« 自殺報道について | トップページ | 「20年に 1度の大雨」 から 「経験したことのない大雨」 に »

2013/08/24

最近の仕事のはかどり加減について

還暦を越してからというもの、仕事のはかどり方が前とは違っていることに気付いていた。50代前半までは一晩あれば余裕でやっつけられた仕事が、1日がかりになってしまう。2日あれば楽勝だった仕事に、3日かかってしまう。

集中力がなくなったわけではない。頭の回転が鈍くなったわけでも (多分) ない。事実、半日でできていた仕事なら、今でもちゃんと半日でできる。経験値が蓄積されている分、段取りなどは若い頃よりもずっと効率的にできる。

しかし、半日でできる作業が 3つで 1セットの仕事を、若い頃のように 1日半でできるかというと、そうはいかないのである。1つの作業を仕上げると、すぐに次に取りかかれない。エネルギーを取り戻すまで、長い休憩が必要になる。それで、1日半で仕上げられると思って引き受けた仕事に、2日か 3日かかってしまったりする。

60代後半から 70代の先輩諸氏に聞くと、「仕事は若い頃の倍の時間がかかると思って引き受けなきゃダメ」 という。なるほど、そうであったか。これは誰もが通り過ぎる道であったか。イチローのヒット数だって、最近はペースがぐっと落ちてるしね。

とくにこの夏は、体力が相当に弱くなってしまったのかと思うほど、仕事がはかどらなかった。いつもなら楽勝で仕上げられる仕事の締切に追いまくられて、ひいひい言いっ放しだった。よっぽど老いぼれてしまったのかと思ってしまったよ。

ところがこれは、聞けば若い者でも同じだったらしい。40代の人間が口を揃えたように、「この夏は暑すぎて、全然仕事にならない。お盆過ぎまでに仕上げておくべきだった作業が、全然はかどっていなくて、8月から 9月前半に相当頑張って巻き返さないと、お彼岸過ぎが大変なことになりそう」 なんて言っている。

そうか、最近のかったるさ加減は、この暑さのせいであったか。

いくら涼しいオフィスでのデスクワークとはいえ、会社勤めだと通勤の往復でかなり体力を消耗するし、夜は寝苦しい。オフィスについても、すぐにスイッチが入って全開モードで仕事ができるわけではないだろう。

私は自分の家が仕事場で、出張でもない限り、通勤などの移動で体力を消耗することはない。その分、なるべくエアコンを点けないようにしていて、事実、一昨年と昨年は電源を抜きっぱなしだったが、今年はさすがに、既に 4日ほどエアコンの世話になった。冷房しないと仕事にならない暑さなのだから、しょうがない。

というわけで、一方的に 「年のせい」 と思いかけていたことが、まんざらそれだけでもないと知って、少し安心している。ただ、安心はしたものの、やはり暑い。

|

« 自殺報道について | トップページ | 「20年に 1度の大雨」 から 「経験したことのない大雨」 に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/58057163

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の仕事のはかどり加減について:

« 自殺報道について | トップページ | 「20年に 1度の大雨」 から 「経験したことのない大雨」 に »