« オリンピックへの無関心 | トップページ | 民主党の 「日本再生戦略」 »

2012/07/24

「気まぐれの 1度きり」 の怖さ

私は近頃、頭の薄くなった人や腹の出てきた人に 「頭、薄くなったんじゃない?」 とか 「お腹、出てきたんじゃない?」 とか、極力言わないように気を付けている。それは、言う方にしてみれば 「たった一度の発言」 だが、言われる方にしてみれば、「何十回、何百回」 となり、ボディ・ブローのように効いてしまうからだ。

事実、私がそうだった。40歳過ぎに急に太り始めた頃、会う人ごとに 「太ったんじゃない?」 と言われた。ほとんど毎日、10回以上言われるのである。10日で 100回、1ヶ月で 300回である。3ヶ月太りっぱなしだったら、1000回言われることになる。

これは効く。精神的にものすごく効く。マジでへこむ。あんまり言われるから、それがイヤになってさっそくダイエットに取り組み、半年で 10kg 減らした。その後すぐに 5kg ぐらいのリバウンドがあったりして、紆余曲折を経ているが、何とか 「太めの人」 という印象は与えずに済んでいる (と、信じる)。

というわけで、言う方にとっては 1度きりの気まぐれ的発言でも、積もり積もれば山となる式のことというのは、案外多い。

似たようなものに、ベストセラーというのがある。大して素晴らしいというほどのことでもない商品が、急に大ヒット商品になってしまうことがある。しかし、それは多くの人が 「1度きりのきまぐれ」 で、つい買ってしまったことの集積である場合が多い。

「1度きりの気まぐれ」 でしかないのだから、リピートはあり得ない。だから、単なるブームで終わるのがほとんどだ。ところが、そこに気付かない業者がコピーで儲けようとして、その頃にはブームが終わっているので、あっという間に在庫の山になるということが、過去に何度も繰り返されてきた。

実は、ベストセラーというもののかなりの部分が、この類であるということに気付かなければならない。だから私は、流行り物にはあまり飛びつきたくないと思っているのである。

|

« オリンピックへの無関心 | トップページ | 民主党の 「日本再生戦略」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ボディーブローかぁ~
私、この作戦で行ってみよう~
何かやさしい言葉をかける。
お年寄りの方々に(友人)
最近きれいになってきたけど良いことあるのね?とか・・
あっはははありがとうございました。

投稿: tokiko | 2012/07/30 11:04

tokiko さん:

それをボディブローにするためには、一人で何度も繰り返し言わなきゃいけませんね (^O^)

投稿: tak | 2012/07/30 21:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/55270443

この記事へのトラックバック一覧です: 「気まぐれの 1度きり」 の怖さ:

« オリンピックへの無関心 | トップページ | 民主党の 「日本再生戦略」 »