« 「照らす」 という日本語を巡る冒険 | トップページ | オリンピックとパラリンピックを同時開催せよという美しい議論 »

2012/08/02

NTT 東日本の 「雷防護アダプター」

先日、近くの某オフィスを訪問してそこの所長と話をしていると、事務担当の女性が来て、「あのう、NTT 東日本の人が来て、何だか、避雷針のようなものを無料で立ててくれると言ってるんですが……」 と言う。

避雷針を無料で立ててくれるなんてわけがなく、怪しいセールスかと思って私が対応してみたら、避雷針ではなく、「雷防護アダプター」 というのを無料で配っているので、設置させてもらいたいというのである。よく電気屋で 「雷ガード」 などの商品名で売られているタップに毛の生えたようなものだ。

無料で設置までしてくれるというので、やってもらった。別に隠しマイクとか爆弾とかを仕掛けた様子でもない。ウェブで調べたら、どうやら本当に NTT 東日本が、フレッツ光回線を導入しているところに無料で設置して廻っているもののようだ。(参照

NTT としては、落雷があるとあちこちから 「インターネットも電話も通じなくなった」 と苦情が来てどうしようもなくなるので、転ばぬ先の杖ということで、こんなものを設置して廻っているのだろう。無料で配っても、雷で軒並みやられてしまってから対応するよりはコスト的にも人員配備的にも有利とみているのかもしれない。

そう思っていたら、今日、NTT が我が家にも同じものを配りにやってきた。無料で設置までしてくれるというので、「いやいや、そのくらいは自分でやれるから」 と、受け取るだけ受け取って、帰ってもらった。

我が家は市販の雷ガードを既に導入済みである。6年前に 「落雷でパソコンが死んだ」 という記事に書いたようなことが起きて、それ以来、しっかりと二重にかませている。本当にすごい雷が至近距離に落ちたら、そんなものでは防ぎきれないというので、ほんの気休めとして、二重にしているのだ。

それで、今回もらったのもせっかくだからかませてみたので、これで三重になった。もしかしたら、結構な雷でも大丈夫かもしれない。

|

« 「照らす」 という日本語を巡る冒険 | トップページ | オリンピックとパラリンピックを同時開催せよという美しい議論 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/55336612

この記事へのトラックバック一覧です: NTT 東日本の 「雷防護アダプター」:

« 「照らす」 という日本語を巡る冒険 | トップページ | オリンピックとパラリンピックを同時開催せよという美しい議論 »