« 地球上の都市が 「新たな気候」 に移る日 | トップページ | 「ダブル台風」 の影響がありそうで »

2013/10/22

Windows 8 を限りなく XP に近づけるソフト

Internet Watch によると、「Windows 8.1/8の使い勝手を限りなく XP に近付ける」 ソフトが、11月15日に発売されるのだそうだ (参照)。この "Back to XP for 8" という洒落た (というか、「まんま」 の) 名前のソフトを展開するのは株式会社マグノリアという会社で、価格はパッケージ版が3,980円、ダウンロード版が2,980円。

私は、来年春の消費税アップの前に、Mac に乗り換えようとしているので、Windows 8 マシンを購入することはない。しかし今後も Windows ユーザーであり続けるというなら、新らしい PC を買うのと同時に、このソフトも買うだろう。多分。

それにしても、マイクロソフトがせっかく開発費をかけてバージョンアップしているのに、余計な金を払ってまで旧バージョン風の使い勝手に戻したがる人がいるというのは、完全にお笑いぐさである。

サプライヤーとしては、「せっかく進化させているのに、どうしてわざわざ退歩させるんだ?」 と言いたいだろうが、ユーザーとしては 「お前が余計なことをするから、こっちの負担が増えるんだ」 ということになる。

このソフトの機能が、「ユーザー・インターフェイスを元に戻す」 ということに集中しているということは、マイクロソフトの Windows 8/8.1 の 「目に見える進化」 のほとんどが、「ユーザー・インターフェイスを変えた」 に尽きるということだ。もちろん、細かいことをいえばそれだけではないが、ユーザーの目から見れば、そういうことでしかない。

だからこそ、ユーザー・インターフェイスを元に戻しさえすれば、「前のように使いやすくなる」 と思う心理が働いて、そうしたニーズが発生するわけだ。要するに、「余計なお世話」 を返上したいということなのである。

せっかく Windows の 「作法」 に慣れたユーザーにしてみれば、理不尽なまでに 「別の作法」 を押しつけられているだけなのだから、これが不愉快でなくてなんだろう。何度も言っていることだが、これが車だったら、命がいくつあっても足りない。だったら、「別の作法を学ばなくて済ませる」 ために 3,000円ぐらい余計な負担をするのは、十分に 「あり」 である。

ただ、XP を 「使いこなす」 までにいかないレベルでようやっと 「使われ続けて」 きて、ここに来て Windows 8 でさらに戸惑いまくっているライト・ユーザーのほとんどには、こんなにありがたいソフトが出るという情報が届かず、もし届いたとしても、それをどうすればいいのかもわからず、結局は死ぬまで戸惑い続けるということになるのだろう。

それを思うと、不憫である。まあ、彼らにしてみれば XP だろうが 8 だろうが、どうせまともには使いこなせなせずに、戸惑うということに関しては同じなのだから、いいか。

|

« 地球上の都市が 「新たな気候」 に移る日 | トップページ | 「ダブル台風」 の影響がありそうで »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

あ~、この手のユーティリティは大好きです(笑) 

Windows7にも、ClassicStartMenuという奴を導入しているし。

ただ、お金出してまでもという気はしないかなぁ。

投稿: 山辺響 | 2013/10/24 09:35

山辺響さん:

Windows 7 にまで入れてますか。筋金入りですね。

私が Windows 8 マシンを使うとしたら、3000円足らずなら、安いものだと思いますよ。

投稿: tak | 2013/10/24 14:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42004/58433732

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 8 を限りなく XP に近づけるソフト:

« 地球上の都市が 「新たな気候」 に移る日 | トップページ | 「ダブル台風」 の影響がありそうで »