« Windows タブレットというものについて | トップページ | バイオミミクリーの可能性 »

2012/06/08

菊地直子のトレーナーがどうのこうのというお話

あの菊地直子御用達のトレーナーのメーカーに、問い合わせが殺到しちゃってるんだそうだ (参照)。確かに、公開された別人のように痩せた彼女の写真では、着用のトレーナーのブランド・ロゴがはっきり読み取れる。"SUNNY CLOUDS" というブランドで、「サニクラ」 として知る人ぞ知るという存在なんだそうだ。

手配写真ではぷっくり小太り気味だった彼女が、なんとすっかり痩せて、とてもスリムな体型になって現われ、その彼女が着ているというので、「このトレーナー、ちょっといいかも」 なんて思われてしまったのかもしれない。しかし、ぷっくりの人が着ても、ぷっくりのままだと思うがなあ。

気にかかるのは、この 「サニクラ」 のマーケティング効果である。「元オウムの人が着てたブランドなんて、着たくないわ」 という人もいれば、「痩せて見えるかもしれないから、私も欲しい」 という人もいるだろう。はたまた、「話のタネに、私も 1着」 なんて思う人も、結構いるはずだ。

いずれにしても、「知る人ぞ知るブランド」 から 「知らなかった人まで知っちゃったブランド」 というポジションに上がったというのは、確かなことだ。この私だって知っちゃったんだから、間違いない。長い目で見れば、「あの ……」 というレトリックで語られる存在になったということで、多少はプラスの効果があったということになるだろう。

世の中、何が幸いするかわからない。ただ、メーカーは馬鹿な問い合せに応えるという余計な仕事が増えて、困っているだろう。こういうのは問い合せる方にとっては一度きりのことでも、応える方にとっては何百回も何千回もということになるのだ。最初はちょっと興奮しても、もう相当うんざりしてしまっているだろう。

|

« Windows タブレットというものについて | トップページ | バイオミミクリーの可能性 »

世間話」カテゴリの記事

コメント

流石は、ファッション…、基、アパレル関係のオーソリティ!

比較的読みやすい写真(テレビ映像)、調べてみる方もいらっしゃったかと思います。

これまでの感覚とは違うと考えますが、あまり推奨されないサイド発の情報であれ、自身の信条に抵触しなければ受け入れるという感覚は、アタクシには受け入れられません。(変な言い回しすみません)

これは、「元覚醒剤夫婦」の昨今の報道でも、感じてしまうことです。


犯罪者の情報(スタイル)でも、テレビで頻繁に垂れ流されている情報であれば、それに乗っちゃう感覚は、いまだ健在ということですか…。

(すんません。今日も酔いちう…。)

投稿: 乙痴庵 | 2012/06/11 22:08

乙痴庵 さん:

サニークラウド側には非はなく、凶状持ちブランドってわけじゃないので、その意味では、一時の変な盛り上がりがさっさと過ぎて、たまには「あの……」で語られることもある「普通のブランド」に戻ってくれることを願っていると思います。

投稿: tak | 2012/06/12 19:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/54905924

この記事へのトラックバック一覧です: 菊地直子のトレーナーがどうのこうのというお話:

« Windows タブレットというものについて | トップページ | バイオミミクリーの可能性 »