« 茨城県知事選挙にため息をつく | トップページ | 和歌や短歌を 「一句」 なんていわないでね »

2013/08/29

ネスレ日本の 「レギュラーソリュブルコーヒー」 というもの

ネスレ日本が、「インスタントコーヒー」 という呼称を廃して、今後は 「レギュラーソリュブルコーヒー」 ということにするんだそうだ (参照)。"Soluble" は 「溶ける、溶けやすい」 という意味の形容詞である。

"Soluble coffee" というのは、特段新しい言葉というわけではない。これまでも英語圏内では、"instant coffee" "soluble coffee" "coffee powder" などが、同じ 「インスタント・コーヒー」 を指す言葉として使われてきた。同じ袖のない服を 「ベスト」 と言ったり 「チョッキ」 と言ったりするようなものだ。

一方、「レギュラーコーヒー」 という言い方は結構複雑だ。日本でいうところの 「レギュラーコーヒー」 は、「インスタントじゃないよ」 ということを示すために、本家本元の方にわざわざ余計な形容詞を付けた言葉で、本当かどうか知らないが、UCC による造語と伝えられている。つまり、和製英語なのね。

ところが、米国にも "regular coffee" という言葉がある。ただそれは、インスタントかどうかという問題ではなく、主としてシュガーとミルクを入れるかどうかの問題のようなのである。ニューヨークのコーヒー好きの間では、ミルクあるいはクリームと、角砂糖 2個を入れて飲むのが "regular coffee" だと言われているらしい (参照)。

ところが、地域によっては逆に "regular coffee" はブラックのことだったりする。あるいは、エスプレッソに対して、アメリカ流の淹れ方をしたコーヒーだったりもするらしく (参照)、かなり錯綜している。

だから米国人に、「日本では、インスタント以外は全部 『レギュラーコーヒー』 です」 と説明したら、「へぇ! 日本の 『レギュラー』 という言葉は、めちゃくちゃテキトーなんだな」 と、びっくりされるかも知れない。エスプレッソだろうがそうでなかろうが、砂糖やミルクが入っていようがいまいが、同じ言葉で扱われるのだから。

上述のリンク先では、ニューヨークでは世界のあちこちからやってきた人たちが、自分の国の飲み方こそ 「レギュラー」 だと思っているので、ややこしくなるのだろうというようなことが述べられているが、そこに日本流が加わったら、わけがわからなくなる。

ここで本題に戻るが、上述したことを前提にして 「レギュラーソリュブルコーヒー」 という言葉を改めて眺めてみると、「一体、何じゃ? それ!」 と言いたくなるわけなのである。はっきり言って、わけわからん。目先の新しい言葉を使って、口先だけで言い含めるマーケティングは、私の趣味じゃない。聞いてる方が恥ずかしい。

とくに、「レギュラーソリュブルコーヒー」 なんて、言いにくくてたまらない (Slashdot には、「飲み物なのにかんじゃう」 という座布団 3枚もののコメントまであった) から、市場には浸透しないだろうね。「要するに、インスタント・コーヒーなんでしょ」 というばかりである。

【追記】

上述の 「日本では、インスタント以外は全部 『レギュラーコーヒー』 です」 ということに関して、「インスタントと缶コーヒー以外は……」 と言うべきかなとも思ったが、まあ、缶コーヒーは日本独特のもの (外国でも、まったくないということもないらしいが) なので、いいかなと。

そのうち、ニューヨークで日本人が力を持ち始めたら、「缶コーヒーこそレギュラーコーヒー」 なんてことになったりして。とはいえ、私は 「コーヒーと缶コーヒーは全然別物」 と思っているが。

|

« 茨城県知事選挙にため息をつく | トップページ | 和歌や短歌を 「一句」 なんていわないでね »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/58087303

この記事へのトラックバック一覧です: ネスレ日本の 「レギュラーソリュブルコーヒー」 というもの:

« 茨城県知事選挙にため息をつく | トップページ | 和歌や短歌を 「一句」 なんていわないでね »