« 脳波が停止しても残る意識 | トップページ | NASA が Windows から Linux に乗り換える気持ちはよくわかる »

2013/05/09

「えきねっと」 というもの

10年近く前から JR 東日本の 「えきねっと」 というものに加入していたのだが、観光やツァー情報のメールマガジンを受け取るばかりで、ほとんど利用していなかった。しょっちゅう常磐線で都心に行く生活だった頃は、新幹線や特急の切符なんて駅の自動販売機でさっと買えるので、ちっとも不自由していなかったのである。

しかし近頃は、以前のように毎日 JR の駅を利用する生活でもなくなったので、「えきねっとで、切符のネット予約ができたら便利だなあ」 と思い始めていたのである。ところがあんまり利用していなかったものだから、ログインする際に使用する ID とパスワードすら忘れてしまっていた。

そもそも会員登録の申し込みをする時にも、ほんの軽い気持ちでやったので、私としたことが、メモすることも忘れていたようなのである。そのためログインができず、ということは、読みもしないメルマガを 10年近くも虚しく受け取るばかりで、脱退申し込みすらできなかったのである。

ところが今日、「もしかして、これかな?」 と、試しに心当たりの ID らしきものとパスワードを入力してみたら、拍子抜けするほどさくっと一発でログインできてしまった。やってみるものである。

ネット上の説明を読んでみると、切符をネット予約するたびにポイントが加算されるらしい。ちなみに私は 10年近くも幽霊会員だったために、手持ちのポイントはゼロだ。もったいない。そんなことなら、出張の際の切符は、駅で買う前にちゃんとネット予約しておくんだった。そうしていたら、結構な額の商品券と交換できていたのに。

私としては、ツァーやホテル込みの出張 (ホテルの予約は楽天トラベルの方が便利そう) の申し込みなんかはあまりせずに済みそうだが、単なる切符予約には使えそうなのである。というわけで、これからはどんどん利用してみようと思う。

|

« 脳波が停止しても残る意識 | トップページ | NASA が Windows から Linux に乗り換える気持ちはよくわかる »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/57345325

この記事へのトラックバック一覧です: 「えきねっと」 というもの:

« 脳波が停止しても残る意識 | トップページ | NASA が Windows から Linux に乗り換える気持ちはよくわかる »