« 関西が熱帯化してしまったのだろうか | トップページ | 残暑がすごい »

2012/08/20

お伊勢さんの 「内宮」 「外宮」 の読み方

関西方面出張の帰り道、寄り道してお伊勢参りをしてきた。駆け足のお参りだったが、外宮、内宮、猿田彦神社、月讀宮を参拝できた。で、今日の話題は例によって、とても細かい話である。お伊勢様の 「内宮」 「外宮」 の読み方である。

お伊勢参りは、まず外宮を参拝し、その後に内宮にお参りするのが順序だとされている。外宮の正式名称は 「豊受大神宮」 で、衣食住の守り神とされる豊受大御神を祀り、内宮は 「皇大神宮」 で、天照大御神を祀る。

そして、それぞれ 「げくう」 「ないくう」 と読むとされているが、東国に住まいする者としては、そんな読み方は知らず、「げぐう」 「ないぐう」 と読んでしまいがちだ。「外宮」 を 「がいぐう」 なんて読む人もたまにいるが、それは論外としておこう。

かなり昔のこと、社員旅行で伊勢神宮を訪れた時、土地の人は 「げくう」 「ないくう」 と呼び習わしているようだと気付きはしたが、それはいわば、伊勢の土地独特の方言とか符丁とかいった類のことで、他の土地の人間が真似るのは、すし屋で客の方が 「お愛想」 なんて言うみたいなもので、気恥ずかしいような気がしていたのである。

ところが、今日改めて伊勢参りをしてわかったのだが、「げくう」 とか 「ないくう」 とかいうのは決して方言とか符丁とかではなく、正式な呼び方だったのだ。バス停にもちゃんと "Naiku Bus Stop" と書いてあった。

Cr120820
いやはや、こんなにはっきりと明示してある限りは、やっぱり 「げくう」 「ないくう」 なのだと思うしかない。調べてみれば Wikipedia にもそのように書いてあるし (参照)、ATOK では、「外宮」 は 「げくう」 と入力しないと変換されない。 「内宮」 は 「ないぐう」 でも変換されるのがちょっと痛いが。

というわけで、これからは堂々と 「げくう」 「ないくう」 と呼ぼうと思った次第なのである。

ちなみに、この読み方について、おもしろいブログ記事を見つけたので、こちら を参照していただきたい。確かに東国の人間としては、「げくう」 「ないくう」 は生理的に言いにくい。ちょっとした気恥ずかしさは、この言いにくさにもよるのかもしれない。

|

« 関西が熱帯化してしまったのだろうか | トップページ | 残暑がすごい »

言葉」カテゴリの記事

コメント

論外な奴(汗)>私

投稿: 山辺響 | 2012/08/21 10:32

山辺響 さん:

いやいや、論外なのは読み方であって、人ではありませんから ^^;)

投稿: tak | 2012/08/21 15:35

孫悟空のことを「ごくう」と言えるのに「げくう」が言えないと言うのは??です。
多分ですが、「ないくう」の「な」や「げくう」の「げ」にアクセントを持ってくるからではないでしょうか?

投稿: 蝠樂亭 | 2012/08/21 22:07

お初です。いつも勉強させて頂きありがとうございます。
大阪出ですが、ずっと「ないぐう・げぐう」と思ってました。小学校の臨海で行った時も「くう」なんて先生らは言ってなかったですよ(約50年前)。
実は、今NHKラジオ深夜便のHPにアクセスするとお伊勢さんについての「ナイトエッセー」が聞けますが、そこでこの歳なって「くう」であることに気付いたばかりでした。
ttp://ameblo.jp/eien-ise/entry-11333433320.html
大阪アクセントでは、「ないくう」は平板に、「げぐう」は「げぐ」を低く言うので、蝠樂亭さんの指摘も当らないと思います。
きっと、地元民以外の人にとって、言いにくさの理由より、龍宮、本宮など、「ぐう」と発音する例がまず浮かぶからではないでしょうか。

投稿: 亀之助 | 2012/08/22 08:18

蝠樂亭 さん、

>多分ですが、「ないくう」の「な」や「げくう」の「げ」にアクセントを持ってくるからではないでしょうか?

このご指摘は、伊勢を中心とする関西においてですか? それとも東国においてですか?

関東では両方とも 「く」 にアクセントを置きますね。

投稿: tak | 2012/08/22 08:52

亀之助 さん:

>きっと、地元民以外の人にとって、言いにくさの理由より、龍宮、本宮など、「ぐう」と発音する例がまず浮かぶからではないでしょうか。

これがまず、第一の理由でしょうね。

ご紹介の 「ナイトエッセー」の千種清美さん、きれいな標準語アクセントですね。きっと見事に使い分けられるんでしょうね。

投稿: tak | 2012/08/22 09:01

 URLのコメントありがとうございました。
 漢字の読みに関してですね。

 地元の人は子供の頃から耳で聞いていますので「げくう」、「ないくう」と「宮」を汚ごらずに発音するんでしょうが、その他の地域の人は漢字を読む訳なので「げぐう」と読むんだと思います。「竜宮城(りゅうぐうじょう)」であり「遷宮(せんぐう)」と汚ごる訳で、「宮」を汚ごらない発音の方がむしろ奇異に感じてしまいます。

 バス停に書いてあるローマ字表記は「Naiku」ですね。「Naikuu」ではないですね。だったら「ないくう」ではなくて「ないく」と読むんでしょうか? (^ω^)

投稿: 藪井竹庵 | 2013/11/16 06:18

藪井竹庵 さん:

>URLのコメントありがとうございました。

はて、何のことでしょうか?
何かコメントしましたっけかね?

>地元の人は子供の頃から耳で聞いていますので「げくう」、「ないくう」と「宮」を汚ごらずに発音するんでしょうが、その他の地域の人は漢字を読む訳なので「げぐう」と読むんだと思います。

言うまでもなく、そのことを土台にして、本稿は書かれております。

ちなみに、「にごる」 はフツーは、「濁音」 と表記することでもわかるように、 「汚る」 ではなく 「濁る」 と表記しますが、何か特別な意味を込めておいででしょうか?

>バス停に書いてあるローマ字表記は「Naiku」ですね。「Naikuu」ではないですね。だったら「ないくう」ではなくて「ないく」と読むんでしょうか? (^ω^)

ローマ字で同じ母音を重ねる表記は、一般的には避けられますのでね。

投稿: tak | 2013/11/16 18:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/55471684

この記事へのトラックバック一覧です: お伊勢さんの 「内宮」 「外宮」 の読み方:

« 関西が熱帯化してしまったのだろうか | トップページ | 残暑がすごい »