« トラブル続きのボーイング 787 | トップページ | 突然の大雪 »

2013/01/13

占い師のあり方

昨日、車を運転しながらラジオを聞いていたら、とくに名を秘すというわけでもなく、単に名前を忘れてしまったのだが、グラビア・アイドルにして占い師という女性が登場した。何とか術という占いをするのだそうである

この人、昨年の今頃も同じ番組に登場して占いをし、野球のダルビッシュとイチローの 2012年の運命をズバリ当てたのだそうだ。昨年の録音が流れたのだが、確かにダルビッシュに関しては 「女難の相」 が出ているとし、イチローは 「これまでの実績を整理して、変化の年になる」 と指摘している。

なるほど、ダルビッシュは新年早々離婚したし、イチローはシーズン途中で新天地ヤンキースに移籍した。これだけ聞くと、「へぇ、なかなかやるもんじゃないか」 と思うのも自然である。

そしてその後に、有名人の占いを次から次へと始めるのだが、なにしろ半端じゃない。主に芸能人、スポーツ選手なのだが、何人の占いをしたんだか覚え切れないほどだ。きっと昨年の今頃も、この調子でバンバン占っていたんだろう。

すると、何か? この調子でバンバン占った中で、去年は 2人しか当たらなかったのか? それも、「離婚」 とか 「移籍」 とかの具体的なものではなく、「女難の相」 とか 「変化の年」 とか、アバウトに言っただけだし。

ダルビッシュの 「女難」 については、前々からニュースになっていたし、イチローの移籍に関しても、昨シーズンの結果を踏まえれば、「変化の年」 とさえ言っておけば何かしら当たってしまうだろう。むしろ 「引退」 を予感させてしまう 「これまでの実績を整理して云々」 という言い方にしては、「移籍」 という結果は拍子抜けかもしれない。

「2人的中」 というのは、裏返せば 「ずいぶんたくさん占った中で、2人しか当たらなかった」 ということなのかもしれず、しかもその 2人に関しては、「こう言ってさえおけば安心」 という程度の占いなのだよね。まさに 「言い方」 って大事だよなあ。

その意味ではこの人、確かに優秀な占い師なのかもしれないと思った次第である。グラビア・アイドルとしてはどうなんだか知らないが。

|

« トラブル続きのボーイング 787 | トップページ | 突然の大雪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

何人当たったかじゃなくて何人外れたかってことですね
ι(´Д`υ)アセアセ

投稿: hiroyuki | 2013/01/14 16:24

hiroyuki さん:

いわゆる 「的中率」 ってやつですね。

投稿: tak | 2013/01/14 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/56523830

この記事へのトラックバック一覧です: 占い師のあり方:

« トラブル続きのボーイング 787 | トップページ | 突然の大雪 »