« "5 の間に 4 を書くには?" その2 | トップページ | Windows 8 を限りなく XP に近づけるソフト »

2013/10/21

地球上の都市が 「新たな気候」 に移る日

Wired に、"東京は2040年代:「極端な猛暑が日常になる日」の世界地図" という記事がある。現在の温暖化がこのまま続いた場合、世界の各都市において、「新たな気候」 (過去数年の極端な猛暑が日常になる気候) が実感されるようになる時期を、ハワイ大学の研究者グループが推定したものだ。

それによると、「新たな気候」 が最初に実感されるようになるのは熱帯地域で、インドネシア西パプア州の州都マノクワリでは、「2020年から、『通常』 の気温と降雨から外れ始めたことが実感されるようになる」 という。さらに 2029年までにインドネシアの首都ジャカルタ、ナイジェリアのラゴスで同様の現象に突入する。

Image:Mora et al, University of Hawaii

その後、こうした現象は赤道を中心に南北に広がり、ニューヨーク、サンフランシスコ、ローマ、東京、および北京などの中緯度地帯が 「新たな気候」 に移るのは 2040年代で、東京は 2041年だという。この年、私は 79歳になる。それまで生きながらえるとしても、ちっとも不思議じゃないのだから、他人事じゃない。

しかも、「新たな気候」 になるのは、「ある日突然」 というわけではないだろうから、これから正真正銘のじじいになるまで、多少の行きつ戻りつはあっても、「近頃、死にそうに暑いなあ」 と言いながら生きることになるのだろう。

恐ろしいことに、温暖化ガスの排出が多少削減されたとしても、今世紀の終わりまでには、各都市が 「異なる気候」 に移行するという。ただ、変化適応に要する猶予期間が、平均で 20年間多く与えられるのだという。覚悟しておいた方がいい。

「新たな気候」 を避けるには、温暖化ガスの 「排出」 を 「少しばかり」 削減するのではなく、大気中に存在する温暖化ガスの 「総量」 の減少に転じるために、CO2 排出をゼロ以下にしなければならない。「そんなの無理」 と言って手をこまねいていては、状況は進むばかりだ。

実は、決して 「無理」 ではなく、技術的には可能な段階に来ている。あとはライフスタイルを変えていきつつ、新技術を本気で採用し、普及させていく覚悟があるかどうかである。その覚悟がなければ報いとして人類は滅びるか、少なくとも世界の総人口が激減して、今の文明は維持できなくなるという、非常に単純なストーリーである。

|

« "5 の間に 4 を書くには?" その2 | トップページ | Windows 8 を限りなく XP に近づけるソフト »

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

ワタクシの好きな日本の小説家のかたが
「もっとも根本的な倫理は、次の世代の生きる環境を壊さないことだ」
と申されていました。
コレに反するような文明は、滅びて当然デショウネ!

投稿: ルイ・フェルディナン・ゲスマリオ | 2013/10/22 13:48

ルイ・フェルディナン・ゲスマリオ さん:

「世代間倫理」というやつですね。
これについては、ごちゃごちゃ言わずに、おっしゃる通り、「もっとも根本的な倫理は、次の世代の生きる環境を壊さないことだ」 ということで進めるしかないと思います。

投稿: tak | 2013/10/22 15:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/58429637

この記事へのトラックバック一覧です: 地球上の都市が 「新たな気候」 に移る日:

« "5 の間に 4 を書くには?" その2 | トップページ | Windows 8 を限りなく XP に近づけるソフト »