« 「そこはか」 って何だ? | トップページ | 寒い東北に日帰り出張 »

2012/12/12

期日前投票に行くので、早く投票先を決めとかないとね

今度の日曜日は仕事で朝から晩まで地元にいられないから、近々期日前投票に行こうと思っているのだけれど、前にも書いたように、どの政党を支持すべきか決めかねている。私としてファースト・プライオリティは 「原発をどうするか」 という項目に置いているので、この段階で自民党は脱落だが、他の要素で錯綜しすぎている。

もやもやしていたところ、「日本政治.com」 というサイトで 「投票マッチング」 というのをやっていると聞いて、飛んでみた。結構マジメな作りのサイトで、なかなか良くできている。20の設問に、「賛成/やや賛成/中立/やや反対/反対」 の 5段階で回答していくと、最終的にどの政党の政策がマッチするかが示される。

その政党が自分の選挙区に候補者を出していない場合には、考えの近い候補者が 4名表示される。さらに回答した 20の設問についての各政党のポジションも明確に示されるから、単純な押しつけではなく、示された結論をさらに自分で吟味し、修正していく道も用意されている。私としてはここが気に入った。

このシステムで 20の設問に回答した結果、私の考えに最も近いのは 「みんなの党」 という結論が出た。まあ、そんなに違和感はない。しかし私の居住する選挙区には、みんなの党の候補者は出ていない。そこで、4名表示された 「考えの近い候補者」 は、上位から順に、維新の会、自民党、民主党、未来の党の候補者という順番になった。

しかし私は前々から言っているように、石原さんと橋下さんは支持しないから、維新の会は却下。さらに自民党も前述のように、ファースト・プライオリティの原発政策でアウト。となると、民主党か未来の党かという選択になるが、私の嫌いな小沢一郎さんの隠れ蓑になってしまった未来の党もアウトだから、なんとまあ、民主党が残ってしまったではないか。

私は前回の総選挙では 「一度本格的な政権交代を経験してみるために」 という理由で民主党に投票し、後になってそれを心から悔いてしまったので、今回も消去法の結果とはいえ、民主党が残ってしまったのは、かなり複雑すぎる気分である。まったくもって情けない。

まあ、16日の選挙の結果、自民党が圧倒的多数を占めて政権に返り咲くのは目に見えている。だったら、民主党が健全野党として出直して、その間にもう一度政権を担当する能力を獲得する努力をしてくれるのを期待して、「極々消極的支持」 をするのもありかもしれない。

民主党の情けないほどの失政も、ある意味では自民党の政権末期のゴチャゴチャで生じた問題の後始末と、東日本大震災の後の混乱に脚を引っ張られたということもあるのだから、すべて民主党のだらしなさの結果と責めるのも、ちょっとかわいそうだというところもないではないからね。

というわけで、どうせ自民党が圧勝するなら、私としては、「本当に仕方なく、しょうがなく」 の消去法の結果に従うのもありかなと、少しずつ思い始めているところである。

(とまあ、この程度の記述なら、公選法違反の心配はないよね。そもそもブログを使ってまで投票を呼びかけたいような政党も候補者も見当たらないし。ただ、投票にだけは行った方がいいと思う)

|

« 「そこはか」 って何だ? | トップページ | 寒い東北に日帰り出張 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

自分がどう考えてどこに(誰に)投票するか、という表明は別に問題ないと思いますよ。

しかし自民党は野党であるあいだにさらに右にシフトしたけど、民主党は野党に戻ったら、どうなるんでしょうねぇ……。

投稿: 山辺響 | 2012/12/12 17:58

山辺響 さん:

>しかし自民党は野党であるあいだにさらに右にシフトしたけど、民主党は野党に戻ったら、どうなるんでしょうねぇ……。

自民党圧勝は確実なので、「大連立」はないと思いますが、さらに分裂してのどうのこうのになったら、もう手が付けられませんね。

投稿: tak | 2012/12/12 18:23

 これは分かりやすいですね。今回の主な争点や、各党の立場が簡潔に示されていて。

 簡潔化しすぎているとか批判もありそうに思いますけど、それでもこういう指針があるのは助かります。

投稿: kanata | 2012/12/12 23:27

自民党が圧勝という声は、自民党にとって大迷惑でしょうね。
この圧勝という声をいかに打ち消すかが、今回の選挙の自民党にとっての一番の仕事でしょう。このことに気づいてる候補者がどれだけいるか。

昔の衆院選でのこと。中曽根さんは深刻な表情で「極めて厳しい選挙です」とコメントしていましたが、一方、土井さんは「勝利確実」と大はしゃぎでした。結果は自民党の大勝でした。中曽根さんは頭がよかった。

圧勝という声はかなり大きく作用します。

投稿: ハマッコー | 2012/12/13 00:26

あぁいけないと思ってあわててハンドルを切ると、逆ブレして、振れ幅が発散的に拡大するというのは制御における普通の現象で。
打った策に対してその効果は必ず遅れて出てくるのに(野村がいつもぼやく監督交代劇みたいに)、こと選挙においては効果が出る前にリアルタイムの結果が反映されるから、まず国民の選択は正しくないと思った方がよいんじゃぁないかと。
ま、民主党が効果的な手を打てたかという点は否定的ですけど、すさまじい官の抵抗の上に、いきなりから宇宙人がはしゃいでパニック状態になりましたからねぇ。原発事故も菅より自民と官が罪深いし。
積極支持はしませんが、同情すべき点はあると感じます。

投稿: 亀之助 | 2012/12/13 08:07

ハマッコー さん:

>自民党が圧勝という声は、自民党にとって大迷惑でしょうね。

まさにその通りでしょう。
それで、意識的に 「ほめ殺し」するマスコミもあるんだと思います。

投稿: tak | 2012/12/14 12:56

亀之助 さん:

本当に、あの宇宙人がはしゃぎすぎたせいで、ずいぶん混乱したのは痛恨ですね。

野田政権は、自民党のつけと、2人の前任者のツケを背負い込んだのですから、気の毒と言えば気の毒です。

もう少しやらせてあげてもいいような気がしないでもないですが、ここまで来てしまっては無理ですね。

投稿: tak | 2012/12/14 13:00

kanata さん:

レスが後先になってすみません。

この投票マッチングサイトは、なかなかうまくできていますよね。
それに押しつけっぽくなくて、「次善、次々善の選択」まで示されるのがいいです。

投稿: tak | 2012/12/14 13:01

私は逆に、鳩山→菅→野田の順に民主党の政権は劣化していったと思っています。とはいえ、はしゃぎすぎはご指摘のとおりで(笑)、普天間移設なんてめんどくさい問題に最初から取り組んだのは失敗だった。スタートは地味に行くべきでしたね。

いずれにせよ、民主党の政治については、「嘘」の部分と「やろうとしたけど力不足で(あるいは妨害に遭って)できなかったこと」をしっかりと区別して評価する必要があると思っています。

…といっても2009年のときも民主党には入れなかったし、今回も票を投じる気はないのですが(^^;

投稿: 山辺響 | 2012/12/14 14:01

尖閣の問いはあるのに竹島はないですね
竹島が俺的には重要なんですが…○|_| ̄ =3 ズコー

投稿: hiroyuki | 2012/12/14 17:38

山辺響 さん:

一昨年 5月に、「鳩山さんは多分 『いい人』 なんだと思っている」 と書いています。もしかしたら、いい人過ぎるのかもしれません。

「いい人」 は地滑りの起点になっちゃう
http://tak-shonai.cocolog-nifty.com/crack/2010/05/post-b3d0.html

>民主党の政治については、「嘘」の部分と「やろうとしたけど力不足で(あるいは妨害に遭って)できなかったこと」をしっかりと区別して評価する必要があると思っています。

その通りで、「力不足」 と 「妨害」 との合わせ技で、民主党自身がやんなっちゃったという部分が大きいと思います。

「仕分け」なんか、継続してやってくれればよかったのに、途中でうやむやになったし。

投稿: tak | 2012/12/14 20:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/56305640

この記事へのトラックバック一覧です: 期日前投票に行くので、早く投票先を決めとかないとね:

« 「そこはか」 って何だ? | トップページ | 寒い東北に日帰り出張 »