« 雪は降らなかった | トップページ | Google って、少なくとも楽しくはないよね »

2013/02/08

シニア市場とは

降る降ると言われた雪が降らずに済んだ。気温が当初の予想ほどには下がらなかったので、雪にならずに済んだのだという。

近年は冬が長引いてなかなか本格的な春にならず、寒さに震えながら 「春はまだか」 と呟くのがお約束になっていたような気がするが、もしかして今年の春は早いのかもしれない。北陸では昨年より 1ヶ月以上も早く春一番が吹いちゃったというし。

そもそも、関東に雪が降ること自体が、冬ではなく春先の現象なのである。日本海側の雪と関東の雪は、降るメカニズムが違うのだ。関東に雪が降るという予報が、気温が下がらなかったので外れたというのは、まさに春の訪れそのものである。とはいえ、一転して冬型に戻って、日本海側では暴風雪になるらしいのだが。

実は今日はこんなことを言いたかったのではなく、今シーズンの冬山で、高齢者の遭難が目立ったということを取り上げたかったのに、つい話の 「マクラ」 的に 「春が早いかも」 なんていう希望的観測を言ってみたくなったのである。まあ、人情としてお許し頂きたい。

冬山で高齢者の遭難が相次ぐなんていうのは、私が若かった頃はなかった話である。世間では 「どうしてまた、年寄りが冬山なんかに登るんだろうねえ」 なんて不思議がる人もいる。昔、とくに 1960~70年代には、冬山での遭難といえば、若い者の専売特許だった。例えば大学の山岳会みたいなのが、盛んに冬山に挑戦して遭難していたのである。

しかし、よく考えてみていただきたい。昔遭難していた人たちと、近年になって遭難している人たちというのは、別物ではない。同じ人たち、というと誤解が生じるから言い直すが、同じジェネレーションの人たちなのである。あの頃の大学生が、今、「高齢者」 と呼ばれるようになって、まだ冬山に登っているのだ。

ちょっと視点を変えると、今の 「高齢者」 は、年寄りじゃない。「年寄りの皮をかぶった団塊の世代」 なのだ。彼らはまだまだ意気盛んであり、徒党を組んで突進するパワーというのは、半端じゃない。道がちょっとでも開けさえすれば、どっと繰り出すのだ。そういう世代である。

そもそも、今の高齢者は、波平さんやフネさんではない。それどころか、サザエさん、マスオさんですらない。サザエさんがスタートした 1950年代初頭に小学生だった世代、つまり 60年前の小学生は、既に 70歳を越えている。カツオ君なんて、実は戦中派だ。

今のシニアの中身は、タラちゃん、イクラちゃんなのである。「年寄りのくせに山登りする」 世代ではない。「昔から山登りしていた人たち」 が、たまたま年寄りっぽい外見をまとっただけである。

ここを見誤って、波平さん、フネさんをイメージしてしまうと、シニア向けマーケティングは破綻する。

|

« 雪は降らなかった | トップページ | Google って、少なくとも楽しくはないよね »

マーケティング・仕事」カテゴリの記事

コメント

まさにその通りですね。私の友人なんかは定年を期に JAZZ に凝って、楽器をしこたま買い込んでますね。100万は使ったと思われます。JAZZ を聴きにいっても客の平均年齢は60歳とみました。若者といえば、おじさんに連れてこられた30歳位の女性だけですね。若い男性はゼロです。

登山用品店に行ってもおじさんおばさんばかりです。
高級オーディオにお金かけてるのもシニア層ですね。今の若者なんてオーディオなんて全く興味がないみたいですね。

若い頃からやってみたかったけど、お金と時間がなくて出来なかったことがシニア層には出来る。お金も時間もたっぷりあるのだから。

この人たちの夢を叶えてあげる手伝いが出来れば、お金を使ってもらえると思います。

投稿: ハマッコー | 2013/02/08 15:45

ハマッコー さん:

>この人たちの夢を叶えてあげる手伝いが出来れば、お金を使ってもらえると思います。

まさに。

投稿: tak | 2013/02/08 21:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/56719212

この記事へのトラックバック一覧です: シニア市場とは:

« 雪は降らなかった | トップページ | Google って、少なくとも楽しくはないよね »