« iPhone 版 Evernote が起動しない問題は再インストールで解決 | トップページ | 白髪染め疑惑 »

2013/08/16

線香花火を巡る冒険

線香花火というものに、「すぼ手」 と 「長手」 という種類があるなんて、この年になって初めて知った。本当にいくつになっても、ふとしたことで知らなかったことというのはあるものである。Wikipedia には次のように解説されている。

すぼ手は、竹ひごや藁でできた柄の先に、黒色火薬がむき出しに付着している。使うときは先を上げる。長手は和紙 (こうぞ紙) のこよりの先に、黒色火薬が包み込まれている。使うときは先を下げる。すぼ手は関西、長手は関東で一般的である。

そうすると、私が子供の頃から 「これぞ線香花火」 として馴染んできたのは 「長手」 ということになる。じゃあ、「すぼ手」 というのはどんなのかとググってみたら、こんなのだった。へえ、馴染みがないなあ。念のため、関西以西で 「長手」 の方に馴染みがない人のためにリンクしておくと、こんなのである。

で、線香花火を楽しむのに、4つの段階というのがあるというのである。初めは 「牡丹」 といって、先に 「玉」 ができてチリチリいってる状態である。次が 「松葉」。玉が激しく火花を発する状態で、これが線香花火のクライマックスだ。次に火花が低調な 「柳」 となり、消える直前が 「散り菊」 である。

国産の質のいいものは、最後の 「散り菊」 の状態が長く続き、きれいだといわれる。確かに最近の中国製は、火を点けたばかりの 「牡丹」 の段階で 「ボタン」 と落ちてしまうのがあり、おもむきがない。

|

« iPhone 版 Evernote が起動しない問題は再インストールで解決 | トップページ | 白髪染め疑惑 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おもかげは

はなびのやうに

めにやきつき

投稿: のうさぎっこ | 2013/08/16 14:27

tak-shonaiさんこんばんは~
そうですか、いろいろ知らないことばかりでした。
ありがとうございました。
私は子供のころ、線香花火をする時は
おまじないのように、
「すすきに唐松、すすきに唐松」と言いながら花火をしましたよ。

投稿: tokiko | 2013/08/16 16:20

のうさぎっこ さん:

めに浮かびますね。

投稿: tak | 2013/08/21 23:37

tokiko さん:

「すすきに唐松」ですか。それこそ初めて聞きました。

投稿: tak | 2013/08/21 23:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/57929336

この記事へのトラックバック一覧です: 線香花火を巡る冒険:

« iPhone 版 Evernote が起動しない問題は再インストールで解決 | トップページ | 白髪染め疑惑 »