« 玄人さん、ご苦労様 | トップページ | 「米国に押しつけられた」 では、憲法改正の理由にならないんじゃないかなあ »

2013/05/12

20歳を 「はたち」 というわけ

昨日、TBS ラジオの土曜ワイドを聞いていたら、永六輔さんが 「はたち (二十歳)」 という言葉の語源を語っていた。神社や相撲力士の幟旗は、縦に 15、横に 5つ、合計 20の旗竿に通す輪 (乳) が付いているので、「旗乳 (はたち)」 になったというのである。

なんとなくもっともらしいが、私は聞いた瞬間に 「そりゃ俗説にもほどがある」 と思った。尊敬する永六輔さんではあるが、たまにこういうことをおっしゃる。前にも 「ミスター・ボージャングルの正体」 という記事でも触れたようなことがあったし。

で、念のために調べてみると、「語源由来時点」 の 「はたち」 の項に、次のようにある (参照)。

「はた」 は 「20」 を意味し、「ち」 は助数詞。
「はた」 に助数詞を加えた例として、「二十年(はたとせ)」 「二十巻 (はたまき)」 「二十人 (はたとり)」 などがある。
助数詞の 「ち」 は、「ひとつ」 「ふたつ」 の 「つ」 と同じく 「個」 を意味する。

この項目の説明の中で、「旗乳」 を語源とするというのは俗説で、「強引すぎるとしか言いようがない」 とされている。「強引すぎる」 ということには、私も賛成である。こんなので妙に納得しちゃう人がいたら、ちょっと困ってしまう。

「はた」 が 「20」 を意味するというのは、上記の例の他にも 「十重二十重」 を 「とえはたえ」 と読むことからもわかる。何も旗竿を通す輪の数なんか持ち出さなくても、単純に考えればいいのだ。

ただ、どうして 「20」 が 「はた」 なのかについては、依然としてわからないままに残るのが痛恨だ。

|

« 玄人さん、ご苦労様 | トップページ | 「米国に押しつけられた」 では、憲法改正の理由にならないんじゃないかなあ »

言葉」カテゴリの記事

コメント

2が「ふた」なのと関係ないすかね?

投稿: Cru | 2013/05/13 22:54

Cru さん:

関係ありという説もありますが、その 10倍ということをどう説明するかが問題ですね。

投稿: tak | 2013/05/14 01:25

「ミスター・ボージャングル」 は私の大好きな歌です。
tak さんの十八番が「ミスター・ボージャングル」 ということは、相当な歌唱力ですね。

又、「ミスター・ボージャングル」 についての背景を説明いただき、ありがとうございました。

投稿: ハマッコー | 2013/05/14 23:38

ハマッコー さん:

たった今、WOWOW で レオン・ラッセルの 1980年クリスマス・ライブの録画を見て、熱くなってました。

投稿: tak | 2013/05/14 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/57363832

この記事へのトラックバック一覧です: 20歳を 「はたち」 というわけ:

« 玄人さん、ご苦労様 | トップページ | 「米国に押しつけられた」 では、憲法改正の理由にならないんじゃないかなあ »