« 総選挙で投票する先が見当たらない | トップページ | 近頃、ごく控えめに暖房を使っている »

2012/11/19

小沢さんの無罪確定について

小沢さんの無罪が確定した。12日の東京高裁判決について、検察官役の指定弁護士 3人が、最高裁への上告を断念したため、ようやくの無罪確定である。

私は過去に何度も書いているように、小沢一郎という政治家が嫌いである。人を好き嫌いで判断することをなるべくしたくないと思っている私だが、小沢さんと田中真紀子さんは特別で、とにかく嫌いなんだからしょうがない。

ただ、嫌いだからといって、今度のような裁判で有罪にしていいとは思わない。これはもう、無罪に決まっている。こんなので有罪になるようだったら、日本という国はアブなくておちおち暮らしていられないことになる。

ただ、これも何度も書いているように、「推定無罪」 と 「清廉潔白」 とはビミョーに別なお話である。2000年 10月に "「推定無罪」 と 「本当に潔白」 とのビミョーな差" という記事で書いたことを、もう一度繰り返しておく。

こうした場合、「裁判で無罪になったんだから、俺は潔白」 と大いばりで言い張るのは、理屈から言っても、実はおかしい。だって、「無罪判決」 には 「無実 (潔白) の証明」 が必要ないんだから。この二つって、実はビミョーに別のことなんでしょ。「推定無罪」 って、そもそもそういうことなんでしょ。

というわけで私は、小沢さんが 「無罪」 であるということに関してはしっかりと支持するけれど、心の奥底で拭いがたい 「偏見」 を持ち続けるのも、こちらの自由であると思うのである。

とはいいながら、これ以上無駄であほらしい裁判が続かなくて済むことになって、まことにめでたい限りである。

|

« 総選挙で投票する先が見当たらない | トップページ | 近頃、ごく控えめに暖房を使っている »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

「好き嫌い」は私にもありますが、メディアや風評にだいぶ影響されている部分があるんじゃないかな、と自省しているところです。とはいえ、嫌いなモンはしょうがないですわな(笑)

小沢については、新自由主義・構造改革路線への抵抗という点では「あり」だけど、彼の用意する対案は昭和的・田中角栄的な開発主義国家への回帰でしかないのが残念なところ、という評価を読んで、なるほどと思っているところです。

投稿: 山辺響 | 2012/11/21 10:26

山辺響 さん:

「昭和的・田中角栄的な開発主義国家への回帰」という傾向が濃厚な人が、「脱原発」なんて言っても、信じられんということになるわけですよ。私としては ^^;)

投稿: tak | 2012/11/23 17:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/56151149

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢さんの無罪確定について:

« 総選挙で投票する先が見当たらない | トップページ | 近頃、ごく控えめに暖房を使っている »