« 佐藤、斎藤、馬の糞 | トップページ | O2O を巡るシンプルな冒険 »

2013/02/22

「わかっちゃいるけど、止められない」 理論

「類は友を呼ぶ」 を裏返せば 「類は呼ばれて友となる」 のだろう。その意味で、Wired の "肥満はなぜ 「伝染」 するのか: 実験結果" という記事が、とても興味深い。ネガティブなイメージに接した時、意識的には 「こりゃ、やべぇ! 気を付けなきゃ」 と思っても、無意識はつい呼び寄せられがちになるもののようなのだ。

米国立心臓・肺・血液研究所 (NHLBI) の主導によりマサチューセッツ州フラミンガムで行なわれている疫学調査 『フラミンガム心臓研究』 (FHS) によって、肥満はネットワークで 「伝染」 することが実証されている。太った人の姿を見たり、周囲に大食いの人がいたりすることで、食生活が容易に影響され、つい太ってしまうというのである。

研究者たちがフラミンガムの町の社会的ネットワークを再現して研究したところ、ある人が太ると、その友人が太ってしまう可能性は 57%高くなる。同様の可能性が、きょうだい間では 40%、配偶者間では 37%高くなる。遺伝よりもその人のネットワークの方が強く影響するのだそうだ。

また 「ルーシーという名前の友人が、最近の休暇で撮影した写真を送ってきた。彼女は標準体重より 11kgほど体重が多い。その写真を見た後で、オフィスの秘書が、クッキーがたくさん載ったお皿を持ってきた。体重が多すぎる誰かの姿を見たことは、これから食べるクッキーの数に影響するだろうか?」 という調査結果も興味深い。

上記の質問をされた人の大多数が、「太った友人の写真を見た後では、食べるクッキーの量を減らす」 と答え、その中でも 31%の人は、減らすどころか、まったく手をつけないとまで答えた。つまり、「やべぇ、自分も気を付けなきゃ!」 と、理性が意識的な警告を発するのである。

しかし我々の無意識というのは、理性よりずっと強い。コロラド大学の研究結果によると、こうした意識的警告は悲しくなるほど無力で、実際には人間は体重が多すぎる誰かの写真を見た後では、より多くのカロリーを取るようになるというのである。

「類に呼ばれて友となる」 というか、「朱に交われば赤くなる」 というか、まさに 「わかっちゃいるけど、やめられない」 状態で、我々の行動は理性を裏切る。大衆の理性に期待しても、あっさり裏切られるのも道理で、そもそも人間はそれほど理性的な存在じゃないのである。

そしてこれは逆に言えば、常に 「ポジティブなイメージ」 に接することが大切というメッセージでもあると思う。

|

« 佐藤、斎藤、馬の糞 | トップページ | O2O を巡るシンプルな冒険 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

俺も体重を減らさねば…
(。>0<。)

投稿: ひろゆき | 2013/02/22 21:11

ひろゆき さん:

理性でそう思うだけではダメですよ (^o^)

投稿: tak | 2013/02/22 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/56817560

この記事へのトラックバック一覧です: 「わかっちゃいるけど、止められない」 理論:

« 佐藤、斎藤、馬の糞 | トップページ | O2O を巡るシンプルな冒険 »