« 「アマゾネス」 という国民的誤解 | トップページ | 自動車メーカーに "Be a driver" (運転手であれ) なんて言われてもなあ »

2013/07/18

「お局様」 の君臨する部署は停滞する

日経ビジネスが "女性活用が陥る 「女の敵は女」 / 「女性チーム」 「女性リーダー」 の思わぬ落とし穴" という記事を載せている。

女性の採用を人事戦略の中心に据えてきたベンチャー企業で、思うような成果が上がらない。その会社の社長は、自社の説明会には積極的に顔を出し、ポテンシャルの高い女子学生を見つけるようにしている。ところが最終面接の段階になると、自分が目をつけた優秀で魅力的な女性は、ほぼ全員いなくなっているというのである。

その原因はどうやら、採用担当の女性マネージャーが、採用試験で優秀な女性に厳しい評点を下し、ことごとく落としていたことのようだというのでる。

それについては、私も憶えがある。かなり前に勤務していた団体で、時々中長期の女子アルバイトを募集した。職種は経理のアシスタントである。バブル崩壊直後の不景気な時代だったから、かなりの人数が応募してきた。

私はその採用に関してはまったく関与していなかったが、面接の様子を端から見ているだけでも、「ああ、この子は優秀だな。文句なしにこの子に決まりだろう」 と思われるのがいる。

ところがその採用に関して最大の発言権をもっていたのは、経理担当のベテラン女性職員だったのである。彼女がまず最初に刎ねてしまうのは一番優秀な子で、最後に残るのはいつも平々凡々たる女の子だ。

要するに、「お局様」 は優秀な同性を嫌うのである。お局様に嫌われないためには、猫っかぶりで素直な女の子を演じるしかない。いくら優秀そうな女子社員を集めても、お局様が君臨していると、その部署は停滞する。

これは、私の経験則としての揺るぎない認識である。

|

« 「アマゾネス」 という国民的誤解 | トップページ | 自動車メーカーに "Be a driver" (運転手であれ) なんて言われてもなあ »

マーケティング・仕事」カテゴリの記事

コメント

「女の敵は女」と昔から確信してました。どうして女たちは職場で揉め事ばかり起こしてるんだろうと。

しかし「男の敵は男」も真ですね。自分より出来る部下を潰しにかかる様子を何べんも見てきました。


日本のホワイトカラーの生産性が米国に比べはるかに低いのは、こんなところにも原因がありそうです。

投稿: ハマッコー | 2013/07/24 11:09

ハマッコー さん:

>日本のホワイトカラーの生産性が米国に比べはるかに低いのは、こんなところにも原因がありそうです。

「嫉妬」 が絡みやすいんですよね。フェアな競争にならなくなります。

投稿: tak | 2013/07/24 21:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/57819063

この記事へのトラックバック一覧です: 「お局様」 の君臨する部署は停滞する:

« 「アマゾネス」 という国民的誤解 | トップページ | 自動車メーカーに "Be a driver" (運転手であれ) なんて言われてもなあ »