« 人民元切り上げ圧力を、他人事だから呑気に考える | トップページ | ブロードバンドはもはや生活必需品 »

2012/10/19

葬式って、お金がかかるのだよ

一昨日、「結婚式と葬式」 という記事を書いたのだが、とにかく、葬式が多い。今月はもう、3回も葬式に出たというのは、その記事に書いた通りである。そして、その葬式というのは金がかかる。とにかく金がかかる。

昨年の父の葬式は、生命保険で十分おつりが来たが、その保険金が下りてくるまではちょっと時間がかかる。死んだ当人の銀行口座に多少の預金があっても、死んでしまった途端に口座がロックされるから、死にそうだとわかった時点で、引き出しておかなければならないが、それもなかなか心情的にやりにくくて、後で手続きがやたら面倒になる。

世界には冠婚葬祭にものすごく金をかける国がいくらでもあって、日本なんてまだ可愛らしいものだという人もあるが、大金持ちでも有力者でもない人が、平均的にこんなにも金をかけるのは、ちょっと珍しいんではあるまいか。

昨年、父の葬式をした時、「集まった香典で、なんとかチャラになるものだよ」 なんて教えてくれる人もいたが、実際はそうもいかなかった。「香典返し」 というものがあって、それはもらった額の半額が相場だというのである。てことは、葬式にかかった費用の倍の香典がなければいけないが、そんなには集まるものじゃないと、やってみて初めてわかった。

昔の冠婚葬祭は自宅でやったものだが、今はなかなかそうもいかない。それで結婚式場や葬儀場が増えてくるわけだが、結婚式の場合は、ホテルやレストランを借り切って、自分たちのカスタムメイドでやるというのが増えてきたようだ。

しかし葬式というのは、たいていは突然のことだから、自分で企画を立てて準備しておくというのも、そうする人がいないでもないらしいが、なかなかそうもいかない。それでつい、葬儀場に一切お任せということになってしまいがちだ。

最近は 「イオンのお葬式」 などの格安プランも増えているらしいが、なかなか普及していない。それに、日本人はとにかく 「横並び主義」 だから、他と比べてみすぼらしいことはしたくないなんて思う。

実際上、あまり早く死にすぎると、仕事などの関係者がどっさり弔問に来るだろうから、あまり安上がりに済ませるわけにもいかない。それならば、現役を引退してしばらくはひっそりと生き延び、世間に忘れられたころに安らかに死ぬというのが、葬式を簡単に済ませることにつながりそうだ。

よし、そうすることにしよう。

|

« 人民元切り上げ圧力を、他人事だから呑気に考える | トップページ | ブロードバンドはもはや生活必需品 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>よし、そうすることにしよう。
なんだか切ないですね…

投稿: hiroyuki | 2012/10/20 15:49

hiroyuki さん:

なかなか思い通りにいかないから、おもしろいんですけどね (^o^)

投稿: tak | 2012/10/20 17:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/55931141

この記事へのトラックバック一覧です: 葬式って、お金がかかるのだよ:

« 人民元切り上げ圧力を、他人事だから呑気に考える | トップページ | ブロードバンドはもはや生活必需品 »