« 石原新党、ドラフト、Windows 8 では、三題噺にもならない | トップページ | iPhone 5 を入手 »

2012/10/26

Kindle ストアで、さっそく 2冊購入した

Kindle ストアが日本でもオープンしたので、私もさっそく iPhone アプリの "Kindle" をインストールしてみた。こういうことに関しては、私はちょっとだけ新しもの好きなのだ。「ちょっとだけ」 というのは、やってはみるけど、すぐにはまりまくったりはしないということだ。

例えば私は、2007年 12月という、比較的早い時期に Twitter のアカウントを取得しているが、ぼちぼち実効的に始めたのは 2010年 1月からである。この間の約 2年間は、自分がTwiiter のアカウントを取得したことすら忘れていたので、改めて始めようとした時に、「Twitter の中に自分の偽物がいる!」 と思ってしまったことを、記事にしている (参照)。

というわけで、私は iPhone と iPad に "Kindle" をインストールしてはみたが、実際に 電子ブックを 10冊も 20冊も (電子ブックの場合、「冊」 といっていいのかなあ?) 買いまくったかといえば、そんなことはない。なぜかといえば、買いたい本があまりないからである。

現状の日本版 Kindle ストアは、郊外のステーションビルによくある書店みたいなもので、ベストセラーとハウツー本とコミックしか置いてないみたいな印象なのだ。よく言われることだが、本好きという種族は、ベストセラーをあまり買わないのである。だから、ステーションビルの書店では買う本が見つからないと同様、Kindle ストアでも見つからない。

書籍のカテゴリー分けにしても、例えば 「人文・思想 - 文化人類学・民俗学」 というカテゴリーを覗くと、トップに表示されるのは "あなたの 「ふつう」 はだいじょうぶ? 女のマナー常識 555 (PHP文庫)"、"お墓は、要らない (学研新書) "、"お嬢様ルール入門 正統派マナーから気になるライフスタイルまで (PHP文庫) " というようなことで、ちょっと脱力だ。

もっとも、ステーションビルの書店と違うのは、「0円」 という値段の品揃えが結構あって、これは 「青空文庫」 的なコレクションである。こっちの方がずっとおもしろい。私はさっそく、和辻哲郎の 「古寺巡礼」 をダウンロードして読み始めた。これが、私の Kindle での最初の購入である。(購入といっても、無料だが)

新・リストラなう日記 たぬきちの首 のたぬきちさんは、「電子書籍で読まれるべきは、紙ではもう手に入らない本なのだ」 と喝破しておられて、本日付の記事で、深沢七郎・著 『風流夢譚』 の Kindle 版が出ることを期待しておられる (参照)。

そして、さすが Amazon である。その日のうちに出ている (参照)。著作権はまだ切れていなくて、315円の値段がついているが、たぬきちさんのおっしゃるように、これが Kindle のベストセラーになったら素敵だろう。<・p>

そう思って、私は既に紙媒体の海賊版 『風流無譚』 を持っている (蛇の道は何とやらである) のだが、ついぽっちりしてダウンロードしてしまった。まあ、315円なら、スタバのコーヒー 1杯分くらいだからいいだろう。これが、私の Kindle での 2冊目の購入となったのである。

|

« 石原新党、ドラフト、Windows 8 では、三題噺にもならない | トップページ | iPhone 5 を入手 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

電子書籍ですかー
慣れれば読みやすいんですかねー?
どうにも紙媒体から離れがたい今日この頃です。

投稿: hiroyuki | 2012/10/31 18:01

hiroyuki さん:

そりゃ、紙媒体の方が読みやすいと思いますけどね。

場所を取ってでも紙で保存しておきたいと思うもの以外は、場所を取らない方法で入手したいのです。

投稿: tak | 2012/10/31 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/55978551

この記事へのトラックバック一覧です: Kindle ストアで、さっそく 2冊購入した:

« 石原新党、ドラフト、Windows 8 では、三題噺にもならない | トップページ | iPhone 5 を入手 »