 2012/05/15 07:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/54670373

この記事へのトラックバック一覧です: スーパームーンに毒づくにしても……:

« フィリップ・トルシエは蕎麦好きなんだって | トップページ | 芝居小屋の無駄な広さと、英語を学ぶ意味 »